天が悪を捕える網は、 粗い目をしているように見えて 悪を決して逃しはしない。

Pocket

おはようございます。
こんにちは、\ソウジャ です。/

今朝は、ひさしぶりに、中国古典、「8月のことば」より

天網恢恢疎にして失わず(てんもうかいかいそにしてうしなわず)
です。

老子により曰く
第七十三章 天網恢恢、疏にして失せず

原文
勇於敢則殺、勇於不敢則活。此兩者、或利或害。天之所惡、孰知其故。天之道、不爭而善勝、不言而善應、不召而自來、繟然而善謀。天網恢恢、疏而不失。

書き下し文
敢えてするに勇なれば則(すなわ)ち殺され、
敢えてせざるに勇なれば則ち活かさる。
この両者、或(ある)いは利あり、或いは害あり。
天の悪(にくむ)む所、孰(たれ)かその故を知らん。
天の道は、争わずして善く勝ち、
言わずして善く応じ、召さずして自ら来たし、
繟然(せんぜん)として善く謀る。
天網(てんもう)恢恢(かいかい)、疏(そ)にして失せず。

英訳文
If a judge is brave to punish criminals, they are killed. If a judge is brave to pardon criminals, they survive. These two kinds of bravery, some say the former is right, some say the latter is right. Since it is difficult to tell right from wrong of human judgement, it is impossible to tell right from wrong of Heaven’s judgement. Heaven, wins a victory without any battle, answers without speaking, gathers everything without calling, and is loose but has a grand program. Heaven’s net is very loose, but it never fails to catch a sinner.

Google翻訳
裁判官が犯罪者を罰する勇気がある場合、彼らは殺されます。
裁判官が犯罪者を容赦する勇気がある場合、彼らは生き残ります。
この2種類の勇気は、前者が正しいと言う人もいれば、
後者が正しいと言う人もいます。
人間の判断の正誤を判断するのは難しいため、
天国の判断の正誤を判断することは不可能です。
天国、
戦いなしで勝利し、話しかけずに答え、呼び出しなしですべてを集め、
ゆるいが、壮大なプログラムを持っています。
天国の網は非常にゆるいですが、
罪人を捕らえるのに失敗することはありません。

現代語訳
裁判官が勇気をもって刑を執行すれば罪人は殺され、
勇気をもって刑を免除すれば罪人は生き延びる。
この二種類の勇気は、それぞれ時と場合によって
良いとされたり悪いとされたりする。
人間の裁きでさえその是非を判断するのは困難なのに、
天の裁きについてはなおさら人の身で理解するのは困難である。
大いなる天のやり方は、
争わずに勝利し、言葉を用いずに応え、
呼びよせずに自ら来させ、
ゆったりとしながら遠大な計画を内に秘める。
天が悪を捕える網は、
粗い目をしているように見えて
悪を決して逃しはしない。

■編集後記
「天網」とは天の裁き、
「恢恢」とは大きいという意味らしい。

私のすきな老子。
宇宙の法則を独特の
「道TAO」という概念で、多くの人に説いた。

人間社会も、
この万物のひとつであり
だれも、かれも、
不善の限りを尽くして、そのまま
続くことは無いのです。

人間が生きている間は、
万物の理で生かされていますが
不善のヤツも万物は、生かし続けます。
太陽が、別け隔てなく照らすように、

しかし、太陽が沈むときと同じく
不善のヤツも死ぬ時は死にます。
ハイ。

そのタイミングは、太陽が沈んで
しまった時に死にます。

注意すべきは
不善のヤツの「不善根性」を受け継いだヤツが
同じ不善をやります。
受け継がせないようにするのが
われわれ人間なのです。

キリストや神でも、
仏でもムハンマドでもありません。

「不善根性」
これは、万物の理に
敢えて逆らおうとする根性。
親への逆恨みです。

親が思うところ、すること
なす事、全てに対して
不平不満を抱いている
反発している。

なぜならば、親が嫌いだから。

実は親から、勘当されたから、
親から嫌われたから、

だから
親の心を受け入れないから
親と真逆のことを
やって、親をいじめようと
画策しています。

なぜ、ここまでして「不善」?

この子は
自分が「親」という
最大の権限を
いきなり持ちたかった。

親を殺してまでも・・・欲しい!

それが親にバレた。
その野望があったから
親に近づけなかった。

「親」はすべて見通していた。

だから、「全ての不善の根っこ」

「親」になりたい野望。

みなさ~ん。

親になりたい野望を感じたら
速く、早く、そこから
逃げて下さい、
それは、自然を狂わす、惑わす、根っこになりますよ!

そして子供には、厳しく・やさしく
「躾」なぁ、あかんて~

では、また。


スポンサーリンク