「リベラリズム」の
意味は、国によって違う

 いえ、先生、もうすでに
わからなくなってます。
今いきなり授業で「さっき説明したように、
リベラリズムは
リバタリアニズムと違って」
と言われても、
まったくついていけない自信があります。

「最初の章で用語の定義を説明し、
次の章からその用語を駆使して
深い説明を始めるというのは、
本の書き方として定番であるが、
しかし、用語同士が
似すぎていると
頭に入らず、
その状態で先を読み進めるのは
ただ苦痛なだけである。
しかもだ。せめて、
その似ている用語が
ふたつだけであれば、
まだ我慢できるが、
さっきリベラリズムを
リベラルと呼んだように、
それぞれにさまざまな言い回しがある」

 先生は、
黒板に書いたふたつの単語の後ろに、
さらにつけ足した。
『リベラリズム、リバタリアニズム、
リベラル、リベラリスト、リバタリアン』

 うわ、リベとリバがさらに増えたぞ。
こんな用語が次々と
出てくる入門書なら僕的には
もうお手上げだ。

「しかもだ」
 え、まだあるの?

「『リベラリズム』という
用語を使ったとき、
最低でもそれの意味が、
ひとつに固定されていればまだいい。
それなら、ある程度
時間をかけて用語に
慣れていけばなんとかなるだろう」

「しかし、実際には、
ヨーロッパとアメリカと日本で、
リベラリズムの意味合いは
それぞれで全然
違ってしまっており、だから、
ある人の本を読んで、
『リベラリズムって
こういうものなんだ、
福祉国家を目指すことなんだ』
と理解したつもりになっても、
別の人の本を読んだら、
その理解とまったく違う、
福祉国家の否定が
書かれていたりすることがある」

「なぜなら、
『リベラリズム』とは、
それが『どこの国』の
話なのかという文脈に
よって中身が変わって
しまう用語だからだ」

 ……難易度高っ!

「そういえば、忘れていたが、
リベラリズムとひと口に言っても、
ニュー・リベラリズム、
ソーシャル・リベラリズム、
ネオ・リベラリズム、
モダン・リベラリズム
と色々あるので、
それぞれをごっちゃに
しないようにして
文章を読まなくてはならない」

 ……戦意喪失。

というか、
ニューとネオをまぜるな……。

「だから、私は
キミたちに自由主義を語るにあたって、
これらの用語を
すべて捨て去ろうと思う。
通常、自由主義を初学者に教える場合、
今述べたような
さまざまな種類の自由主義について、
それぞれの違いや歴史を
淡々と語っていくのが
セオリーなのであるが、
私は学びの最初に、
そこに時間をかけることは
間違っていると思っている」

「そうした用語の違いを
網羅的に把握するよりも、
本質……核心……。
自由主義とは結局、
何を正しいとする主張なのか? 
その本質をまずキミたちに
伝えるべきだと思うのだ」

 そう言って、
先生は何やら図のようなものを
描き始めた。
「さまざまな
リベとリバは置いておこう。
さっきの用語はもういっさい忘れ去ってよい。
私は、自由主義を知りたい人は
次のふたつだけを
理解すればよいと考えている」

「強い自由主義」
と「弱い自由主義」
とは?

 先生が描いた図には、
「強い自由主義」と「弱い自由主義」
というふたつの文字が書かれていた。

 ん? 強い、弱い? 
今までと比べて急に
わかりやすそうになったぞ。
ただ、さすがに
子どもっぽくなった感は否めないが。

「『強い自由主義』と
『弱い自由主義』……。
これは私オリジナルの言い回しであるが、
とにかく、単純に、
自由主義には
強い方と弱い方の2種類があると
思ってもらえばいい。
私がこの授業で語りたいのは
『強い自由主義』の方であり、
こちらだけが真の自由主義であると
最終的には主張したいのだが、
それは後にして、
まずは弱い自由主義とは何か
というところから片づけていこう」

弱い自由主義とは?

