デ・ニーロ上映断念の反ワクチン映画、公開される

こんにちは、\ソウジャ です。/

今回は、ワクチンが原因で「自閉症」になる
のではないのか?
という考えの

監督さんが作った作品の紹介です。

この映画題は
題名が『Vaxxed: From Cover-Up to Catastrophe』。

予防接種の危険性を
米政府当局がいかに
隠蔽したかを告発するドキュメンタリー

デ・ニーロ上映断念の反ワクチン映画でした。
公開される経緯については
コチラで
http://www.webdice.jp/topics/detail/5090/

(日本語の字幕にして御覧ください)
ダイジェスト版です。
■Vaxxed:カバーアップから大惨事へ| 公式HDトレーラー| CLS

監督:アンドリューウェイクフィールド
キャスト:デルマシュービッグツリー、マークF.ブラキシル、
ミカエラブラキシルフッカー博士は、
1998年にMMRワクチン(はしか、おたふく風邪、風疹の新三種混合ワクチン)
が最初に報告されたとき、
反胃袋運動を開始したと誤って
告発されたアンドリューウェイクフィールド博士の
助けを求めます
ワクチンは自閉症を引き起こす
可能性があります。
子供の健康を擁護する
彼の継続的な努力の中で、
ウェイクフィールドはこのドキュメンタリーを
監督し、アメリカ市民の健康の
保護を担当する政府機関が行った
恐ろしい隠蔽の裏にある証拠を調べます。

■編集後記
これは、支配者側が仕掛けた
被支配者層の間引きでしょう。

人口が多すぎると
ディープステートの構成員である
「ビル・ゲイツ」が
予告してましたからね。

■ビル・ゲイツ 「ワクチンで人口削減が可能」

見ているコチラが気持ち悪くなってきます。
語っている内容に矛盾があるし、
夢を混ぜながら、殺人を語ってる。

悪魔の囁きにしか聞こえません。

このような奴は、ハヤククタバッテ欲しいです。

では、また。


スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。