【情報拡散、ショック!】日本が英領である証拠-2・・・英国女王陛下は、日本の帝の領土における権限と管轄権を現在も有している

こんにちは、\ソウジャ です。/

前回の掲載・・・「【情報拡散、ショック!】
日本初公開第一級史料 日本が英領である証拠
・・・「英国女王陛下は~と
日本の帝の領土における権限と管轄権を
過去も現在も持っている」』

にしておりましたが、

今回も、改めて

その観点で、いくつか情報について
以下、置きます。
まず、英国の諜報機関について
実際にあるのに、
日本のためのそれが無い?
・・・
<Twitterより>_____________

本物黒酒
@honest_kuroki
😱

驚愕の証言 田中眞紀子「英国だってMI5,MI6もありますね。従ってそういう物も日本の政権が代わって,基本的な政策転換、例えば対米,皇室典範,官僚の問題,それが困るという人達がいるんじゃないですか,変えたい人が9割いても」 田原総一朗「~田中さんもやられたと、ユダヤに」 facebook.com/26875960355637

午後7:18 · 2019年11月6日Twitter Web App

<ここまで>_____________
田中眞紀子さん
「英国だってMI5,MI6もありますね。・・・」

無論、
日本国内での至近の「権力闘争」は、
時代を遡っていくと
第二次大戦で、連合軍との権力闘争に負けたこと
そして、
江戸幕府が薩長連合との権力闘争に負け
明治政府が開かれたこと。

それ以外の権力闘争は無く、
戦後から、現在まで

既得権益層の家産官僚たちによる

国民からの富の搾取を
コレまで続けられてきたのです。

山本太郎氏が言ってるように
「これっぽっちも、
財政出動はせずに
ドケチな財務省」は、

財務省の「緊縮することが昔からの文化」にして
しまってること自体が、諸悪の根源でしょう。
これは、昔、東大出の優秀な官僚が
考えられたのだろうけれども
憲法とも紐付けした構造になってる
財政法が、傑作のようだ!

しかし、そんな傑作でも、結果して
国民を苦しめる「改善すべき法制度」
であって、そのような思想・文化で
ドケチ体質を作っては、悪である。

政府内部に内部留保しては
溜め込んだ税金の使途不明金の
行く先を「特別会計」で潜らせて
マネーロンダリングしてる
という図式にもなるのではないのか?

まあ、そのマネーサプライは
「ハザール・mafia」の方へ
株とか証券とかで、溶かしてしまうように
仕組まれてるんだろうから
始末が国民には視えなくしてある。

以前、この特別会計を暴いて
国会で、公に晒そうとした
石井紘基議員が刺客に襲われてしまった。

もちろん、犯人は
石井議員に動いてもらっては
困る連中です。

この時点で、ウラ犯人は「CIA」と
いう図式です。

なので、この日本には
もともと民主主義で統治する
という正義は、皆無であり、
政治家や官僚どもは、
欲得損得で動き回ってる
奴らばかりの島国なんです。

そして、その統治ぜずとも
ウラでちゃんと隠然とした存在が
見えない糸で
動かしてる理由が在るのです。
<Twitterより>_____________

本物黒酒
@honest_kuroki
田中眞紀子氏の話を要約すると :英国のMI-5やMI-6の諜報部員が日本のジャーナリストや学者やテレビ局にいて、9割の日本人が政権交代によって対米や皇室典範や官僚の問題が変わることを望んでも、それを阻止する 田原総一郎氏の話を要約すると :田中角栄はユダヤに阻止された

<ここまで>_____________

その理由が

『日本領土は、

いまでも英国領である』

という事実です。

この事実を知らないと
いつまでたっても、日本人は、「奴隷以下」の
人権蹂躙をされて、
このままだと、

時間だけの問題かもしれません。

私は、異能論を語ってるつもりはありません。

事実です。

証拠を、「本物黒酒」さまが、情報拡散されて
おられるので、
そちらを引用させていただきます(再掲になります)

