【世界の大転換】GESARA世界が変わる時⇒「壮大な嘘の物語」の結末

Pocket
LINEで送る

こんにちは、\ソウジャ です。/

YOYO555MAXさんの動画より
下記の動画がありましたので
置いときます。
■【世界の大転換】GESARA世界が変わる時。

上記動画で、話している
文言について、以下、文字起こし
しています。。。

「文字内の「⇒」先は、キーワードを
検索した結果を示しています。」

<文字起こし開始>____________
皆さんこんにちはようよです。
今回はヨーヨのつぶやき
コーナーです。
ぶつぶつ呟く、コーナーでおそらく
いつもの動画配信内容とは
全く違う印象になると思い
ます、それでは始めます。

【Qanon について。】
Qについては、
まさに驚きの連続でした、
最初は半信半疑で、
「どこかの奇妙なトランプ
応援者のいたずらが、
昂じて、世間に広まったのだ」
とも思いました。
しかし決定的な一団が世界の
心臓を打ち抜きました。
「ジュニアの帰還」です、

この出来事は私にとって、
人生の中の大きな
光になりました
それから彼のことを調べた、
そして父親ケネディのことも
忘れることはできません
調べて、
彼らのスピーチや写真を
調べ上げました、
これはほとんど
衝動的な行動でした、
何か、そこに真実があるような
気がしてたまらなかった。

アノニマスが配信した
2016年の
選挙戦の様子を徹底的に
見返しました、それは昨年の
10月頃のことです、
そして私は確信したのです、
「ああ!これは本物だ」

We are the planについて。】

このQたちの作戦であり、
マニフェストであり、
本来なら水面下で守られるべき
戦術を、Qたちは最初から堂々と
カバルたちに
http://codasatoatz.blogspot.com/2018/02/blog-post.html
見せつけていました、
この手法は前代未聞であり、
アメリカだけでなく、
ヨーロッパでさえ
変えるほどの
インパクトがあった。
私は完全にQの発信する
情報の虜になっていました。

【疑う気持ち。】
ただ、
Qに対しての期待は自分の中では
完全なものではありませんでした、
考えても見たら、
これまでグローバリスト勢力が
行ってきた悪魔の所業を
振り返ると、
「この壮大な嘘の物語」
という結末さえ、
容易に考えられたからです。

【Qの2018年革命。】
これは2018年に前半の
すべての出来事が表面化して、
私たちにも見えるように
なっていました。
一番わかりやすかったのは
10月のジョージソロスの
アメリカ市場からの資金の
引き揚げ
でした。
http://www.globalmacroresearch.org/jp/archives/5228
https://www.globalmacroresearch.org/jp/archives/7859

これは、ネットでは
アメリカメジャーメディアが
多いに報じた、
そこで思ったのは、
株市場はこれから混乱する、
おそらく
「事の始まりのサイン」
であると思いました。
そのころのアメリカ政府の
動きはまったくもって、
前代未聞の出来事が続きました。

シリア、中東からの軍の引き上げ
https://www.meij.or.jp/kawara/2018_095.html
NATO(北大西洋条約機構)からの
脱退表明、

https://www.bbc.com/japanese/45931910
国連からの脱退表明
http://ur0.link/pweC
司法長官交代(代理ウイテカー)
https://jp.reuters.com/article/usa-congress-whitaker-idJPKCN1PA0DH
マティス国防長官辞任など、
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/55120
その出来事はまさに、
現政府内から
過去の支配者が組んだものから
手を引くという、
「内側からのクーデター」に
見えました。

このことから、これまでのアメリカの
国際的に暗躍していた
軍産複合体の内部に
衝撃が走ったはずです、
戦争に戦争で発展してきた、
「世界最大の軍事大国
スーパーステイトアメリカが
生まれ変わろうとしている。」
私は本当にそう思いました。

【嵐の前の静けさ】
昨年の12月21日から始まった
アメリカ政府の主要機関の
シャットダウンはいつもの
予算修正案に対してのもの
ではありませんでした、
これは主要部門から
長期間の人払いを行い、
おそらくはその間に、
アメリカ政府国内の
事前に調べ上げられた
問題点の証拠を
洗い出すための
ものだった
のだろうと思います、
それらは調べ上げられて
量子コンピューターに
保管されたと思います。

【激烈な職務をこなすトランプ大統領。】
考えても見たら、
トランプが大統領に
なってからの、
アメリカで起きた、
地政学的な出来事
は、
http://ur0.link/VQKI
大変奇妙であり、
ミステリーの連続でした。
カリフォルニア火災

これは例年起きる
決して珍しくない
季節風による山火事では
あるんですが、
2018年の火災は別物でした、
それは大変
疑わしいものでした。

アノニマスたちは、
寄せられる火災現場の写真を
内部フロアで拡散しました、
飛行するヘリの目前に光る
レーザー光線、
ヘリーは回避するように
機体は揺らいでいた、
その下に広がる炎の海、
火災の発生地点は大きく
二つの街にまたがり、
その周辺や区間にも、
飛び火とは思えない出火地点が
点々と続きます、
これは私の目から見ても
自然の火災では
ありませんでした。

