【放送局ウツワ】故飯島秀行先生の意思を継いだ:「テネモス釘本ひろみ編」より

こんにちは、\ソウジャ です。/

今回は、自然の法則について
故飯島秀行先生の意志を継いで㈱テネモスネットの
代表取締役社長の「釘本ひろみ」さんの動画を
以下、置いときます。

彼女は故飯島先生の講演会でもアシスタントとして
飯島先生の側におられて何かと飯島先生の
思いとか考え方とかを
学んでおられたと思います。

では、
■【放送局ウツワ】テネモス釘本ひろみ編4-1

■【放送局ウツワ】テネモス釘本ひろみ編4-2

■【放送局ウツワ】テネモス釘本ひろみ編4-3

■【放送局ウツワ】テネモス釘本ひろみ編4-4

■編集後記
この世で、一番のワルは、結果で結果をなんとか
変化させて、利得を得ようとすることです。
結果とは、
目に見えるもの、人間が造作を加えたものです。
悪い結果を結果で変えようとしても
ダメなんです。

たとえば、農作物での
農薬という人間がつくった結果できた
産物がありますが、


原因に目を向けないとダメです。
しかし、原因は目に見えません。
それは、自然の法則を学ぶということです。

かんたんに云えば
原因を変えれば、結果が変わるんですよね。

そう考えると、、、

現在の悪経済・悪政治には、
原因があるということです。
ただ、政治経済は結果として人間が勝手に
つくったものです。
それ自体が、自然にないものです。

しかし、自然に沿った政治経済に
作り変えるとどうなるでしょう。

つまり、現在の悪なる政治経済は
自然体で運営されてないことが
主なる原因です。

もっと具体的に云えば、
異常な経済システムであるということで
あるわけない「マネー」が
あたかも価値があるように結果として
しまった。

じゃあ、良い結果を造るには
どうするか?
原因を変えることです。

原因は、「マネー」が
あたかも価値があるように
見せかけている「騙し」に
あったのです。

したがって、この「騙し」に
乗らずに、マネー至上価値主義から
解放する意識に自分の意識を
変えることから始まるのです!

まず、自分が変わることで全体が
変わるのです。

それを、開眼させてくれるのが
コレです!
■お金の発行のしくみ

さて、あなたは、次の未来
何を残しますか?

では、また。


スポンサーリンク

■https://a.r10.to/hbwZn6

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。