【01of23】女性エイリアン【エアル】へのインタビュー(文字起こしリニューアル版)

こんにちは、\ソウジャ です。/

「グーグル同期ウザイ僕ちゃんふざけすぎやろ」
さまの
https://www.youtube.com/channel/UC_p0nmKWaCwcL7FA_0sYweg
より、、、

分割して、文字起こしして
一連のまとめ動画の
■01of23 日本語版
より置いときます。。

なぜならば、この中に知られていなかった
真実が述べられていると
確信したからです。。。

<文字起こし>_______________

今から70年前の1947年7月米国ニューメキシコ州
ロズウェル近くの農場に
UFOが墜落した

米国政府は空飛ぶ円盤を回収したと発表し、
メディアの過熱報道を引き起こした

しかしその日の午後現場を調査した米軍の
少佐の発言は一転し墜落したのは
気象観測衛星であり
その断片を回収したと訂正した

事件の真相は
その時以来、
米国政府によって隠蔽されてしまった。

しかし実は
墜落したUFOには死亡した
2人の乗組員のほかに1人だけ
無傷の宇宙人がおり
米軍に保護されていたのである

以下に掲載する話は当時
米軍に看護師として勤務していた
マチルダオードネルマックエルロイという
女性当時23歳が
保護された宇宙人の世話係を命じられた際に
テレパシーを通じたコミュニケーションに
おいて、その宇宙人から伝えられた
驚くべき情報である

以来、米国政府はこの情報を機密文書
扱いとし今現在も公開していない

マチルダオードネル氏は
陸軍航空隊婦人部隊医療隊曹長を退役後
没収されずに持っていた
この情報文書を
ローレンス・R・スペンサー氏に託した

彼は事件から60年後の
2007年にその文書を郵送で受け取り
2008年に出版した

日本国内では
2015年に初版が出版されている

地球は周辺銀河系のゴミ捨て場となってきた

私はこれまでの数千年の間
宇宙のこの領域において
ドメイン遠征軍の一員であり続けてきた
しかし紀元前、5965年以来、
私は地球人と個人的な
コンタクトを取ったことはない
私は士官でありパイロット、
エンジニアであり
ドメインの領域の中にある惑星の住民と
コンタクトするのは私の第一の職務ではない
私はドメイン領域にある惑星の他の
347個の他の言語を流暢に話すが
あなたの英語という
言語には接触したことがない
私が話すことができた最後の地球の言語は
「ヴェーダ賛歌」が書かれた
サンスクリットの言語だった

私は約8200年前に
現在のパキスタンとアフガニスタンの
国境近くのヒマラヤ山脈に作られた
ドメインの基地の「喪失」を調査するように
送られた調査委の一員だった

それは一個大隊全体の士官やパイロット
通信員と管理担当者の構成員
約3000名のすべてが消えて
基地は破壊されたのだった。

今から数百万年前になるが
私はドメインの調査や
データ評価プログラム開発部門の士官
として訓練を受け任務に就いた

そのテクノロジー経験が
あったために捜索隊の一人として
地球に送られた。

さまざまな証拠や証言観察を
理論的に検討し
私はこの太陽系の中に私たちが
全く気付いていなかった旧帝国の宇宙船、
またうまく隠された旧帝国の施設が
あるという発見に自分の隊を導いた。

創作された多くの神々

私は個人的にあなたの言語英語
に接触したことがなかったので
あなたの言語でコミュニケーションを
取ることができなかった

しかし今やあなたが
私に与えてくれたさまざまな書物と
資料を渡しがスキャンしたこと
でその情報はこの領域の私たちの
宇宙ステーションへと送られ
通信士官がコンピューターを通して
処理した
それは私の言語に翻訳され
それを使って私が考えることの
できる文脈で私に送り返されてきた
そして私たちのコンピューターに
保存されていた
英語に関する情報と
地球文明に関するドメインの
記録を受け取った

私は今あなたに非常に大きな
価値があると感じている
特定の情報を与える準備ができた
私はあなたに真実を与える

私はできるだけ誠実に
また正確に私の視点からの真実を
自分と自分の種族への誠実さの
境界の中で私が仕え守ると誓った
組織に対する責任に反せずに
あなたに伝えたい
だが私はあなたの言う
ギャラリー状況を監視する人々
からの質問には答えない
私は人類を構成している
不死の霊的存在たちの幸福にとって
有益でありまた地球の無数の生命体と
環境保護を促進すると思う
情報だけを与える
なぜなら私の使命の一部は
地球の保存を確保することだからだ

私は個人的に全ての感覚を持つ
存在たちは不死の霊的存在である
という信念を持っている
これには人間も含まれている
また私は正確性と単純さのために
話の中に自分の造語を用いる