【【内はソウジャが追記】】

<引用開始>_______________

【【以下は、日本人が民主主義を手に入れるための

結論:英国からの独立宣言です!】】

本物黒酒
@honest_kuroki
返信先:

イギリスは、もしも英領日本の国民の大多数をもって、独立を願い出たら、それを認めると思います。英連邦の国々すでに独立を果たしたように。 でもそれが可能なことを知りながらも、それをしたくない勢力が日本に1割いるようですね。9割はそれを知らないけれども、知れば独立を希望するでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

【【ここがミソ!:日本が英領である証拠-1

この認識を情報拡散!】】

本物黒酒
@honest_kuroki

日本初公開第一級史料 日本が英領である証拠

➡

1874年8月11日英国官報「英国女王陛下は~と日本の帝の領土における権限と管轄権を過去も現在も持っている」(Her Majesty has had and now has power and jurisdiction in… and in the dominions of the Mikado of Japan) thegazette.co.uk/London/issue/2 左下


【【以下のように表示されます・・・ 】】

【【重要な個所をGoogle翻訳してみます
<これがオリジナル>
Hong Kong : And whereas by another Act of Parliament passed in the same session (sixth and seventh Victoria, chapter ninety-four), and intituled ” An Act to remove doubts as to the exercise of power .and jurisdiction by Her Majesty within divers countries and places out of Her Majesty’s dominions, and to render the same more effectual,” the short title of which is (in accordance with twenty-ninth and thirtieth Victoria chapter eighty-seven) “The Foreign Jurisdiction Act, 1843,” it was enacted (among other things) that. it was and should be lawful for Her Majesty to hold, exercise and enjoy any power or jurisdiction which Her Majesty then had or might at any time thereafter have within any country or place out of Her Majesty’s dominions, in the same and as ample a manner as if Her Majesty had acquired such power or jurisdiction by the cession or conquest of territory : And whereas Her Majesty has had and now has power and jurisdiction in the dominions of the Emperor of China and in the dominions of the Mikado of Japan:And whereas,

<以下がGoogle翻訳>
香港:そして、別の議会法により、同じセッション(第6ビクトリアおよび第7ビクトリア、第94章)で可決され、「ダイバー国内の女王Ma下による権力の行使および管轄権に関する疑念を取り除くための法律」が制定されました。女王 ‘下の支配から外れて、同じ効果を高めるために」という短いタイトルがあります(ビクトリアの第29および第30章に基づき、「外国の管轄法、1843年」が制定されました) (とりわけ)それ。女王for下が支配下にあった国または場所で、その後、いつでも持っていた可能性のある権力または司法権を保持し、行使し、享受することは、and下にとっても合法であり、またそうすべきである。女王Ma下は、領土の譲歩または征服によってそのような権力または管轄権を獲得したかのように:そして、女王Ma下は、中国皇帝の領土および日本のミカドの領土に権力および管轄権を有していたが、 、】】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【【日本が英国領である証拠-2】】

本物黒酒
@honest_kuroki

返信先:

日本が英領であることは、1881年10月25日の枢密院勅令(英国女王の勅令)にも明記されています

➡

archive.org/details/in.ern

引用ツイート
@honest_kuroki
·

日本初公開第一級史料 日本が英領である証拠

➡

1874年8月11日英国官報「英国女王陛下は~と日本の帝の領土における権限と管轄権を過去も現在も持っている」(Her Majesty has had and now has power and jurisdiction in… and in the dominions of the Mikado of Japan) thegazette.co.uk/London/issue/2 左下

このスレッドを表示

ジョージ
@GeorgeBowWow

返信先:

さん

『超重大事実』 日本は 明治維新で 英国の植民地になった。 植民地総督は エリザベスだが 現地のトップを 天皇に任命した。 だから英国勲章を持ち 英国軍人に任命され 代々英国留学をして 統治方法を学んでいたのだな。 史実の発掘に 慟哭しながら 感謝します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【【ちなみに、、以下のは、天皇は日本を統治する英国領の
外交官の位置づけなので、
日本国内の法律は適用されない】】
本物黒酒
@honest_kuroki

