ニューヨークタイムズのホワイトハウス特派員からみたトランプと安倍の「揺るぎない結束」

こんにちは、\ソウジャ です。/

今回は、
日本国中で話題の渦中の二人です。
そう、トランプ&晋三安倍

ニューヨークタイムズのホワイトハウス特派員の
ケイティ・ロジャースさんの報告より
引用します

ケイティ・ロジャース

ケイティロジャーズは、ニューヨークタイムズのホワイトハウス特派員です。2014年にThe Timesに入社して以来、機能と最新ニュースに焦点を当ててきました。彼女はトランプ時代のワシントン、ポップカルチャー、議会でのセクハラ、ニューヨーク・ファッション・ウィーク、社交界、オリンピックでの性差別、そして時折のサンタを取り上げてきました。彼女は生まれつきのフーシャーであり、ロヨラ大学シカゴ校を卒業しています。

<引用開始 Google翻訳による>__________________

トランプと安倍の「揺るぎない結束」は東京でいくつかのひびを示します

画像
月曜日に東京で安倍晋三首相、トランプ大統領とその妻、メラニアトランプとアキエベ。クレジットクレジットエリン・シャフ/ニューヨークタイムズ

東京 – 金色の赤坂ステイトゲストハウスの中に並んでいる書斎に立って、トランプ大統領と日本の安倍晋三首相は、安倍氏が彼らの「揺るぎない絆」と呼んだことの強さを世界に示すことを目指しました。その後の合同記者会見で、トランプ氏と一歩踏み込んでいることは、世界のリーダーにとって不安定な立場になり得ることが明らかになりました。

2人の男性が月曜日の午後に表彰台に上がった後、安倍氏は友情と同盟相撲場の中で彼らの配偶者とのロバタヤキディナーでゴルフコースの日までにさらに固められたと宣言しました。彼は、彼とトランプ氏が貿易と北朝鮮のような問題に関して「完全に同じページにいる」と言った。

しかしトランプ氏は、日本のもてなしと古代文化、そして安倍氏の友情を称えた後、彼がアメリカ、そして場合によっては彼自身の不満を第一にするためにそこにいたことを明らかにしました。

月曜日の東京の皇居での儀式中のトランプと皇帝なるナルヒト。トランプ氏は新しい皇帝に出会った最初の外国人指導者です。クレジットエリンシャフ/ニューヨークタイムズ
画像
月曜日の東京の皇居での儀式中のトランプと皇帝なるナルヒト。トランプ氏は新しい皇帝に出会った最初の外国人指導者です。クレジットエリンシャフ/ニューヨークタイムズ

安倍首相と大統領自身の国家安全保障顧問のジョン・R・ボルトンが両方ともテストを違反と呼んでいたという事実にもかかわらず、トランプ氏はTwitter同様の宣言をすることによって前日の彼の4日間の国家訪問をキックオフした国連安全保障理事会決議について。

トランプ氏は記者団に対し、「私の人々はそれが違反である可能性があると考えている」と語ったが、「個人的に」立ち上げについては心配していなかったと付け加えた。

トランプ氏が非核化協定の追求のために温かい関係を築くために取り組んできた北朝鮮の指導者、キム・ジョンウン氏は、「おそらく彼は注目を集めることを望んでいるが、そうではないだろう」と述べた。”知るか?私が知っているのは、核実験が行われていないこと、長距離ミサイルが発射されていないことだけです。いつか私たちは契約を結ぶことになると思います。」

さらに、トランプ氏は彼の日本の客の前で国内の苦情を看護し続け、彼の民主党の敵を侮辱し、特別顧問のロシアの捜査に対する彼の告発を報復した。

大統領は、彼が最も懸念している民主党の大統領候補であるJoseph R. Biden Jr.を狙った1日前のTwitter投稿を辞退することを拒否した。- Twitterで、氏はトランプは「低IQの個々の」ミスターバイデンを呼び出すための金氏を賞賛するために登場氏トランプ自身の言葉エコー氏バイデンは、北朝鮮の指導者に「暴君をブランドした後-元副社長についてを。 」

画像

北朝鮮によって親戚が拉致された人々は、月曜日に東京でトランプ氏と会いました。クレジットエリンシャフ/ニューヨークタイムズ

そのつぶやきはトランプ氏自身の党員を含む自宅でのトランプ氏批判を受けているが、東京ではトランプ氏は心配していないようだった。

「キム・ジョンウンは、ジョー・ビデンは知能指数の低い個人であると述べています」とトランプ氏は述べた。彼はおそらく彼の記録に基づいている。それについて彼に同意すると思います。」

彼はバイデン氏と彼がオバマ政権が作ったことを「恐ろしいイランの取り引き」と呼んだものに固執し続けた。

トランプ氏が話題から話題に向かって進むにつれて、安倍氏は大統領を称賛し、同盟の健全な同盟状態を強化することを引き続き意図していた。

北朝鮮のミサイル発射について、安倍首相は「残念」であるとの以前の声明を繰り返したが、彼と大統領は完全に合意したと述べた。そしてトランプ氏が自動車関税を脅かしていた貿易に関して、両国に迫っている大きな問題は、彼にとって、双方にとって「勝利 – 勝利」である二国間協定を追求していたと述べました。

画像

月曜日に東京の赤坂宮殿でトランプ氏と安倍氏。安倍首相は、貿易や朝鮮民主主義人民共和国などの問題については、「まったく同じページにいる」と述べた。クレジットエリンシャフ/ニューヨークタイムズ

