■ 風花未来チャンネル_2019_7_22:れいわ新選組の山本太郎氏は参院選で、なぜ落選したのか?

Pocket

こんにちは、\ソウジャ です。/

おはようございます。

タイトルに有る風花未来さんの動画を以下置いときます。
■れいわ新選組の山本太郎氏は参院選で、なぜ落選したのか?

■編集後記
動画のコメント欄にも同じようなことを載せております。

私は、チャンネル桜を見ていた時期もありましたが、
やはりこれは、なんか変だなと思いました。
というのは、戦時中や戦前での教えが
さも、現代より良かった風な番組構成で
進められたように見え、

●最近の頑固亭異聞より(さすが、頑固を自負してるなぁあ、じい遺産)

(上記で、出ているように、靖国参拝=似非右翼ですから・・・
何故ならば、、、
こっち見て下さい)
■靖国に皇室が参拝しない理由。神社の本当の意味

じゃあ、それの本質はなんだろうと見ていたら

「草莽崛起(そうもうくっき)」という
ことばをキャッチーにしていました。

意味は、調べますと

「志を持った在野の人々こそが
日本の変革を担う原動力になるということ。」
とあり、
云ってる内容が、なんとなく前向きで
今回の選挙でのれいわ新選組の
メンバーひとりひとりの志のようにも
感じます。

しかし、
この草莽崛起を唱えた人は、
明治維新の精神的指導者といわれる
長州藩士・吉田松陰でした。

草莽崛起の
字句を調べますと、

『草莽とは
孟子にて、草木の間に潜む隠者
すなわち、一般大衆(国民)の
ことを指す。
そして
崛起とは
立ち上がれという意味。』

これは、松蔭が
「・・・今の幕府も諸侯も最早酔人なれば
扶持の術なし。
草莽崛起の人を望む外頼なし。・・・」
と安政六年四月七日付の
草莽崛起論の中で述べています。

このような解釈のようです
・・・・・・・・・・・・・・・
今の幕府も諸侯も、
もはや酔っぱらい同然だから
救いようがない。
在野の人が立ち上がることを
望む以外に頼みはない

・・・・・・・・・・・・・・

はぁそうなんだ~と、
頷いては、思考停止です。

まてよ、
このチャンネル桜がしょっちゅう
掲げている「草莽崛起」は
=吉田松陰の思想
に通じるものを目指しているということ
なのであろうか?

と疑問が起きました。

ところが、
歴史を深く探っていくうちに

明治維新のウラには、
世界的な秘密結社が
糸を引いていて、
日本国内で争わせて、
漁夫の利を得るとか

今度は外国と3回も戦わせて、
借金させて、儲けるなど、
戦争ビジネスを
商売にしている
国際金融資本家の思いのままに
日本が動かされてきているという

世界的な劇場の舞台で
踊らされている
という歴史のこともわかりました。

そして、
その手先はいつも時代の政権を握ってる
党首や国家の長がその
マリオネットで
動かされていたのですね。

それを知ってか知らずか?

チャンネル桜は
さもわかったような論調で、

さも難しい言論の学者理論を
展開していたように思います。

今は説得力がありません。

なぜならば、
あんなに自民政権に媚びるように
首相に期待するコメントでエールを
贈っていたひとたちが、
今度は、自民を擁護できなくなった。

ということは、最初から、自民を
見抜けなかった。
ということですよね。

嗅ぐってしまえば、
保守思想に憧れる人の
「ガス抜きチャンネル」だった
のでしょうか?

ところで、吉田松陰の思想は
歴史をもっと探って行くと、
分かるんですが
キーワードは「水戸学」です。
そして、かれは、テロリストです。
倒幕運動に強く影響を与えた人です。

そして、吉田松陰の出自は?
と辿っていけば、
あらあら不思議、
その地から、代々、
政府関係者が出ているではないですか!

かれらは、現在の時代まで辿り着く
ルーツのテロリスト集団に
繋がります。。

その彼らの時の代表者らは
たとえば、
「長州ファイブ」
とよばれていたりしています。

そんなわけで、
江戸幕府まで流れていた
様々な良いものが、途絶えてしまったと
思います。
何から何まで、
封印・封殺です。

それを知ってるのが本当の保守であり
右翼と思います。

だから、てっきり
「桜」は、分かって
番組をつくっているのかと
思って見ていましたら、
封印・封殺された後の
明治維新をベースに語っている
部分が多かったので

ほんとうの保守右翼ではないな
と感じました。

以前は、自民党べったりの
チャンネル桜だったようですが
近年、自民のやることなすことが
デタラメで

国民の怒りも頂点に近づいている
ような状況の中、

チャンネル桜側は、
これでは遺憾なと思ってか、
自民との距離を置くようになったことは、
カバーできなくなった
状況からでしょう。

動画でおっしゃるように、

国民保守党が
立ち上げることが出来ずに、
腰砕け状態になってしまったのは
そうゆうことから来ていると
思います。

さて、現代の多種多様な
価値観の時代にあっては、
現実的な倫理的実践力に欠けて
いては、大衆から支持されないでしょう。

多くの人々や自然に全然
優しくなかったり、
女性や子供に対する見解や、
将来この弱者の対して
どうしたいのかなどの
具体的な意見が無かったり
したのでは、
だれも付いて来ませんし
悪いですけど、

防衛の捉え方が、
軍備増強とか
自衛隊員数の増加と訓練とか
それが、防衛だと思ってる、短絡的です。

現代は、旧態依然の戦闘や武器では
戦わないと思います。
びっくりかもしれませんが
地球制の反重力飛行体で大気圏外から
https://quasimoto.exblog.jp/iv/detail/?s=17041076&i=201112%2F10%2F14%2Fe0171614_17385310.jpg
一瞬に誤差数センチの目標めがけて
プラズマ兵器や
超出力X線レーザー砲電磁波ビームを
照射できる技術が開発されているとの
情報も眼にしたことがあります。
https://www.youtube.com/watch?v=UnUpJw5sahg

これも

ファンタジー的にレッテル張りで、
このようなテクノロジーを
捉えてしまうと、若い人たちには
受け入れてもらえないような気がします。
最早、宇宙時代の戦略とか価値観で

生きていく時代に入っていると
思います。

それは、宇宙戦争を前提として考えるのでは
ありません。

縄文の太古の昔から
本当の日本人は、世界の平和と
宇宙の平和を願う
尊い民族なのですから

では、また。


スポンサーリンク

■https://a.r10.to/hbwZn6

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。