拝金主義から脱出し「こころの故郷へ」・・・富裕層はより裕福に、貧困層はより貧困になることが、私たちの向う道だったのですか? 嫌ですよね!、絶対に!

Pocket

こんにちは、\ソウジャ です。/

おはようございます。

昨日、参院選挙の投票日でした。

ところで、風花未来さんから
動画がまた、UPされたようなので
置いときます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こんにちは、風花未来です。
テーマは
「言葉の力で未来を変える」。
日本の政治・経済・歴史・文化について、
「人」「心」「和」という3つの視点から、
愛情を込めて語ります。
その他、Web文章の書き方、成功法則、
シンプルなブログ収益化の方法などを配信。
現在、新プロジェクト
「風花回廊(コリドー)」を開催中。

「美しい日本の言葉」を軸に、
心のふるさと探し、心の復興への提言、
日本の歴史文化の再発見、
映画や文学作品のレビューなどもお伝えします。
■お金が一番の価値観(拝金主義)から、人らしく生きられる価値観(人間尊重主義)へ

■編集後記
上記動画を見ての感想を
動画のコメント欄にも書きました。

以下、その内容です。

__________________
こんにちは
わたしの思うところに通じますので
コメントさせていただきました。

詩のこころを持ってるひと=詩心、
すべての人々にあてはまる。
つまり、生きてることで、
起きる、喜怒哀楽に遭遇するたびに、
心がゆれて、
何かのエネルギーが集中されるとか、
あるいは、花鳥風月に触れては、
感情・感動エネルギーが集中されると
いうふうになってるなあと思います。

共通するのは、
「心」が何かに集中している
状態のことかもしれません。

それは、自然発生的に、
まるで自然の一部のように心が集中してしまう。
その成果というか発露が詩になったり、
音楽になったり、絵画や彫塑彫刻、とか
建築にも表現されたりする、などの
自由な創造が生まれると思います。

本来、人は個々人の創造性に
向かって生きるように
なっているのだと思います。

なので、
現在の政治経済や社会では
風花未来さまがおっしゃる

洗脳と謀略によって、わざと
個人の自由な創造性をつぶし
目覚めのエネルギーに
封印と蓋をする教育とかで
マネーによる支配構造と
なっているように思われ、
だから
私たちは、目覚め、
自由な創造を取り戻すために
詩人・詩心である自覚を
持つ必要があると感じました。

これは、私が応援している
大西つなき氏の
フェアな理念にも通じます。

フェア党の理念の中の
「多様な価値を生かす社会」から
https://www.fair-to.jp/
________________________
現状の我々の価値基準は
極めて一元的になっており、
貨幣に換算できる経済的価値が
他の価値を凌駕している。
したがって、その獲得が
社会の支配的な行動様式となり、
その有無が実質的階層を生み出し、
アンフェアな状況を作り出している。
我々は本来、
経済的価値の創出、消費のために
生まれたわけではなく、
他にも多様で大事な価値があることを知っている。
仮にそれらが貨幣価値に換算できず、
経済的合理性を持たないとしても、
それは現在の政治経済体制、
金融制度の問題であり、
我々は制度の改善に努めつつ、
それらの価値を真理の目を持って見通し、
守り、将来に残す責務を負う。
_______________________
これは、
詩人が生きていくうえでの

ベースを築くための生活基盤と思います。
人が人として個々人のその自由な創造性に
向かって生きられる
地球上でのインフラを整えてこそ
実現可能であると思います。

今までの詩人は、
整備されたインフラが
整えられていないがために、
悲しい・寂しい・過酷な思い、悲惨な思い、
戦争での悲しみ・恨み・辛み・・・など
数え上げられないくらいの
暗くて、絶望的な心の世界の創造に
勤しんでしまいました。

これは、学びだったのかもしれません。

もう、これ以上の暗黒の創造に勤しんでは
ならないと思います。
そうしないと、自然が破壊され
私たちの子孫も途絶え、
地球環境が絶滅してしまいかねません。

それらは、二度と庶民は
体験してはいけないと思いますし
将来の子どもたちには、
させてはならないと思います。
ただ、書籍や書物とか記録の動画などで、
学ぶことができますから、
暗黒の絶望の世界の学びは
反面教師として留めるのが良いかもしれません。

