【話題沸騰】望月衣塑子『安倍晋三大研究』から

Pocket

こんにちは、\ソウジャ です。/

明日、6.13望月衣塑子さんの
『「安倍晋三」大研究』 刊行記念
イベント開催してました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6月13日(木)19時より大阪市北区民センターにて
望月衣塑子さん・内田樹さん・相澤冬樹さんの
イベント開催された模様です。
参加ご希望の方は「隆翔館書店」さんへ。
詳細は映像チェック!

現在、話題沸騰です。
https://haip.pro/tag-item/%E6%9C%9B%E6%9C%88%E8%A1%A3%E5%A1%91%E5%AD%90
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、
人には、嘘を付いた場合に
すぐに、訂正してお詫びする人と
絶対に自分の非を認めない人がいます。

現在の「立法府の長」さんは、後者の絶対に
認めない人です。

さて、今回はブログ「内田樹の研究室」さまより

以下、首相の非を認めないことについての
言及からはじまって、アメリカの民主主義と
日本の対米従属について述べています。
http://blog.tatsuru.com/2019/05/28_0558.html
<要点引用開始>_______________
■「異例の接待」に安倍政権の従属的本質が露呈
■「シナリオがある嘘」と「シナリオのない嘘」
■「その点についてはさきほどは間違ったことを申し上げました。
お詫びします」とちょっと頭を下げれば済むことなのに、
頑強に誤まったことを拒否する。
■「立法府の長」
■「シナリオのある嘘」を仕込む。
第二の嘘には間違いなく「シナリオライター」が
いると思います。
■違法行為で最終的に罪に問われるのは、
実行犯である官僚たちなわけですよね。
■「忖度」というのは政治家と官僚が「阿吽の呼吸」で
仕事をしている限り、原理的にはなくなることは
ないと思います。 (…)
■どうやってこの為政者がもたらす災厄を
最小化するかという技術の蓄積がない。
アメリカは、その点がすぐれていると思います。
■議会や裁判所やメディアが大統領の暴走を抑止している
■安倍さんはいずれどこかの時点で首相の地位を去る。
でも、彼を独裁的な権力者にして担ぎ上げた政治体制と
国民意識がそのあとも手つかずで残るなら、
いずれ第二第三の安倍晋三が出てくることを
防ぐ手立てがない。(…)
■日本の対米従属マシーンのメンバーたちには
その意識がありません。
彼らは「アメリカの国益を優先的に配慮することが、
日本の国益を最大化することだ」ということを
本気で信じているか、
あるいは信じているふりをしている。
■安倍政権では、もう「対米自立」は国家目標としては
掲げられていない。
「対米従属という手段」がどこかで自己目的化した。
対米従属マシーンのメンバーであることによって
国内での高い地位と高額の収入を約束されている限り、
彼らにしてみたら、対米従属はエンドレスで
続いて欲しい「ステイタス・クオ」であるわけです。
■ふつうの国の統治者は自国益を最優先するけれど、
安倍政権は自国益よりも
アメリカの国益のほうを優先する。
■日本では『鬼畜米英』はもう死語ですけれど、
『リメンバー・パールハーバー』は今でも
アメリカでは感情喚起力のあるスローガンです。


<引用終り>_______________

■編集後記
私も現状の腐敗政治から脱却するには
「対米自立」は国家目標として
掲げ続けていかねばならないと思います。
というか、
そのキーワードはオワコンで、
「アンチ、ハザールmaifa」と言ったほうが
正しくないでしょうか?

未だに、周回遅れの日本の為政者たち
は、もはやトランプはグローバリズム
(ハザールmafiaによる新世界秩序組織)
と戦っていますから、
ハザールmafiaらのメンバーである
偽ユダヤ悪魔教の信者構成員が、
逮捕されつつあります。

その状況でも、現在政権は、
>対米従属マシーンのメンバーである
>ことによって国内での高い地位と
>高額の収入を約束されている限り、
>彼らにしてみたら、
>対米従属はエンドレスで
>続いて欲しい「ステイタス・クオ」で
>あるわけです。

現存政権は、利権を維持したく
ステイタス・クオ=現状維持
なのであろうが、
かれら対米従属マシーンの中身は
ご存知、「長州暴力閥」である。
これまでの現状は、
「ハザールmafia」向けの
代理店の仕事で
有ったわけだが、
その糸が切れかかっている。

現在の糸の元締めは、
「トランプ政権とその同盟たち」に変わった。
そこで、
「ハザールmafia」の指揮と
監視が緩んだ空きに
ゴールデンリリーの花が散って
トランプは、「長州暴力閥」に対して
最後通告を云いに来たかもしれない。

『その花をよこせ!、さもなくば・・・

返事は7月以降の選挙後にお前らが
選挙で勝って、「ステイタス・クオ」を
維持したいなら、返事を訊く

一応、7月以降の選挙まで
待ってやる!』

逆に言えば、
対外大債務国であるアメリカにとって
日本は、美味しい金づる
なので、
トランプ陣営にとって、
安倍政権は、今後も続いてほしい
と思っているのであろうか?

まったく、トランプの四次元チェスの
手筋は読めない。

では、また。


スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。