【フロリダ、カリフォルニアを
襲った巨大ハリケーン。】
同じ2018年のフロリダを襲った
史上記録的な、台風被害
は、
とても分かりやすい、
「人工的な気象操作」
による攻撃でした。

人工衛星写真に写った
台風の写真は驚くものでした、
それは巨大な台風が
4つも並んでいました、
こんなことは過去に
一度もありません。

そしてそのすべては
フロリダとカリフォルニア、
メキシコを襲いました。
そこはまさにメキシコ壁問題に
対しての軍産複合体の抵抗
ではなかったのかと
考えています。

大陸を観察する気象衛星がとらえた
電波エネルギーによる雲の
データから、長期間にわたって
南極から何らかの電波が
このハリケーンの発生に
関わっていることが
指摘されています。
以前はカナダ領のグリーンランドに
あったHAARPは取り残され、
新しい施設が南極に
建造されています、
強力なFR電波を発することが
できる軍事基地です。

HAARPでの大気電離層への
電波発信による気象操作は、
ケムトレイルとも
大きく連動しています。
ここ10年間は日本でも
ウロコ雲が多く目撃され、
それらの雲は2層に
広がります、
およそ1万メートルから
8千メートルの高高度では
白い雲が平らに広がります、
その下に黒っぽい雲や
グレーの別の雲ができる、
また、様々な雲の形体を
作ることができるようです。

これほど明確な変化が地球に
人工的に行われているにも
かかわらず、それらを言及する
日本のメディア、書籍、新聞、
政治家は一つも出てこないばかりか、
YAHOOのニュース欄では
「飛行機雲をケムトレイルと称して
無責任な発信をする陰謀論者が
増えている。」という
社説のようなものがあるだけです。

YAHOOは日本の、軍産複合体、であり、
DARPA、国防高等研究計画局、の下請け
http://stopthesheeplelife.blog.fc2.com/blog-entry-37.html
会社である、ボストン・ダイナミクス社を、

買収、しています、
そこでは4足歩行、二足歩行の
AIロボットが開発されている、
この調印にはトランプ大統領が
立ち会っています。

私はこれらの技術がレーザー光線を
搭載した、戦争のコマンドとして
開発されていることを知っています、
転用は容易です、
誰が抵抗できるでしょうか?
レーザーの一振りで
どれだけ人間を殺すことが
できるでしょうか?
この開発の先に何があるのか、
よくよく見ていく必要が
あります。

【ヨーロッパで起きている
革命について。】
今起きていることは革命だろう
と思います、
ヨーロッパの国々の、
フランスはパリ中心地区で
現在も火の手が上がり、
警官隊と衝突する民衆がいます。
スペインは政府から偏見を持たれた
ペルージャ地方が反発して
自分たちの国を作ろうと
しています。
それは「史上最大のデモ」です。

この、バルセロナを含む
歴史ある地方は
スペイン政府の強硬的な弾圧とも
いえるデモ隊阻止がなされ、
高齢者、女性、関係なく髪を
掴まれ引き倒され、
階段から突き落とされ、
棍棒で背後から叩かれ、
ただ一人抵抗する
お年寄りでさえも
7人の警官隊によって
殴りものにされています、
これが、スペイン政府の
民主主義の本質です、
スペインはペルージャ地方を
手放さないでしょう。

この
フランスとスペインの革命にも似た
市民の抵抗は
ほとんど日本のメディアでは
本格的に報道するところは
ありませんでした、
これはGAG命令(緘口令)が
敷かれているかのようでした。

この光景は
80年代の中国を思い出します。
その時は
戦車隊が民衆の中に進み入りました、
どれだけの人が政府の従輪に
下敷きになったでしょうか?
中国政府はチベット地方、
ウイグル民族、また法輪功に
関係する人たちを弾圧しています、
これは弾圧ではなく、
現代の「アウシュビッツ」です、
アメリカのペンス副大統領、
そしてトルコ政府も今年に
入ってから公式の場で抗議声明を
出しています。

世界はファシズム化しているようです、
日本はどうでしょうか?
少なくともメディアはすべて、
外資系のスポンサーによる
メディア支配となっています、
ジャーナリズムは広告費で
雇われていて、
本当のことは微塵も発しません、
ただただ、彼ら支配者たちの
宣伝をするだけです、
そして政府です。

あの東日本大震災から、数日前に
8年過ぎました。
8年前のその後に日本政府が
決定した事柄があります、
インフルエンザワクチンの
2回接種の推進、

子宮頸がんワクチンの
TVコマーシャル開始、
マイナンバーカードの実施、
GMO遺伝子操作穀物使用の
表示義務の撤廃、
それ以前に決まっていた
外国人受け入れ法案の推進、
これらは一つの窓口から
推進され続けました、
CSIS」です。
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=308790