これが日本の統治機構の既成事実
‼️
⬇️

天皇の特権

=最高裁判所判例「日本の民事裁判権が及ばない」
=外国の外交官の特権「ウィーン条約第31条 

外交官は接受国の民事裁判権の免除を享有する」

⬆️

立憲君主制の君主が

外国人であることを棚に上げて
「選挙=民主政治のツール」を
妄信するから悪政が止まない
画像
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本物黒酒
@honest_kuroki

新世界秩序はオワコンになった― 原爆の水上起爆を米国の武勇に見せることで、戦後、米国が原爆で世界を脅迫する新世界秩序が始まった
➡

幣原元首相の原爆を使った世界平和構想が憲法調査会事務局に記録されているbenricho.org/kenpou/shideha ―「核ミサイルが実在するなら撃ってみろ」と北が米国を脅迫して

・・・・
本物黒酒
@honest_kuroki

誰か教えて下さい。 我が国の裁判権が及ばない外国の大使や総督のような特権を持つ天皇を頂く立憲君主制の日本。 日本国民は、君主のことを何も知らないのに、なんで選挙で民主政治が手に入ると信じることができるの? 選挙って詐欺師が販売する宝くじを買い続けているのと同じではないですか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本物黒酒
@honest_kuroki
返信先:
天皇が英国籍を有している根拠はこれ☟
①天皇は、外国籍の在日外交官やその家族と
同等の特権を持っていることが、
我国の裁判権が及ばないという
最高裁判決からわかる。
➁英王室から后を娶ったわけでもないのに
英国陸軍省の正規軍の元帥に昇格したことから、
英国籍を有していたことがわかる。
【【再掲】】
画像

画像

・・・・・・・・・・・・・・・・・
本物黒酒
@honest_kuroki

London Gazette:英国の官報「ロンドンガゼット」 War Office:戦争省(英国の陸軍省) Regular Army:英国の正規軍 field marshal:英国の陸軍元帥
画像
日本が英国領である証拠-3

【【天皇ヒロヒトと書かれている】】

画像

<引用終り>_______________

ということで、
以下の事実を踏まえて、
これからの日本人の行く末を
考えないといけないのです。

1.日本は英国領である
2.天皇は、英国から勲章をもらっている英国陸軍元帥の位置づけである
3.日本は敗戦国として国連では位置づけられている
4.天皇は象徴人間として、憲法で位置づけられる
5.国民のための刷新政府づくりに、約1割が既得利権にすがり反対している
6.上記に相まって、偽ユダヤ勢力がCIAを使って日本人の富を貪っている
7.上位の状況を感知しながらも英国は、黙認している

なお、昭和天皇の原爆への関与は、今回は触れない。

これらを念頭に置いて
刷新政府づくりを行うためには

1.経済津波を許し、かつ腐敗してる現政府を解散
2.国民のための政党を支持し、与党政権とする
3.イデオロギーに関係なく、国民のための改革改善を国民が提案
4.田中真紀子さんが云う「ウラで工作するスパイ」対策の法案を制定し講じること
5.上記と並行的に「英領の日本」についての認識勉強会と醸成化を計る
6.英領からの独立を検討し、独立へ向けて国民運動

という感じでしょうか。。。

最後に、幣原喜寿郎氏の憲法づくりの
秘話について
「平野三郎氏記_幣原先生から聴取した戦争放棄条項等の生まれた事情について」
を音録した物を
以下、置いときます。

この話の内容を理解してる人が
どれだけいるでしょうか?

では、またの記事を
お楽しみに
今回はここまで読んでくださり
ありがとうございました。


■【中古】秘密のファイル(上) CIAの対日工作 春名 幹男

■【中古】秘密のファイル(下) CIAの対日工作 春名 幹男

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。