世界を支配する国際金融資本_2/2

こんにちは、\ソウジャ です。/

今回も前回に引き続いて、
国際金融資本について、考察します。

つい、最近まで、「陰謀」というキーワード
については
とかく「陰謀論」と冠をかぶせて
揶揄する輩がネットでは、ありました。

日々、世界の不条理について、
疑問を持ち、、
いっぱい、若い人たちでも
陰謀ではないのか?
と書くようになって、
ウラ支配の陰謀状況の内容について
世の中に晒し始まっています。

ズバリ、ウラから支配の元で画策して
実行しているのは、
「エリート」と呼ばれている
階層です。

為政者の上位に君臨する階層は
「パワー・エリート」
さらに
より、
ロスチャやロックフェラーに近い存在たちが
「スーパーパワー・エリート」

林千勝先生は呼んでいるようです。

それでは、また、チャンネル桜「おおきなわ」の
我那覇真子さんの司会による
林千勝先生を招いての学びを
以下、置いときます。

■【我那覇真子「おおきなわ」#97】林千勝~続・国際金融資本とは?世界を支配するスーパーパワー・エリートたち[桜R1/11/23]

■【我那覇真子「おおきなわ」#98】林千勝~戦争の宿り木、国際金融資本と大東亜戦争の仕掛人達[桜R1/11/29]

■編集後記
1.今回のおさらいする意味で、
関連する画像を置いときます。

・林千勝戦線が執筆した書籍です。

・「反日」とする相手が2つあります。
同時に相手を見なければ、相手にやられてしまいます。

・ロスチャイルド&ロックフェラーの
グローバリスト=「国際金融資本」らの
工作として
20世紀の支配秩序は、共産主義と資本主義という
思想で分断させ、ウラから支援工作して
統治していました。・・・いまでも。

・よく、コミンテルンというソ連にある
国際共産主義運動の指導組織によって
アメリカもソ連もウラから支配されていた・・・という
「ソ連・コミンテルン史観」は
ロスチャイルドの存在を
隠すために用いられた。
そのコミンテルンの広告塔となった一人が
ヨシフ・スターリン

・で、そのロスチャイルド=「国際金融資本」の
世界戦略とは?

・スーパーパワー・エリート
この人が偉かったみたい・・・


・スーパーパワー・エリート学校の創始者だった!?

・ところで、現在の世界統治秩序は?

A.国際金融資本グループ:
ロスチャ、ロックフェラー

B.中国共産党:
習近平国家主席をトップにした組織

C.アンチグローバル同盟:
アメリカ・トランプ支持者

それで、私達の日本の良識ある民衆は
Cのトランプ支持者らと同じ立ち位置にある。
したがって、
垂直の敵:グローバリズム
水平の敵:中国共産党
となっている。

・ところが、国際金融資本は中共を育てた
こともあってか、
ソ連が無くなった現在は
東西冷戦構造のように二極体制で
支配したいようである。
それは、「中共 V.s. エメリカ」

・しかし、それは、旧態依然の
支配覇権構造であって、
いまや、.
アメリカは世界の警察ではないし
トランプのめざすアメリカは
グローバリストによって
めちゃくちゃにされた
すべてのものを
国民国家(ネーションステート)として
整理整頓していこうとしている
ように見えるのです。

そこで、最近、この「ネーションステート」
と云われる概念が、日本人には
分からずに、戦後の「国際金融資本」の
GHQによる洗脳である

・日本人の原罪としての
「南京大虐殺」であるとか
「従軍慰安婦」だとか
日本人自身への「自虐史観」を
まず、取っ払う必要があります。

・そして、その上で、日本は
連合国に楯突いた罪のある国家
という嘘の烙印
が押されてしまった、「東京裁判史観」を
取り除く必要があります。

・そして、さらに、日本人国家は
国際金融資本の手先である
ディープステートらによって
戦後は、「偽装工作」によって
劇場を見させられて、洗脳させられ
騙されていることも知らずに
「お花畑で、ユデガエル」に
なってしまっている大人が、ほとんど
となってしまっていました。

さて、ここで、日本人とは何?、
気づいて
ほしいんですが、

DNAレベルの染色体とか
YAP遺伝子とか、
血統とかではなく、

日本という島に住んで
同じ日本人として
こころを通わすことができる
民族として、認識できる
ということ。

この当たり前しすぎる認識。

このことで、仲間として
一つであったという、
重大かつ
重要な事実に気がついて
ください。

何を云いたいか?

血統が日本人でなくとも
「同じ日本人として生きて
こころを通わすことができる」
ということです。

「同じ日本人として心を通わす」には
日本文化、
日本語、
日本人としてのマナー
を身に付けなくてはなりません。

そして、それらは、個々人の自由意思に
おまかせするしかありません。

「強制」は、出来ないのです。

世界には、日本人が寛容な民族性を
良いことに
地方に住み着き、日本文化や原風景などを
「利権優先のむき出しな態度で」
無視して、乱して、破壊すらされて
いるところも、見受けられるように
なってきました。

ところで、血筋が日本人のくせに

生き方とやってることが
「国際金融資本」の洗脳どおりに
なってる人が、いかに多いか?

その証拠に、

日本人同士、いがみ合い
傷つけ合い、はてまた、殺し合い
「馬鹿なTV番組に、翻弄され
自分から考えることのなくなった
今の、バカ日本人!」

結果、悪政党、悪政治家、悪官僚が
民衆を牛耳ってるわけです。
これも
彼ら「国際金融資本」の洗脳や工作による
戦略勝ち、なわけでしょう。

でも、最近、今回のような

覚醒した、骨のある学者や研究者が
自分の命も顧みずに
それこそ命を架けて
講義していますから、

世の中、いい方向に向いてきている
と思います。

「国際金融資本」の洗脳から
解き放たれるために、
基本認識が必要です。

それが、、、
「ネーションステート」についての
改めて認識させる動画を
置いときます。

■これを聞けば「国民国家・民族とは何か?」 がよく分かります。 国民国家(ネイションステート)は、 「いつ」「どこで」誕生したのか? 武田邦彦・宮脇淳子 対談

■これを聞けば国民国家(ネイションステート) がよく分かります。 国民国家の成り立ちとナポレオンの登場 武田邦彦・宮脇淳子 対談

■これを聞けば国民国家(ネイションステート) がよく分かります。 中国という国は無かった。 武田邦彦・宮脇淳子 対談

さて、日本人の認識というのは、
いくつか、特徴があります。

それは、
■もともと、「ネーションステート」だった。

■世界一、歴史が古い

■日本人は、一神教という概念はない

■日本人は他民族を侵略してできた国家ではない

■したがって、「原罪」などもともと無い

日本という国を顧みれば
どれだけ、ネーションであり
トランプに、負けないくらい
ほんとうは
「日本がいちばん」と言いたい。

では、また。


■宮脇淳子

【楽天】 ↓↓↓(写真をクリックしてくださいI)

■林 千勝

【楽天】 ↓↓↓(写真をクリックしてくださいI)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。