■兵頭正俊の状況の交差点:山本太郎と伊藤博文・孝明天皇

Pocket

こんにちは、\ソウジャ です。/
おはようございます。

今朝は、「兵頭正俊」氏の状況の交差点を
紹介します。

最近、選挙が近づくに連れて
日増しに、山本太郎さんへの注目度がUPしており
彼の掲げた8つの政策に
「難癖」をつける、小賢しい
現職の国会議員がいます。
ここで、あえて、名前は伏せますが、
特に、「消費税の廃止」について

今の経済状況が、国民にとって
つらい状況なのであれば、
金融と財政の政策は、どうあるべきでしょう?

みなさん、おわかりですよね。
中学生レベルの基本中の基本ですから

現在、日本国中は「デフレ」ですか?
「インフレ」ですか?

当然、山本太郎議員が訴えている
のは「減税」⇒不要とも云える「消費税」ですよ。
消費税は「罰金」のように
あらゆる購入商品に課せられています。

■ここで中学校の先生に質問します!
もし、生徒さんから、
「現在の世の中は不景気となっている証拠が
いくつもあるのは、不景気そのものと思います。
では、政府がこの不景気に、なぜ、
消費税も含めた、大幅な減税をしないんですか?」

と問われたら、どうお答えになられますか?

たぶん、多くの教師の方々は
「それは、政治家の仕事だ!
俺に聞くんじゃない。」
とね。

そこで、子どもたちの多くが
思考停止に陥ってしまい、
原理原則と法則と決まりごと
だけを詰め込み、卒業し、
やがて、おとなになって、若干の
疑問はあるものの、歯車の
仕事の世界しかわからない
歯車人間になっていくんだなって
思いますね。

それでは、
「兵頭正俊の状況の交差点」
以下どうぞ!
■兵頭正俊の状況の交差点:山本太郎と伊藤博文・孝明天皇
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

山本太郎の快進撃が続いている。
いまや山本太郎のれいわ新選組は、与党ばかりか、
野党への不満と怒りの受け皿になりつつある。
できるだけ多くの新人をこのれいわ新選組から立候補させたい。
そしてひとりでも多くの議員を国会に送りたい。

先週、安倍晋三の在位期間が伊藤博文を抜いて歴代三位になった。
わたしたちの生活が悪くなるはずだ。
今回は、伊藤博文と孝明天皇についても語った。

■編集後記
自民党の劣化というより
私から云わせれば、ディープステートが仕組んだのが
自民党ですから。
もっとも、日本国民にとって
期待できたのは
「田中角栄」政権ぐらいでしょう。

さて、次回の選挙での国民にとっての
政党を選ぶ、基準ですが、
動画でも仰っていたように

《政党の背景に大きな組織が無いこと》

というのが、ひとつのポイントである!
同感です。

背景組織とは、たとえば
現在で云えば、、
創価学会、幸福の科学、統一教会・・・などの宗教団体
総連とか経団連関連の団体とか

まともな日本国家の公正な運営を
行う国会議員を選ぶのであれば

1.宗教は関係ない
2.利害関係の組織票に参加しない
3.偏った思想信条に注意する

例えば、ある組織が主催する講演会で
語られている内容が
「原発はクリーンエネルギーであり、
コストも安く、ぜひ可動を急ぐべきだ」
のような話の内容に
アナタは、自分自身で、調査しましたか?

Q1:原発がクリーンと云うけど、放射能や
放射線とか、福島原発事故の後始末や
現在の状況は、クリーンと言ってた割には・・・

とか
Q2:原発の発電コストって、他の燃料コストと
比較して、どれくらい安いのか?
それに我々に請求される電気料金に
受益者負担のようなことは無いのか?
とか
国民や市民は自分たちのことに直結することなのに
調べようともせずに、議員さんにおまかせしてた。
少なくとも、昭和の地方のひとたちは、
だれもかれも口を揃えて「自民党」
に投票していた。
そして、地元から立候補するときは
自民党所属で立候補するのが多かった。

まるで、「馬鹿な国民」だったんです。

政治の仕組みは、学校で習った
程度で、社会に出れば、
稼ぐことで、頭脳がいっぱい。

そんなことだから
「政治屋」に
多くの国民は、騙され
日本人の多くの富や命が
抜かれています。
明治以来の
ディープステートの代理人である
在日の売国奴集団によって、、、

いま、それが分かったら

やることは、一つです。
「売国奴、集団をこの日本から排除しなければなりません」

これは、アメリカのトランプの政権運動と
同じベクトルになるでしょう。

反グローバリズムです。

そして、注意を要するのは
「中共版のグローバリズム」が
着々と一帯一路で
進めようとしてますから
トランプによって、経済戦争が
仕掛けられている状況です。

ココらへんは
Qアノン
GESARA/NESARA
でのテーマに関係してくると思いますので
そちらの情報を
御覧ください。

では、今回は以上です。


スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。