首に掛けられる シニアグラス

こんにちは、\ソウジャ です。/

今回は、シニアグラスについてのご紹介です。

どなたでも、50歳を過ぎたあたりから

みえるものが、かすんでみえる

近くのものが
見えにくく

なったりとしてきます。

老眼の兆候です。

私が、そんな状況を著しく感じたのは
53歳位あたりからでしょうか、
仕事でのパソコンで表示される
字を見るのが
とても見づらくなっていたのを
憶えています。

当然、検眼して、自分にあった
度数の老眼鏡を選びますが、

「検眼」が面倒だ!

という方には、ねっとで検索して
自分の
大体の老眼度数を知ることが
できますから、

手っ取り早く、AMAZONとかの
通信販売とか、
メガネ専門店で、様々な
好きな形の
メガネを買う場合に
役立ちます。

文字を30cm離して、
肉眼で見て下さい。
読むことができる
一番小さな字の所が目安度数です。
参考:メガネスーパーさんのHPリンクを置いときます
ので、ご自分で度数を確認してみてください。
https://www.meganesuper.co.jp/content/rougankyo/

こんな観点から便利なシニアグラスが
有ったんですね。

■便利な老眼鏡 ネックリーダーズ

■編集後記
老眼は、早い人で、45歳あたりからなってる方が
いらっしゃるんですね!
驚きです。
まあ、日常的なストレスとか
睡眠不足、偏食、同じ姿勢を長時間続ける、など
様々な原因で、眼精疲労とかもあったりして
眼の老化が進むのかもしれません。

ところで、体の健康の基本は
1.適度な運動
2.バランスの良い食事の質と量
3.快く睡眠が取れること
の3つが私は必要だと思ってます。

とくに1の運動は、私は「散歩」を
心がけています。
有酸素運動ですね。

やはり、還暦を過ぎますと、無理・無駄は
禁物です。
若いときと違って、筋力も衰えますし、
負担をかけ過ぎて、何を成すのか?
それこそ「ストレス」になって
「ガン」になってしまいます。

以下に述べることは、

医学界でも実証されていること
であり、あまり世間では
言われておらず

(儲けの邪魔になるためか?)

あたりまえの自然の
法則なのです。

それは

『人体は生まれた時は
解糖系(糖を分解して)
エネルギーが主流で生きてます
が、年齢を重ねていくと
ミトコンドリア系の
エネルギーが主流になって
いくのです。』

どうゆうことか?

ミトコンドリアはエネルギー
への効率が良いので、
たくさん食べ物を
食べなくともよくなるのです。

つまり、年を重ねると
糖をとる必要が
無くなるのです。

なので、糖(解糖系)の
エネルギーが主流だった若い頃
と同じように食事を
してると
多くの皆さんが中年太りになる
理由がコレなワケです。

聞いたことがあると思います。

年を重ねれば重ねるほど
ミトコンドリア系が
100%に近づいていくので、
ついには、仙人になって、

仙人は
霞(かすみ)を食うだけで
生きていられる。

ということ。

半分、冗談ですが、

年を重ねれば重ねるほど
ミトコンドリア系が
増えていくのです。

老後の健康の秘訣は
身体を
ミトコンドリア系の
ライフスタイルに
上手に切り替えていく
というのが、
ほんとうの話なのです。

クスリやサプリも
要らないのです。

そして、老後は有意義な趣味とか
より人間らしい時間を
豊かに過ごしたいものです。

では、また。


スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。