移民問題:日本政府は、グローバリズム化進み、アメリカは、反グローバル化が進む中で、これからどうなるのか?

Pocket

こんにちは、\ソウジャ です。/

日本国内で、在留している外国人が
ますます増えようとしている
流れは、5年後、300万人~増えて
6.6%の伸び率で、増えていく
状況となっているようです。

海外で問題になってる
移民問題と同じ状況になって
しまいます。

そうすると、さまざまな問題が
はらんでいます。

日本だけが、オカシイことに
「多文化共生」社会という
価値観で行こうとしてる
考えかたは、、、、

根底には
私は、「世界共産主義」が
あると考えます。

どうゆうことかというと
「社会や文化」を破壊し尽くして
国家としてまとまりのある
機能を崩壊させようとして
いるのであろうと思います。

つまり
彼らが云う「革命」です。
「多文化共生」社会を目指すということは
国家内を分断してしまおう
としている訳です。

そして、その労働者=家畜
を支配する
社会主義家産官僚支配の
グローバル化を
つくろうとしているということです。

■「ひとりがたり馬渕睦夫」#19 令和の時代に生きる方法 〜元々の姿が一番美しい〜

■「ひとりがたり馬渕睦夫」#20 多文化共生社会のウソ〜各国ファーストこそ世界共存の道〜

■編集後記
世界の潮流が変化して
きつつあるというのに、

日本は反グローバル化へ
進むのではなく、

全く、逆のベクトルへ向いて
進んでいる。

というか、
旧アメリカの世界銀行mafiaの
進める、N.W.O.という
新世界秩序を構築している
方向のベクトルが
今や壊れている
というのに、

未だに
気づかずに、
あるいは無視してか、
旧態依然の新世界秩序へ
進んでいる。。。

なぜだろうと、考えてしまう。

「日本政府」はまるで、
日本人を陥れようとしている方向で
動いているようにしか
観えていないのです。。。
非常にオカシイでは、
ありませんか?

ここ30年位
このことから
わかってきたのは、
日本国内に、
国家内国家、組織内組織である

ディープステートが
はびこっている
ということです。

世界銀行mafiaの
進める、
新世界秩序の仕掛けは
未だに残っています。

その負の遺産が
国家的に、時代遅れで
現在も残っているのが
「戦後民主主義」であって、
それが今でも続いている
ということです。

ところで、グローバリストが
よく用いる
ポリティカル・コレクトネスの概念

「平等化」とか、「差別の撤廃」など
という、使い方を
して、思考停止を
頭から、無理やり被せてきます、、、

これ、日本人として、
平等と差別の本来の意味が
お分かりでしょうか?

■第6回 平等も差別も翻訳語!? 〜元の意味から変わる言葉〜 【CGS 翻訳語】

仏教での「平等差別」はすごく
奥深ーい世界で幽玄の

有の錯綜、無の大道。
だったのですよね、、、
つまり、
なんか、老子の
常に無欲であれば妙なる大道を観るけど、
常に有欲であれば錯綜した現象を観る。

に通ずるようです。

結局、「男女平等」を振りかざし
持ち出して、アピールしている
ような・・・

たとえば、、、
本来の「平等差別」の概念を
知らない、在日の
女性国会議員の
総理大臣に詰め寄る姿が
どうりで、日本人から見て、
何かが「エグい」
と感じるということ
なのであろうか

人は、あるがままで
良いんですよねぇ。
これが、大道!

何かをやろうとか、
策を捏ねて
やっつけてやろうとか、
「ギャフン」と云わせて
やろうとか、
勝ってやろうとか、
有欲なやつらには、
結局、
錯綜した結果しか
出ないことになってる!

今、日本人は、やられている
ということに
気付きましょう

早く、
国民のみなさんは
これに気づいて、
改めて
築きましょう。
生きましょう。
意識しましょう。
美しく、凛として
き然とした態度で、
日本となるように
復古しましょう。

では、また。


スポンサーリンク
↓↓↓(クリックしてください)