米国では、本格的な内戦が 勃発する恐れがあるようです!

こんにちは、\ソウジャ です。/

はい、今回は
「新国際政経」さまよりの動画を置きます。

■トランプ政権末期に軍がトランプを守ります。

■編集後記
日本や世界や宇宙の動向さまより
以下引用いたします。
<引用開始>_______________
米国では極左勢力=反トランプ
(ディープステート、民主党)による
トランプ弾劾の動きを阻止するために
軍が全米に配備されました。
来年の大統領選に向けて反トランプ派の活動が
激化しています。
また、反トランプ派が所属するカバラ集団の
メンバーの多くが刑事告訴されており、
反トランプ派はそれを止めさせるためには
トランプを弾劾しなければならないと考えています。
日本では一切報道されませんが、
米国は、内戦、金融危機、経済崩壊が
同時に起こる恐れもあります。
世界の多くの国々で
大規模デモが起きていますが、
米国はデモというよりも本格的な内戦が
勃発する恐れがあるそうです。
米国の極左勢力は中国やロシアと
深い繋がりがあります。
中国も、中国に厳しい態度のトランプ政権を
嫌っていますから
トランプ弾劾を何らかの形で
後押ししているでしょう。
極左勢力が統治する
カリフォルニア州は
ほぼ中国に乗っ取られた形です。

そんな中、
安倍政権は中国との親密関係を
アピールしています。
本当に信じられない動きです。
日本の政治家は結局は頭が狂っている
反日勢力ばかりなのかもしれません。

日本が国として生き残るために
トランプの米国側に就くか
独裁中国共産党側につくかの
選択が迫られるでしょう。
天安門事件後に
世界中が対中制裁を強化したのに
日本だけ中国に甘い態度に出たため、
世界中が課した
対中制裁が無駄になってしまったようです。
しかし中国は中国を擁護した日本に
恩を感じるどころか、
その間に尖閣諸島は中国領とする
法律を成立させ、
日本を裏切ったのですから。。。。
再び悪い歴史が
繰り返されるのでしょうか。
安倍総理は日中友好の重要さを
訴える一方、
中国は日本侵略計画を
着々と進めています。
今回も不気味な微笑み(ほくそ笑む)を
続ける習キンペーや中国共産党の面々に
再び騙される日本の政治家と
日本の経済界の重鎮(老害)の
愚かさが露呈しています。
露呈するだけなら良いのですが、
それにより国益と
国民の命が脅かされることになるのです。
トランプ政権は安倍政権の親中の動きを
どうみているのでしょうか。
そのうち、トランプ対安倍で
日米関係が悪化するのではないでしょうか。
そうなると日本は米国と中国に
攻められることになります。
本当に。。。安倍政権も経団連も
一体何を考えて中国にすり寄って
いるのか理解不明です。
彼等のやっていることは、
中国の操り人形としての動きです。
https://beforeitsnews.com/military/2019/10/trump-last-days-military-mobilizes-to-protect-president-video-2482883.html


ゴッド・ブレス 大統領!
我々は団結すれば力を発揮できるが
分断されれば弱い存在だ。
悪魔は
トランプを攻撃できない。
神もトランプも共に
沼のどろ水をきれいにするだろう。
なぜ、彼はヘビの頭を切り落とさないのだろうか。
地球上から100のヘビを
除去すれば世界は平和になれる。


戦争が起こるなら
私が生きている間に起きてほしい。
そうすれば私の子供たちは
平和を知るだろう。
憲法の第一修正案の存在意義は
第二修正案の存在があるからだ。


我々はトランプ大統領のために
祈っている。神は彼を見ている。


子供たちに災いをもたらす者たちは
海に投げ込まれるべきである。
腐敗の上に置かれた
デッキチェアが再配置されている。


気の狂った左翼が
一掃されれば、
我々の人生も改善する。


トランプは、自分の身を守るために
2人のシークレットサービス、
2人の海兵隊、
2人の警察に護衛させていると言った。


2016年11月4日に、
ディープステートと
NWOグローバリストによって
新たな内戦が勃発した。
全米国民そして世界中の自由な人々を
破壊するための戦争が
ケネディ領暗殺以降続いている。
我々は非常に重大な局面に
入っている。
皆さん、それに向けて備えてほしい。

米軍は、
国内に軍隊を配備し
文民権威者らに力を貸すよう
正式に命令された。

連邦政府関係者らは
国内が緊急事態になっていることを
非常に懸念している。
米連邦議会の極左勢力が
トランプの弾劾に向けて動いている。

法を犯していない国民らは、
自由投票が無効になるなら
それは暴政であり、
我々は革命を起こすと
公然と言っている。
建国の父らは暴政を阻止するために
国民に銃を与えた(第二修正案)。

現在、
米国内の94の連邦地方裁判所で
10万件以上の秘密刑事告発が
進行中である。
これは米史上最多である。

これらの刑事告発の多くは
何十年も前から米国を
秘密裡に支配してきた
カバラ集団に対するものである
との噂がある。
カバラ集団には多くの現役議員
(州、連邦共に)が含まれる。
これらの秘密告訴が公表されれば、
多くの現役議員が
連行されることになるだろう。
彼等はそれに対して反乱を呼び掛けるだろう。

彼等はつまらない支持者らに
反乱を起こさせるだろう。
さらに、米国で金融崩壊が起こり
政府は借金の返済ができなくなる
恐れがあるとの噂がある。
そうなると、政府は福祉サービスや
フードスタンプを国民に提供
できなくなり全米が大混乱するだろう。
<引用終り>_______________
以上を見る限り、米国内は
本格的な聖戦となる様相です。
つまり、大げさに言えば
「銀河悪魔教 VS. 宇宙平和連合」
ということで
堕天使と天使
の戦いがアメリカの地で本格化する
ということでしょう。
まあ、日本人から見たら
1.地政学
2.心理生理学(群集心理操作)
3.オカルト政治学
の概要すら知らないのですから
お花畑状態になってるのも
当然といえば当然です。
この上記の学びを
コチラで掲載していますので
ぜひ、ごらんください。

http://soujya.net/2019/10/25/post-10702/

別な、観点から見てみれば
聖書で云う、ハルマゲドンが
アメリカから起こってきたのでしょうか?
あるいは、マチルダがテレパスで
教えられた、旧帝国残党勢力の壊滅作戦なの?

http://soujya.net/2019/03/23/post-7804/

この波は、世界のパワーバランスを
撹拌し、地政学的に
大きな変動を孕んでいそうです。

では、またのお越しを
ありがとうございました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。