山本太郎】現政権を「切る」:財務省の洗脳工作・・・「政府の借金1000兆円は、国民の一人あたり900万円になる」は大ウソ!

こんにちは、\ソウジャ です。/

れいわ新選組の山本太郎さんが
これまでの街頭演説や街頭での記者会見で
述べられている、数々の

課題・問題について
指摘された内容を短く掲載します・・・

今回は、、、、
「財務省の洗脳工作」について、です。

では、音声と画像を見ながら学んでください。

国債など保有者の海外比率_日本は11.2が海外保有者で
ほとんどの国債保有者は日本国内であった!

日本の政府と民間の収支バランスをみればわかるように
政府の借金が増えると、国民の所得増になっている。
逆に
政府の借金を減らすと国民の所得が減ってしまう。
コレが現在、行われている。

20年間の日本国債の金利推移は、「歴史的、超低金利!」
金利が上がってるわけでもないのに
日本政府の債務不履行(デフォルト)は
ありえない!・・・日本経済は、このままだと、
デフォルトするという言論者=御用学者ということになる。

ちなみに、2019年10月_16日現在の債権・金利を見ていただきたい!
長期国債の利回りが2%を超えたらハイパーインフレ懸念と
なって、デフォルトに陥る危険性の指標なのに
なぜか、日本国だけ、金利にマイナスがついてる。
「デフォルト」は、ありえない。

日本国債の価値が、ディープステートAグループの操作によって
低迷させられています。
2002年、ムーディーズ、S、フィッチの世界3大格付会社が
相次いで日本国債の格付けを引き下げ

(このことからお分かりのように、日本は
ディープステートAグループから、
マネーコントロールされているのがわかります)

ところが、(日本支配のディープステートBらによって)
日本の2002年:財務省の「外国格付け会社宛意見書」が
提出されています。

そして、3回にわたる日本財務省の国債格下げへの反論が繰り返されています。
そのときに、財務省の嘘がバレています。
自国通貨建て国債のデフォルトは考えられない

日本は、「通貨供給体制が破壊されておらず」
ハイパーインフレの懸念はゼロに等しいのです。

そのような状況なのに
政府は、市民にお金を供給しなかった。
そのせいで、厚生労働省_国民生活基礎調査で
「生活が大変苦しい」および
「やや苦しい」世帯の実態が明らかになった。

また、金融広報中央委員会出典_によれば、
年代別の貯蓄ゼロ世帯の割合は
将来を担う世代にとって、非常に厳しい
実態となっています。

将来を担う日本人に対して
現在、「攻撃」を受けています。
将来に活躍できるはずの「大人づくり」を
阻止してるとしか思えない政府による市民への弾圧としか思えないグラフです。

教育機関に対する公的支出_OECD加盟国34ヶ国中、最下位が日本なのです。

まったく、政府を握る「自民党」は、日本人の将来を
暗く、塞ぐように、閉塞するように
日本人を少しずつ、殲滅しようとしている
状況が、これらを見てもわかりますよね。

だから、多くの若者が元気が無いし、
「現在までの大人たちを軽蔑」し
「政治嫌い」になってたり、

もう、「生きるのが嫌」に陥ってしまうかも
しれません。
ここまで、追い込まれていることすら

今の社会は、情報を隠しています。
(当然、マスゴミは、傀儡為政者らと同調してますからね)

まさに、生き地獄づくりのシナリオが
始まったように、展開されています。

こちらの将来、日本国をリードするであろう
人材の育成すらも
絶たれているのを御覧ください

高等教育機関への公的支出_
日本は最下位_北欧諸国の3分の1以下です。

日本人を陥れている何者からは
私は、日本のディープステートと呼んでいます。

つまりその、「日本のディープステート」が
日本人の殲滅を担当してるわけです。

つまり、
縄文人血筋を根こそぎ絶やせ!
という支持が、奥の院から
出ているということです。

その、奥の院は、
太陽が嫌いです。
自然や宇宙の法則に逆らいます。
人間至上中心主義です。
日本人の「一致団結」を非常に畏れ
第二次大戦では
そのエネルギーの凄さが、狡猾に
利用され、騙されて
その矛先が、日本人自身に向けられて
現在に至っています。

いまこそ、奥の院の正体を
日本人背人が
「一致団結して」
その正体の化けの皮を剥がして行く
時代に入っているのです。

そのためのこういった
情報を共有し、賢くなって
「政治」の議論を大いにして
意識を高めて行こうではありませんか!

では、また。


スポンサードリンク

■れいわ新選組

■山本太郎

■大西つねき

https://a.r10.to/hbwZn6

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。