「仮に地球上にいる人間全員に
『キミは自由主義者か?』と
問いかけて、
『そうだ』と答えた者を
1か所に集めたとしよう。
その自由主義者の集まりは
―あくまでも私の考えではだが
―『弱い自由主義者』と
『強い自由主義者』の
ふたつのグループに
分けることができる」

「このうち『弱い自由主義者』
というグループに
分けられた者たち。
彼らは、
自由主義者全体の中でも
大半を占めるほどの人数であり、
しかも一見すると
意見がバラバラ、
何の類似性もない集まり
のように見えるが、
実は全員がある共通の、
同じ思想を持っている」

「それは、
『自由に生きることが
人間の幸福であり、
社会は個人の自由を尊重
しなくてはならない』
という思想だ」

「もっともらしく
聞こえるかもしれない。
しかし、自由主義としては、
この思想は
いまいち『弱い』と
言わざるを得ない。
なぜなら、自由よりも幸福を
上位に置いているからだ。
すなわち、
『幸福 > 自由』。
それは彼らの思想を
分解すればよくわかる」

(1)幸福になるには自由が必要だ
(2)よし、自由を尊重しよう

「これが彼らの
思想のロジックであり、
このような論理展開から
自由を尊重している以上、
彼らの最優先は『自由』ではなく、
『幸福』であることは明らかだ」

「さて、我々は、
これに似た主義を
どこかで聞いたことが
あるはずだが……正義くん」

「功利主義ですよね!」
 多少食い気味に僕は答えた。

「そう、その通りだ。
弱い自由主義者たちが掲げる
思想は、自由という単語を
使ってはいるものの、
その内実は
功利主義そのものである。
なぜなら、
彼らの目的はハッピーポイントの増大、
とどのつまり
『人々の幸福度の増大』にあるからだ。
したがって彼らにとって、
自由はあくまでも、
幸福度を増大させるための道具、
手段のひとつにすぎない」

「だから、ある特定の自由が
『人々の幸福度の減少につながる』
としたら、
彼らは平気でその自由を制限
しようとするだろう。
彼らにとって、
あくまでも大切なのは
人々の幸福の方であって、
自由は、
結局のところは
二の次であるからだ」

「つまり、『弱い自由主義者』たちは、
自由主義とは名ばかりで、
その実、
『自由主義の皮をかぶった
功利主義者』にすぎないのである」

 今までさんざん、
微妙な自由主義の話を
聞かされるたびに、
「いや、それ功利主義だろ」と
内心で突っ込んでいたので、
そのカテゴリ分けは、
かなりすっきりする。

強い自由主義とは?

「さて、次は
強い自由主義の話だ。
さっき私は『幸福 > 自由』である者たちを
『弱い自由主義者』と分類した。
なぜ彼らが『弱い』かというと、
幸福の方が大事である以上、
状況次第でいつ手のひらを返して
自由を制限してくるか
わからないからだ。ゆえに、
私はそれを
自由主義として
『弱い』思想だと定義する」

「では、その逆、
『強い』とは、
『強い自由主義』とは何だろうか? 
それは弱い自由主義の
ちょうど正反対、
『自由 > 幸福』を旨とする者たちのことを言う。
彼らにとって
幸福はあまり関係ない、
いやまったく関係ないと言っていい。
強い自由主義者にとって
重要なのは、
人間に与えられたもっとも
基本的な権利である
『自由』を守ることであり、
そこから生じる結果については
いっさい問わない。
その意味で強い自由主義者は、
とてもシンプルだと言える」

『自由を守ることは、
結果にかかわらず、正義であり、
 自由を奪うことは、
結果にかかわらず、悪である』

「そこに結果も事情も幸福も関係ない。
いかなるケースにおいても、
単純に、愚直に、
たとえ誰が不幸になろうとも、
自由を守ることが
正義だと考える、
それが強い自由主義だ」

 想像以上に
自由な自由主義だった。
でも、それって大丈夫なのだろうか?
 ふと先生と目が合った。
疑問があればどうぞと
質問を促す目をしていたので、
それにつられるように僕は手をあげた。

「そうすると、
殺人とか、
泥棒とか、
明らかに不幸を生み出すことでも、
強い自由主義は
肯定するということでしょうか?」
「良い質問だ、
正義くん。
当然の疑問だろうね」

 スキンヘッドを撫で回しながら、
先生は言った。
促されたとはいえ、
生徒の自主的な質問に
とても嬉しそうだ。

「正義くんのその質問への答えは、
否だ。
強い自由主義では、
その手の不当行為については、
やってはいけないこと、
悪いことだと否定する。
その理由は、
先に述べたように
シンプル―『自由を奪うことは、
結果にかかわらず、悪である』からだ」

「功利主義であれば、
人を不幸にするから、
もしくは苦痛を生み出すから、
という理由で殺人を否定するだろう。
だが、
強い自由主義にとって、
殺人は人を不幸にするから
悪なのではなく、
他人の自由を奪うから、
望まない痛みを強制するから、
悪なのである」

