【森友学園問題の今】籠池泰典氏が、天下のペテン師・安▲△三の悪辣非道な犯罪をバラス!2019 05 26

こんばんは
\ソウジャ です。/

今回も、籠池泰典氏の講演会の
模様がありましたので、
以下、置いときます。

現在は、保釈中の身の上なので、
ほんとうの釈放ではないんですね。

では、、下記の動画をどうぞ!
■天下のペテン師・安倍晋三の悪辣非道な犯罪をばらすー籠池泰典「森友学園」元理事長 2019 05 26

■編集後記
仲良し小好しの「錯覚」
だれが?
と思いますよね。

わたしは、もちろん
トランプによる「錯覚」の演出である
と思います。

トランプは、Qアノン同盟での先鋒で
これまでのアメリカの為政者たちとは
違っています。

つまり、グローバル金融資本の
ハザールmafiaによるN.W.O.
新世界秩序を構築している奴らを
掃討するために、誕生したのが
トランプ大統領であった訳です。
(そのようにアメリカ市民に
受けの良いように演出している
可能性もありますけど)

日本のこれまでの政権は、
ハザールmafiaに傅(かしず)いて
きた連中であり、
最低でも、75年も続いてきた。

アメリカも支配階級の
エスタブリッシュメントたちも
グローバル金融資本家であり
トランプの出現を
煙たがっているようです。

しかし、トランプ政権になって

大きく世界は変わり始めている。

偽ユダヤのハザールmafiaによる
N.W.O.計画は頓挫しつつあります。

今、世界の流れは、
多くの市民がグローバル化による
家族や社会の崩壊の危機が
迫っていることに我慢できずに
反体制運動が各地で起こっています。
ヨーロッパでの地道な市民運動は
ずいぶん時間が経ちました。
充分にストレスと我慢の限界を超えて
フランスでは、あのような
状況になってきています。

移民政策など、悪辣な結果と
なっていました。
日本のマスメディアでは
あまり取り上げていないので
全然、日本人は、分かってないようです。

また、グローバル支配者層は、
■ISISの捏造
■イスラムが悪者と情報操作
を行って、市民運動を撹乱してきました。

潮目が変化してきているのです。

話はもどりますが、
今回のトランプの来日の
目的ですが、、、
「G20」での根回しについて、

「脱グローバル企業」の拡大を図りたく
日本の役割について、相談に
来たのではないかと思います。

新元号の天皇への挨拶が
目的のように報道一色と
なっていましたが、

この華やかさの裏では、

世界の政治経済のパワーバランスに
関する日本の役割の見直しについて
の話があったのかもしれません。

ロイター発表によると
https://jp.reuters.com/article/pm-abe-g20-asia-trade-idJPKCN1T0163
安倍ちゃんは
20カ国・地域(G20)
首脳会議では、
世界貿易の自由で公正な
秩序や多国籍企業の二重課税、
デジタル経済のルールなどについて
議論したいと強調し、
東アジア地域包括的
経済連携(RCEP)については
「我々の責務として力を
合わせて作っていこう」と呼びかけた。

ようですから、、、

特に
■国際グローバル企業の二重課税問題とは
<参考:多国籍企業等による税源浸食と利益移転の防止 >
多国籍企業等による税源浸食と利益移転の防止
より、

BEPS:
Base Erosion and Profit Shifting の略で、
多国籍企業や富裕層が各国間の税制及
び租税条約の違いや隙間を利用して
租税回避を行うことにより、
経済活動に係る税負担を軽減している問題。
のことではないかと思われます。

現状として、
BEPSの問題が
顕在化していましたから、
多国籍企業等は意図的に二重非課税となる
状況を作り出すことが可能となっているほか、
経済活動が行われ価値が創造される場所で
納税するのではなく、
いわゆるタックス・ヘイブンと呼ばれる
租税回避地、あるいは、低課税地域
を利用することによって、
納税額を抑え、利益を生み出すことも
可能となっています。
これは、
近年、欧米を中心とする多国籍企業等による
過度な節税対策が世界的に批判されており、
各国間の税制や租税条約の違い
隙間をうまーく利用した
租税回避行為の顕著な例のひとつです。

これは世界的な経済不況により
各国の財政が悪化し、
国民がより多くの負担を求められる中、
税の公平性を損ねる
租税回避行為への批判が
これまで以上に高まっていた。
また、国内企業にとっても、
課税逃れを行う多国籍企業との競争条件が
不利になり公平な競争条件が害されることから、
その是正が求められていた。

とにかく、経済活動に絡む
「不条理」を無視して、
利得を得ようとするやり方が
グローバル金融mafiaのやり口ですから
これらを世界的に訂正しなくては
なりませんです。

ところで、籠池泰典氏と安倍晋三夫妻との関係は
私から見れば、どっちもどっちで、
籠池夫妻も、その時点では「スケベ」だったのでは
ないだろうかと思います。
参考に下記の動画があります。
■安倍首相と昭恵夫人の人物鑑定結果

では、また。


スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。