兵隊さん、恵まれない僕たちにチョコレートをください

ギブミーチョコレートという言葉をご存知でしょうか?
これは、太平洋戦争終結後、GHQ占領時代の日本の間で、
子どもたちの間で流行った言葉。

「兵隊さん、恵まれない僕たちにチョコレートをください」
と子どもたちが言うと、
アメリカ兵は、チョコレートやガムなどを、彼らに与えました。

子どもたちはこれに大喜び。
大人になってもこの恩を忘れず、
「将来はアメリカのように裕福になり、
米兵のように懐の深い人間になるんだ」
と誓った人が、少なくなかったといいます。

しかしこの話、実はオチがあるのです。
実はこれらのチョコレート、日本のお金で買われたものだったんです。

当時の米軍駐在費は、日本の国家予算の31%を締め、
食うや食わずの国民の血税が、
惜しげも無く投入されていたのです。

つまり、米兵が子どもに与えたお菓子代も、
日本のなけなしの国費から捻出されていました…

なんてことはない、日本人が買ったチョコレートを、
日本の子どもが食べていただけ、という話なのです。

アメリカはおいしい所だけを持って行き、
国民に「アメリカは素晴らしい」という想いを植えつけ、
うまく洗脳していったのです。

そして、アメリカはこれに懲りず、
似たようなことを、日本の憲法制定時にもやっています。

現在の日本国憲法は、アメリカが作ったものである、
ということをご存知の方は多いと思いますが、
またしても、彼らは大きな嘘をつきました。

この米国産の憲法を、
「日本人自身が生み出したものであり、
世界に誇る平和憲法である」
と、当時の日本政府に言わせたのです。

70年経過した今なお、この憲法は日本を苦しめ、
お隣のある国は、それを悪用する始末なのです…

日本国憲法を悪用するある国とは?
↓(クリックしてください)
http://directlink.jp/tracking/af/1364840/CjvFIkYB/

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。