米国とイランの関係が緊密になるにつれて、安倍氏はトランプ氏に助言する上で過去に非公式の役割を果たしてきたことを強化しようとした。トランプ政権がサウジアラビアに武器を売却し、中東に1,500人の軍隊を追加配備する決定にイランが追いついたため、安倍氏は両国間の仲介者としての支援を申し出た。

1日の前半に、氏トランプは、彼が助けを受け入れるに開いていたことを記者団に語った-しかし、ではないと言って、それをcouching前に、「私たちは何が起こるかわかります、」修辞デバイス彼は一般的に彼の意思決定を拡張するための方法として使用しています地政学的な問題を緊急に扱うタイムライン。

トランプ氏は「首相がイランの指導者と非常に親密な関係にあることを知っているので、何が起こるのかわかるだろう」と述べた。「特に恐ろしいことが起こるのを見たいと思う人は誰もいません。」

日曜日の夜の相撲トーナメントでのトロフィーの発表で、彼のエゴを演じて、安倍氏は月曜日に彼の友人「ドナルド」に旅行をすることを繰り返し感謝しました。相撲。」

彼はまた、トランプ氏の北朝鮮への接近を批判しないように注意した。トランプ氏の金氏との友好の試みについて、「彼は不信の殻を開いた」と語った。「これは新しいアプローチでした。歓迎します。」

画像

月曜日に皇居でアメリカと日本の旗を握った男。安倍氏はトランプ氏の最も近い同盟国としての地位を確立しました。クレジットエリンシャフ/ニューヨークタイムズ

記者会見で、安倍氏はキム氏と「前提条件なしで」会いたいという願望を改めて表明し、トランプ氏はそのような会見の見込みを歓迎したと述べた。しかし、北朝鮮の指導者はこれまで関心を示していなかった、と安倍氏は会議を進めるための特別なスケジュールはないと述べた。

以前、2人の首脳の間の二国間集会の間に、安倍氏は静かに彼の靴下を調整しましたが、トランプ氏は2年間で北朝鮮から「ロケットテストなし」と「核テストなし」という事実を宣伝しました。

首相の慎重なボディランゲージと言葉の選択は、その地域を綿密に研究するアナリストを魅了しました。北朝鮮の著名な専門家であるビクターチャは、安倍首相が大々的な訪問の後にトランプ氏との不和の出現を避けたいと望み、北朝鮮との今後の首脳会談の希望を維持したままであったと述べた。

「これらの短距離テストが国連安保理決議の違反であるとBoltonが言ったとき、それはこれに関する正しい数学です」と、Cha氏は言いました。大統領の彼は、次のように付け加えました。特に彼が味方と一緒に立っているとき」

月曜日の夜に宮殿で行われた6コースの黒ネクタイ宴会で、皇帝と阿部氏が出席し、トランプ氏はアメリカと日本との関係を「大切な同盟」と呼んだ。出席した家の役人はボルトン氏でした。
<引用終り>__________________

Qアノンを支持したいわたしとしては
日本の代表たる、ナルヒト天皇および安倍総理が
トランプと親しくなることには
なんら問題は無く、逆に
ソチラの流れのほうが
世界の安定・平和に
繋がっていくものと思っています。
とにかく、現在、危険なのは
「中共」&これに与する人物でしょう!
例えば、、、
民主党のジョー・バイデンとか
https://news.line.me/articles/oa-daikigen/7f3585a66082
ところで、現在、世界支配を目論む
中国共産党の姿を
正確に捉えている方が、「中共」を
危険視していますから、、、
■河添恵子#1-1「私はなぜ中国を書くのか?」

■河添恵子#1-2「私の履歴書」幼少時〜女子大生時代の話から1980〜90年代の中国エピソード

■河添恵子#1-3「脳のスイッチ」語学上達のコツと想像と創造

■河添恵子#1-4「社会主義化する日本」恐ろしき中国の国防動員法


<動画のコメントより引用 開始>_________
「自分の頭で考えること」がどれだけ
重要なことなのか・・・河添さんの
強いメッセージがここにあります。
社会主義・共産主義がなぜ崩壊したのか?

それは国民が
労働者=ロボットと化してしまうから。
自ら思考することが出来ず、
ただただ疲れてしまうから、
とのこと。
日本はだんだんそういう社会に、
なっていませんでしょうか・・・?

番組の最後に河添さんからの
ミニコメントあり(必見!)。
皆さま、是非ともご感想など、
よろしくお願いいたします!
番組の今後の方向性を決めるのは、
視聴者の皆さまです!^^

<メモ>
★「国防動員法」(2010年から施行)
中国国内で有事が発生した際に
発令される動員令
個人資産や公共設備などは
政府に徴用される(外国企業も同様)
<動画のコメントより引用 終了>_________

■日本人の大半が、ほんとうの怖さを
知らない共産主義!

■甘い口実に乗せる共産主義!

■政権与党の中にも大勢いる隠れ共産主義!

■人間がロボット化し、
家族愛を奪う共産主義!

■大量虐殺数おそるべし、共産主義!

■いかにも学才がありそうな
共産ブランド志向に弱い
日本のエリート馬鹿!
・・・その騙され価値観に、
いい加減気づけよ、
そして、臭いから!
異臭を放つ、共産主義!

(元をたどっていけば
カザールmafiaが実験的に
つくった奴隷システム
という説あり)

では、また。


スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。