私たちの日本はヨーロッパのような
激しい抵抗運動も起きません、
たとえ年金問題で
国民の半分もの年金が不正に
間違った記録になっていて、
本来得られるべき保障を減らされて
いても、日本人は行動を
起こしませんでした、
これは
政府を信用しているのではなく、
すでに諦めていることの表れです。

この国は現時点で
アメリカ州日本です、
スーパーステートのハイテク艦隊の
基地であり、日本の工場で
F35を生産開始しています。
限定核爆弾を装備したアメリカ軍の
戦闘機が一体何機配備されている
でしょうか?
横田基地には国連軍という
名目の「人民解放軍」の部隊が
常駐しています。

北朝鮮には長らく核開発による
馬鹿げたミサイル威嚇にさらされ、
その間日本政府は「Jアラート」や
対空ミサイルや、対空レーダーを
アメリカから購入しています、
そしてで政府の主要人物の1人は、
その北朝鮮の都市開発において、
外国企業と共同出資した
セメント会社をつくり、
大きな利益を上げています、
つまりその時期に、仮想敵国の
都市開発を支援して利益を
あげているのです。

この馬鹿げた政治や世界は、
ただ利益と支配力の奪い合い、
資源の奪い合い、
が繰り広げられています。
国民は疲弊するだけです、
意味もなく外国人を
入れることによって
パートの仕事は
外国人に奪われます、
なぜそんなことが公然と
決定されるのでしょうか?
私はそれこそが
ファシズムだと思うのです。

【GESARAについて】
最後に言いたいことがあります、
ゲサラはこれまで夢物語でした、
ネット上ではゲサラが起こると
1000万円もらえるとか、
などの一人歩きした馬鹿げた
話も話題になりさらに
絵空事の話ということで
馬鹿にされてきた話題です。

現在を見てください、
この世界は金融危機の
中にあります、
日本の負債は1,100兆円を
超えます、
アメリカは20兆ドル余りです、
ドイツ中央銀行は今にも
破綻しそうです、
世界中の中央銀行は金融破綻を
見込んでゴールドの買い付けに
必死です。

これは何が起きていますか?

これは金融破綻時の対応行動です。

そして「GESARA」は破綻を避け、
新しい金本位制の体制に戻すことで、
世界の通貨の価値を再び
見直すでしょう、
株式は新しい価値基準に従い、
一度は混乱と暴落があるかも
しれませんが、また新しい
システムを得て活動するでしょう。
その間私達にはゲサラの発動は
知らされることはないでしょう、
それは静かに進み、
お金という人類の血液は
全て入れ替えられます。

はい!
ここまでのヨーヨのつぶやき、
いかがでしたか?
何をいつまで
ぶつぶつ言ってるんだって?
まあまあ!そう呆れずに、
このつぶやきに出てくる主要な単語を
日本語や英語やスペイン語で検索して、
翻訳して読んでいけば、
かなり面白いですよ、
その辺の大作映画よりも
はるかにエキサイティングで複雑で、
しかもすべて現実です。

このゲサラについてのお話の
最終ランディングは皆さんが
驚くようなものであるので、
今回は何も触れていません、
あまりにも人類の着地点には
信じられない世界が
待ち受けているようです、
そのことに関しても、
「開示」としていつか
つぶやこうかと思います、
それでは長い間ご静聴
ありがとうございました、
さよなら、さよなら、さよならー

YOYO555MAX

<文字起こし終了>____________

■編集後記
ところで、ジョージ・ソロス氏は
2018年2月の世界同時株安の後、
「われわれは
次の大きな金融危機に
向かっているのかもしれない」
というコメントを残している。
通貨リセット

意識してのことだったのか??

ソロス氏のコメントで、
謎めいた、妄想内容が
あったので、紹介しますと、、、
http://ur0.link/ybwcより

ソロスは、自分自身を
「救世主として見ている」
と繰り返し語っている。

誰が誇大妄想だけで、
このようなコメントを
するだろうか?

「私は自分の自己意識の
誇張された見方を常に
抱いていたことを
認めています。
それは、私は
自分自身を何らかの
神のように思った」

とか
「私は幼少時から私に
はっきりとした救世主的な
幻想を持っていました。
コントロール
しなければならない
と思っていました。
そうでなければ、
私は精神病院で
終わるかもしれません。」

とか、、、
悪魔は、とかく
自分自身のことを
「神」と呼んでいます。

気をつけましょう。!

本当の神は、自分の事を
自分では云いません、
その代り、
聖人や天使たちが語ってくれます。

では、また。


スポンサーリンク
■あいのり投資 一生お金の不安から解放される億万長者の投資術 / 多根幹雄 【本】

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。