「路傍の石」主人公の吾⼀は最初「文選工」という活版印刷で必要人財であった

Pocket
LINEで送る

こんにちは、\ソウジャ です。/

いつもの道を散歩して草木の色ツヤ
などに心をときめかしていると
ふと、
道端にころがっている
なんの変哲もない「石ころ」に
目を留めてしまいました。

思わず、自分を重ねてしまって、
、、
「おれも、こんな石ころみたいに
目立たずに
世間に何の役も立たず、
ひっそりと、
つまらなく
一生を終えるのだろか?」と

よぎってしまう想念に
・・・
こんな思い
・・・
どこから、来たんだろう?
・・・
「路傍の石」か、、、

こっちの路傍の石は、
作品が未完成だったから
尻切れトンボの終り方を
しているようです。
(第一部だったからかな、、)
https://www.youtube.com/watch?v=VbuflA48jQw
最後まで、辛抱強く
ご覧になった方は
お疲れ様でした。
お付き合いくださいまして
ありがとうございます。

ところで、第二部が
構想されたのでしょうが
断筆で終了です。

(なにせ、軍国主義の
国家なので、自由に
作品がで来ないままで頓挫した
格好でしたから・・・)

さて、
第二部のくだりは、、、
まめななさんによれば、、、

https://ax7.org/literary/mame3518

路傍の⽯のあらすじ
「優秀な少年の苦難」から
引用させていただいました。
<引用開始>__________
・・・⾏く宛もなく途⽅に暮れて
いたところを、⼀⼈の⽼婆に
拾われて吾⼀はその⽼婆の元にて
住み込みで働くようになりました。
そこで、かつての師であった
次野先⽣と偶然の再会を
果たします。

次野先⽣との再会で、
吾⼀はある事実を知ります。
それは、書店の主⼈の⿊川から
吾⼀の学費に
と渡されていた⾦を使い込んで
しまったということです。
泣きながら詫びる次野先⽣に、
お⾦のことはもういいと告げます。
そして、彼の尽⼒により
吾⼀は夜学に通うことが
できるようになり、再び学問への
夢を託して奮闘していきます。
そして勉強しながら印刷所で働く
吾⼀の元に⽗親がやってきて
また迷惑を掛けられますが、
それでも⼀⽣懸命働く吾⼀は
会社でも認められて独⽴します。

<引用終り>__________
吾一が独立したあとの
続きは、どうなったかは
読者自身で考えるしか
ありません。

さて、吾一は、会社で
何をやっていたのでしょうか?

営業職でしょうか
それとも職人?

ウィキペディアで
答を見ないようにしてください・・(ノ∀ ̄〃)/

ところで、
⼭本有三氏は当然、
続きを構想
したとは、思いますが、
滅私奉公的な軍国時代は
「個⼈の成り上がりで成功」の構図
は控えなければ
ならないような時代ですから、
余韻を残して、
筆を止めたのでしょう。

わたし的な想像ですが、、、

・・・妄想開始・・・

主人公の愛川吾一は、東京で
独立して、生計を立て、
その側らで
「学び」続けたのではないか。

そして、逆境にもめげずに
ついには事業を興し
大会社を創くり、社会貢献として
慈善事業など経済的弱者に対して
貢献して、
悔いなく、
一生を終えたとしたい。

彼の一生は辛いものだったが
それは
素晴らしい鉱石の周りについた
苔やゴミ
不純物があって
様々な逆境に有って、
苦労しては
不要な「苔とゴミ」が取り除かれ
ついに、様々な人間と出会って
ぶつかっては
不純物が取れていき
彼の中にあった
「光り輝く」きらめく宝石に
磨きが掛けられていき
ますます、その輝きは
多くの人々を照らし
純粋な光で
癒やしが必要な人々に
その光線を浴びせて
元気づかせた。。。

彼は、臨終の時
「おれに、悔いは無い
思い通りに、生きた。。。」
と思ったに違いない。

・・妄想・・完・・

みたいに。

それでは、小説での、
吾一の職業についての答ですが、、、
ウィキペディアのほうを見てまます。
<引用開始>_____________
・・・
途方にくれていたところで
「おともらい稼ぎ」の老婆に拾われるが、
その手伝いをしていた矢先に
「文選見習い募集」の張り紙を見つけた事で、
紆余曲折ありながらも
吾一は念願の文字を扱う仕事に付き、
次野先生との再会と、
彼の尽力で夜学に通う道も開け、
苦労しながらも一人前の文選工として
成長して行く。
・・・
<引用終り>_____________

という、日常的に
その時代に有りそうな地道な苦労を
重ねながら、活版印刷業界で
最初は「文選工」として
仕事に励んだのでした。。

ダルマさん
ダルマさん

お足を
お出し

自分の
お足で
歩いて御覧

吾一という路傍の石は

実は足の生えた
ダルマさんだった。

人生の艱難を転んでは起き
そして、また転んでは

また起き・・・

そのようにしてるうちに
路傍の石は転がり続け
ころがって起きているうちに

ゴミと苔がすっかり取れて
小さいけど

最後は光り輝く
ダイヤモンドの姿を
現したのでした・・・

では、おしまい。

また。

________________
スポンサードリンク

■小さな活版印刷機 (大人の科学マガジンシリーズ
↓ (商品購入の際は、下記の画像をクリックしてください)

小さな活版印刷機 (大人の科学マガジンシリーズ)
■大人の科学の小さな活版印刷機を組み立てました

■大人の科学マガジンふろくの「小さな活版印刷機」で遊んでみた

■100円ショップの消しゴムはんこを彫ってみた(How to make eraser stamp)

■活版印刷職人・加藤隆男さんの「活字拾い、組版、印刷から裁断」まで

■【落涙注意】『活版印刷三日月堂 星たちの栞』ほしおさなえ

路傍の石 (新潮文庫) 文庫 – 1980/5/27
山本 有三 (著)

路傍の石 [DVD]
淡島千景 (出演),‎ 池田秀一 (出演),‎ 家城巳代治 (監督) 形式: DVD

路傍の石 [DVD]
淡島千景 (出演),‎ 中村賀津雄 (出演),‎ 家城巳代治 (監督) 形式: DVD

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。