「だから、
強い自由主義については、
次の標語、
合い言葉で理解するといい」
と言って、
先生は黒板に短い文を書いた」

『自由にやれ。
ただし、
他人の自由を侵害しない
かぎりにおいて』

ふむ。まさに、
「人に迷惑をかけてないんだから、
なにやってもいいでしょ」
というやつか。

 右隣をみると、
今の話にたいして感銘も受けず、
さも当然だというふうに
涼しい顔をしたミユウさんがいた。

「では、
殺される側がそれを望んでいた場合は
どうなるのでしょうか?」
 今度は、
倫理が質問の声をあげた。

「なるほど。
殺されたくない人を
無理やり殺すのは論外だが、
殺してください
とお願いしてくる人には
どうすればよいか? 
この問いについて、
あくまでも強い自由主義の定義に
従うならば、答えは明白
―『殺さなくてもいいし、
殺してもいい、自由にしろ』だ」

「え!」

 思わず声をあげてしまった。
まさか倫理の授業中に
「殺人許可」のお墨つきを
もらえるとは思っていなかったから。

「正義くんには、
どうやら過激な発言に
聞こえたようだね。
だが、相手が殺されたいと願っている以上、
その人を殺しても
自由の侵害にはならないと
考えるべきなのだが……そうだな、
ならば安楽死の問題について
考えてみたらどうだろうか」

「たとえば、
ある人が病気になり、
回復の見込みもなく、
ただ激痛だけの毎日が続いて
いたとして『自殺したい』と
言い出したとしよう。
果たしてこの願いは
叶えられるべきで、
それに協力した人は
罰せられるべきだろうか?」

 想像したくはないが、
仮に病人の身になって想像してみる。
 ………………。

 かなりキツイな……。
まさに絶望的としか
言いようがない状況だ。
痛みに弱い僕としては、
リアルに死にたいと
願うような気がする。
それなのに周囲が言うことを
聞いてくれず、
身体を縛りつけられて
激痛のなか
無理やり生かされるとしたら
……なんだか
僕という人間の尊厳を
蔑ろにされた気分になる。

 と、こうして考えてみるなら
―本人が望んでいて、
かつ仕方ない状況においては
「死ぬ自由」
「殺される自由」は
あってもよさそうに思う。
死ぬことが
救いになることだってある
と思うからだ。
であるならば、その状況で、
わざわざ僕の自殺に
協力してくれる人がいたら
……感謝こそすれ
罰してほしいなんて思わないだろう。

 しかし―
「いいえ、違います」
と倫理は言った。

人間には
「不幸になる自由」が
あるのか?

「私が言っているのは、
そういうやむにやまれぬ
事情がある状況について
ではありません」
「ほう、なるほど、なるほど」

 そう言って、
感心した素振りをする先生。
僕には、
倫理がなぜ異議を唱えたのか、
その意図が汲み取れなかったが、
どうやら先生にはわかったらしい。

「いや、
これはすまない。
キミが問題にしたかったのは、
今のような事情があって
死ぬ以外に救いがないケース、
つまり自殺権の話ではなく、
もっと愚かで無意味なケース、
つまり愚行権についての話かな」
「はい」

「わかった。ではこうしよう。
たとえば、楽しく毎日を暮らしている
普通の人間が、
ある日、何かの気まぐれで
突然『なんとなく死んじゃおっかなあー』と
言い出したとする。
その場合、
その願いを叶えるのは
正しいだろうか―これでいいかね?」

「そうです。
そのような場合でも、
強い自由主義は
『本人の自由だから善し』として
しまうのでしょうか?」

「答えは肯定だ。
このケースでも、
さっきと答えは変わらない。
『殺さなくてもいいし、殺してもいい、
自由にしろ』だ」

 え! 
今度はさすがに同じリアクションを
口には出さなかったが、
口に出さなかっただけで内心での
リアクションは同じだった。
いやいやいや。
それはダメだろう。
だって、無意味に死のうとしているんだよ。
どう考えてもマズいと思うのだが。

「正義くんには、
どうやら過激な発言に聞こえたようだね」
 口に出さなくても
先生のリアクションは同じだった。

「みんなにも言っておくが、
『殺してもいい』という
インパクトのある言葉に惑わされ、
強い自由主義の本質を見失わないでほしい。
『殺人の是非』を問われると、
どうしても感情的にすぐ
結論を出してしまいがちだが、
実のところ論点はそこではない」

「強い自由主義における
真の論点は、
『愚行権の是非』
つまり『人間には自分の意志で
不幸になる自由があるか?』
ということだ。
もちろん、
強い自由主義は『ある』と考える」

「ここが、
強い自由主義と他の主義とを
明確に分かつポイントであり、
かつキミたちが
自由主義を受け入れられるか
どうかを決める重要な分岐点となる。
無意味な自殺や自傷行為も含めて、
ぜひこの論点を考えてみてほしい」

自由主義の
原理原則とは?