そのためにも

風花未来さまのこのような動画で語られている
内容は
子どもたちも含めた
地球上の人類、
つまり地球人の基礎教育に必要な要素が
あると思います。
_______________________

ということで、
どうも、私たちの気持ちというか
心の支えより
「生活の支え」=お金=価値有る
としてしまってる世の中の仕組みが
そうのように、何気なく
空気として
耐えてきたのかもしれません。
もう、十年くらいになるのですが・・・
昔の職場に孤独死した人がいたんですね、
思い出すんです。

その人の、父親が人が良い人で、他人の
借金の保証人になったことで、
負債人が夜逃げして、その借金を
背負うことに・・・なんだかんだで
その人の父親は自殺で、
一家離散、、といういきさつの事情だった
結局、そいつも、なんだかんだで
病気になり、会社も休みがちになり、
病院代もかかり
収入に対する生活費が増えて、、、
ついに力尽き、死んでしまった。。。

ある寒い朝に、近所に住んでいた
身内の人に発見されたのでした。

わたしは思いました。
もう、すでに、このときから
弱者にとっては、過酷な社会、経済が
襲って来て、ソフトに
命を攫(さら)って行くということか!

現実を目の当たりにしたのです。

現在は、もっと、もっと過酷でしょう。

そして、生きがいも持てず
耐えられずに、自ら
命を断った、人たちも
いたことでしょう。(

なんと、酷い、世の中になったものです。

特に、拝金主義者等によって
お金が庶民から
奪取・搾取されえいますから
ざっと、一般のサラリーで生活してる人は
半分くらいは、持っていかれているんじゃ
ないでしょうか?

可処分所得というものがあります。
以下の式です。

可処分所得
=税引き前の給与収入+手当-(所得税+住民税+社会保険料)

説明をしますと、
具体的には、、、
ここで、引かれるモノですが
ます、
所得税や住民税などは直接に
源泉から抜かれますから
直接税ともいわれます。

これの税と

公的年金保険料、
健康保険料、介護保険料などは
社会保険料といわれてますよね
そしてこの
社会保険料の部分も
税金と同じ性格なのに
なぜか呼称が、
保険料という名称をつけて
強制徴収です。

以上の直接税と保険料の2つを
合わせて
非消費支出って云うんですけど

この時点で差っ引いて
手元に残った
お金、
これが、可処分所得です。

可処分所得が、ゼロ以下!

もう、生活できないよ!!!

と叫んでいるひとが
多くなっています。

そうでなくとも
次にかかる費用として、生活する上で
消費支出というのが
待ってますから

これは、何かを消費するたびに
かかるモノです。

以下の10費目が普通かかります。
食 料
住 居
光熱・水道
家具・家事用品
被服及び履物
保健医療
交通・通信
教 育
教養娯楽
その他の消費支出

いちばん大事なのがなっと云っても
食料です。
消費支出合計のうち、
食費に何%使ったか、という割合が
エンゲル係数とよばれて、

「食べるだけで精いっぱい」
という状況では
支出の半分以上が食費、
つまりエンゲル係数が50%を超えることが
貧困層では日常化しているわけです。

だから、孤独死の原因は
自殺か餓死なんです。

はなしが暗くなってすみませんが、

消費支出が出来ず、収入さえも
途絶えてしまった人たちに
無言で「死の宣告」を
国家がやっているという
ことにも思われるのです。

例えば、雇い止めをされた
渡辺てるこさん
を見て下さい。
https://youtu.be/qikaD_yqUd8
彼女は、この経済社会の不条理を
訴えています。

彼女は、子供さんを抱えて、寒い冬に
野宿した経験もあるのです。
雇にも、ありつけず
ホームレスになって、
泣き寝入りして、
しぼんでしまっている方々がいますが、
庶民の苦しい思いを
渡辺てるこさん

れいわ新選組は
代弁し、政治を変えようとしています。

この兆しは、きっと
大きなうねりとなって、
数年後には、そのうねりが
巨大化し、

大西つねき氏の云うように
きっと
世界を変えて行くのであることを期待します。

■れいわ新選組 開票本部生中継!より
すごいコメントが立候補者から、ありましたので、
ここに置いときますね!

■れいわ新選組 開票本部生中継!2

では、また。


スポンサーリンク

■https://a.r10.to/hbwZn6

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。