それが 「IS-BE」 だ

なぜなら
不死の存在の第一の性質とは、
彼らが時間の無い
「is(存在する)」

という状態の中で生き、
彼らの存在の唯一の理由は
彼らが「be(そうなる)」

ということを決めるからである。

社会の中で
彼らの立場がいかに低いものであろうと

すべての
「IS-BE」は、
私自身が他人から受けたいと思う
敬意と待遇に値する
地球にいる一人一人の人間は
彼らがこの事実に気付いていようと
いまいと

「IS-BE」在る・存在するもの
であり続ける

物質的肉体は
物質次元においてだけ必要なもの

私が地球のこの領域に
やってきた理由は
ニューメキシコ州で実験された
核兵器の爆発を
調査するために送られたからである

それは放射能の範囲と
これが環境にどのような被害を
与える可能性があるかそれを測定
するために大気から
情報を集めることにあった

その途中、私たちの宇宙船は
雷に撃たれ墜落する原因となった
私たちは地球のような密度の濃い
物質界へ来るときは

ドールボディ「人形体」を使う

それは物質の世界で
行動するために使われる
機械的な道具のようなものである

だから職務に就いていない時は
こうした仮の
体から「去り」
体を使わず本来の霊的な姿で
行動し考え
コミュニケーションを取り
移動し存在している

これらの体は
合成物質によって作られており
とても敏感な電気的な神経系が
組み込まれている

一人一人の「IS-BE」 は
これに自分を適用させるか
あるいは一人一人の「IS-BE」 が

発信する特有の波長
または振動数に適合させた
電子波長に自分を合わせる

宇宙船は思考工エネルギーによって
操作される

宇宙船もまた
ドールボディとほとんど
同じように作られている

それは一人一人の
「IS-BE」乗組員の特定の振動数に
適用している

そのためその宇宙船は
一人の「IS-BE」によって放射される
思考あるいはエネルギーによって
操作することができる

それは実際には非常に単純な
直接制御システムであり
そのためにこの宇宙船の中には
複雑なコントロール機器や
ナビゲーション計器などはない

それらは
「IS-BE」の拡張として機能する

ドールボディは
「IS-BE」にとり
ラジオ受信機のような役割を
果たしており全く同じ2つ
の振動数や
ドールボディというものはない

私たちは「ドメイン」と称する
スペースオペラ文明の一部である

この文明は
物理的な全宇宙の約4分の1を占める
宇宙空間にある膨大な数の銀河、星系、
月と小惑星群を支配している
私たちの組織の永続的な使命は
「ドメインの領地と資源を
確保、管理、拡大」
することにある

その行動は
あなたがた人間が新世界新大陸
を発見したとし、
神の名において
スペインやポルトガル
また後に、
オランダやイギリス、フランスの
王が自分たちの物だと
主張したように、
ヨーロッパの
探検隊家たちのしたことと
多くの面で似ている

西洋人たちは
行く先々の原住民から
獲得した資産によって利益を得
しかも原住民に何の相談もなく
より一層の領土と富を
手に入れるために兵士や司祭を
送り込んだ

ドメインによる
地球獲得の場合
ドメインの指導者たちは
今後自分たちの存在を明らかに
することが
私たちの利益に
沿うかどうかが
はっきりする時点までは
地球の住民たちには
公に明らかに
しないことを選択した

そして実際現在1947年
に至るまでそうしたことは
積極的に隠されてきた

地球の近くにある
小惑星帯は宇宙のこの領域に
おけるドメインの非常に
小さいけれども
重要な場所になっている

それは私たちが
太陽系の中の宇宙ステーション
として利用するために
物体のいくつかが
低重力であることから
大いに価値がある

私たちが最も興味を
持っているのは
この太陽系の中の
低重力の衛星でありそれらの
ほとんどは月の裏側や
何十億年も前に破壊された
惑星のかけらからできている
小惑星帯にあり

それよりも程度は低いが
火星や金星にもある

ドメイン部隊の
地下基地を建設するのは
簡単でありそれは
石膏から合成されたドーム型
建造物で電磁波バリア
によって覆われている

宇宙の領域が一度
ドメインによって獲得され
統治下の一部になると
ドメインの所有物
として扱われる

地球近くの私たちの
宇宙ステーションが
重要なのは単にそれが
天の川銀河系の中心で
ありさらにその先への
ドメインの
拡張経路の道筋の上に
あるからである

当然ドメインの全員が
このことを知っている
地球の人々だけがそれを知らない

<文字起こし終り>_______________
■編集後記
最後のほうの
>地球近くの私たちの
>宇宙ステーションが
>重要なのは単にそれが
>天の川銀河系の中心で
>ありさらにその先への
>ドメインの
>拡張経路の道筋の上に
>あるからである

あれっ、太陽系は天の川銀河の
回転する腕の端っこにあるんですよね。
でも?
エアルは言った
>天の川銀河の中心で
えっ、もっとスケールがでかい?
ひょっとして、コチラの動画で
■Mitaka 地球~太陽系~天の川銀河~宇宙の大規模構造

100億光年~150億光年のスケールで
眺めると、たしかに
天の川銀河が銀河系の中心にあるように
見えますし、
天の川銀河の端っこに
この太陽系はありますから
エアルが語ったのは
1947年当時で、まだ、バッフル望遠鏡も
無い時代に、だれが
嘘を捏造して
このような内容を
エアルに語らせたでしょうか?
他の銀河系、たとえば
アンドロメダ銀河へ
行くのに、ちょうど、太陽系の
小惑星帯がジャンプ台に
なってるようで
宇宙ステーションとして
ドメインとしては
利用価値があるのでしょう。
しかし、今になってみて
100億光年の距離から
眺めてみないと
この認識は、できませんね。
さらに、この文章を
ご覧になってる読者の方も
エアルの語ったことに触れることで
ドメインという
スペースオペラ文明を
認識することになっているようです。

では、また。


スポンサーリンク

■Alien Interview ペーパーバック
↓↓↓(クリックしてください)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。