激動の世界を読み解く!米中新冷戦の正体!香港デモ!G20!

Pocket

おはようございます。
\ソウジャ です。/

この世は、確かに
仕切ってる、
デザインされている、
操作されている、

というような、印象を感じてしまいます。

さて、久々の
河添恵子さんの動画を挙げておきます。

■河添恵子#15-1 ゲスト:馬渕睦夫★激動の世界を読み解く!米中新冷戦の正体!香港デモ!G20!

■編集後記
やっと出ました。この書籍。
国家単位での冷戦のようには見えます
「米中新冷戦の正体」
という、新書が出るようですけど、
為政者が隠している、何らかの事情や
出来ごと・・・
この世とかく「影からの影響」があるようです。
ま、このブログで以前にもご紹介しましたコレ

(内海学校の動画で出ていたものですが)を見ていただければ、
大体の世界支配構図は、、、ロスチャイルドとロックフェラーによる
マネーシステムで、支配を受けています。
つまり、イギリスのエリザベス女王陛下を忖度するイルミナティ組織によって
世界各国が何らかの大きな影響を受けている支配構造になっています。
ところが、第三極として中国がつい最近、頭をもたげつつ有ったのですが、
その中国内部がチャイナセブン同士で乱れつつあるようですから、
香港の扱い(逃亡犯条例の改正案)も含めて、2020年頃には、相当な乱れと、
強烈な中国共産党批判が興ってくるのではないでしょうか。
そして、いみじくも、河添恵子氏が仰っていたように
日本のマスメディアは、一切、「香港での反対デモ」を放映しません。
なぜならば、
日本の多くのマスコミ = 中国共産党から多大なる恩恵を受けている!
(朝鮮半島系の共産組織も同様でしょう)
としか思えません。
中国では、恣意的に逮捕・拘束可能なのですから、とんでもない国家です。
というか、国家を名乗った、暴力組織でしょう。
アグネス・チョウさんの記者会見の模様を御覧ください。
https://youtu.be/U8qpLjbKjEg?t=112
そればかりではなく、、
中国による日本への裏工作が進展しているために
現政権はもとより、あらゆる地方自治の部分まで、侵食されているのです。

おかしいと思いませんか?
たった20・30年前には、珍しい
「事件・事故」そして「殺人事件と自殺(みせかけた)」が
最近、多く目立っている。!!!
これ!
私たちが、攻撃を受けているということですよ!
最近、毎週のように、何らかの事故や殺人のニュースが
日本中を駆け巡っています。
おかしくないですか?

普通の日本人だったら、おかしいと思いますよね。

それに気づかないのは、、、
毎日、TVスポーツ観戦して、それに心が奪われて、大事な
空気(氣)を読み取れていない
「馬鹿になった、日本人です」
最近、地震も多いのですよね。。。

何か、日本や世界や地球が、騒いでませんか?
そう、聞こえませんか?
観えませんか?

それと、話は逸れますが、日本のいたるところの
橋、新幹線の鉄橋、トンネル、ご覧になって
何か感じませんか?
相当に古くなって来てる箇所が傷んでる様子が
見かけられますよね。
ちゃんとメンテナンスしてるのかしら?
と不安でたまりません。
事故が起きてからでは遅いです。

余計なところにお金を使うのではなく
きちっと、保守費用を充実させて
地元の建設・土木企業を使ってほしいものです。

しかし、今や
5万人もの中国共産党系スパイ
(在日朝鮮スパイも含め)が
いるので、日本の基礎が壊されつつあります。
そのような修繕費用を捻出させるような
手続きを阻んでいる可能性は否定できません。
ひょっとして、経理関係者で、ネコババしてる
スパイがいるかも知れません。
地方になるとよくいますよね、
何十年も気づかずに会計を任せていたが
自分の小遣いとして、着服していたとか。

本来、修理修繕に使われるはずのお金が
いたるところで、消えてる可能性が
あります。
偽装工事なんかもありそうですし、、、

私たち日本国は、「悪性の風邪」に覆われていますが
日本人の免疫力で、撃退しましょう!

では、また。


スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。