 不幸になる自由……愚行権……。
自分にはよくわからないことだが、
世の中には
マゾと呼ばれる、
叩かれたり痛めつけられたりするのが好きな
人たちがいるらしい。
僕は、それらの行為は端的に
愚かだと思うし、不幸だと思うし、
やるべきことではないと思っている。
が、僕がそう思うことと
「その行為を他人ができないように
強制すること」は別問題だ。

 僕が気に入らないから、
僕から見たら不幸だから、
という理由で他人が好きでやっていることを、
僕が勝手にやめさせるのは
やはり善くないことのように思える。

 ん? 
待てよ、そうなると、
無意味に死のうとしている人を
僕は止めてはいけないという
結論になるぞ。
無意味な自殺というが、
それは僕の勝手な判断であって、
その人にとっては
意味があるのかもしれないのだから。

「強い自由主義―いや、
徹底した純粋な自由主義は、
強い方だけであるため、
以後、
そのまま自由主義と
呼称するが―自由主義の
原理原則は
『他人の自由を侵害しない
限り好きにやれ』で
あるのだから、
当然、
誰かが部屋で
どんなに自分の身体を
切り刻もうと、
気まぐれに高い崖から飛び降りようと、
そんなものは
本人の自由であるとして
許容しなければならない」

「それを他人が
そんなことはダメだと、
正しさの価値観を押しつけて、
その人の自由を奪うとしたら……、
それはただの拉致であり、
暴力であり、
独裁であり、
自由主義では悪だと規定される。
もちろん、
こんなふうに述べると、
世の中にいる自称自由主義者や
その学者たちは文句を言うだろう。
自由主義とはそんなに
極端な思想ではありません、と」

「いいや、それは違う」

「それは彼らが弱い
自由主義者
すなわち功利主義者であり、
自由よりも優先的に
考慮すべきものがあるから、
そういう感想を持つのであり、
彼らは
まったく自由主義に
殉じていないと言える。
本来、
自由主義とは、幸福よりも
何よりも、
人間の自由を絶対的な
権利として尊重すること
を正しいとする立場なのだ」

 気まぐれに
崖から飛び降りる人を見かけても、
「個人の自由だ、それもよし!
 無理に止めてはいけない!」
と言い放つことができる人が
真の自由主義者ということか。
それはなかなか
覚悟の要りそうな話だな。

「ちなみに、
功利主義では、
富裕層から多めに税金をとって
貧困層にバラまくという、
いわゆる『富の再分配』や
『福祉国家』を肯定するが、
自由主義では
その政策は否定される」

何があっても、
「個人の自由」を
奪うことは許さない

「たとえば、仮に、
あるひとりの人間が
世界中の富を独占しているとして、
その人から
たくさん税金をとり配って回れば、
多くの人が救われ幸福になることが
わかっていたとしても……、
人の財産を強制的に奪う
というのは、
『人間が自分のモノを自由にできる権利』の
侵害にあたる、
すなわち強盗行為なのだから、
自由主義ではまったく
許容できない政策として反対する」

「それにより、
どれだけ多くの人が生活に
困って死のうともだ。
つまり、
たとえ幸福度が増大したり
多くの人の命が救われるから
といって、
『他人の権利を侵害してよい
ということにはならない』
というのが自由主義の
スタンスであると言える」

 なるほどね。
こうやって話を聞くと、
自由主義は、
功利主義と相容れないというか、
まったく
真逆な主義であることがよくわかる。

 功利主義と自由主義。
幸福を重視する功利主義は、
みんなを幸福にするためには、
個人の自由を
蔑ろにしてでも
物事を強制することも辞さない。
だから、
飢えた人のために満腹の人から
おにぎりを取り上げることも
問題ないとする。

 一方、自由を重視する自由主義は、
誰がどう不幸になろうと
個人の自由を奪う
ことを許さない。
だから、たとえ飢えて
みんなが死のうと
個人のおにぎりを勝手に奪って
配ることは
泥棒行為だとして問題視する。
つまり、

 功利主義 
→ 全体の幸せを重視 
→ 個人に強制する

 自由主義 
→ 個人の権利を重視 
→ 個人に強制しない

という構図であり、
「強制するかしないか」
という分岐点で、
それぞれの主義が
はっきりと
特徴づけられているというわけか。

次回に続く