犯罪の温床になっている医療NGO_Planned_Parenthoodの真実

Pocket
LINEで送る

こんにちは、\ソウジャ です。/

私は、最近、身近な人たちに
もし、入院したら、
「臓器売買」の餌食になる
可能性について、
いくつか注意しています。

・目付きが悪くまるで、
ゾンビのような雰囲気の
看護師がいる。
とか
・患者の顔を見ない医師
とか
・やたら、手術にこだわる医師
とか
・事前説明のない医療処置
とか
・・・
■【樹林】Qアノン
③ 犯罪の温床になっている米医療
NGO Planned Parenthood
の真実 Part 3

■【樹林】Qアノン
② 犯罪の温床になっている米医療
NGO ~ Planned Parenthood
の真実 Part2

■【樹林】Qアノン 
犯罪の温床になっている米医療
NGO ~ Planned Parenthood
の真実 Part1

しかし、日本にも
ありましたよ、、、臓器奪取

まだ、生きていたのに
犯罪医療によって、
各臓器が抜かれて、
殺されていたとしか思えない
ケース。

奥様が、証跡を動画で
見せていました。。。

ツイートテレビニュースより

<引用開始>_________
私の夫は病院の看護士に臓器
欲しさで東京都内の病院のCCU
で殺された。

以前より心臓が悪かったが、
大きな問題はないようだった。
一応、バイパス手術が必要との
ことで手術を受け、その後、
ICUに一週間いた。
そんな、ある祝日の夜、
どういうわけかCCUに移され、
看護士などと大声で怒鳴って
喧嘩をしていた。ICUの時と
同じく、夫の食事の世話をした。
別れ際、その部屋の出口から
出ようとしたら「おまえには悪い
ことをした。とにかくなぐっても
いいから!」大声で叫んだので、
びっくりしたものの
「また明日、早くくるから」と
言って出た。妙な気がして叔母に
電話して帰ろうとした。
でも、やっぱり気になったので
、もう一度夫の様子を見てから
帰ろうと思い、戻ってみたら、
看護士が夫に馬のりになって
首を絞めていた。
(6時45分頃でご主人と別れて
15分ぐらい後の出来事)
「何かあったんですか」と
傍らに立っていた婦長に聞いたら
「さっきわかりますか、と聞いた
らわかります、と返事はあった
のだけど」と、言葉を交して
いたら「大変なことになった」と
宿直医が目の前を逃げて行って
びっくりした。
看護士が「先生にすぐ電話
しますから出ましょう」と部屋を
出るように促され、その場には
ものの5分もいなかった。
夜7時20分ごろ医師が現れ
「胸を開いていいですか。
これ以上切り刻んじゃあ
かわいそうだが」と聞いてきて
びっくりした。

若い2人づれの女性がクーラー
ボックスを2往復して運んで
いった。

一番、ショックだったのは医師に
CCUに通され、目に眼帯が
あてられ、まだ胸はぴくぴく
動いている夫を見たときだ。
(夜11時40分ごろ)
医師は「もう脳死状態です。
死亡時間をいつにしますか」と
聞いてきたが、
「何をしたのよ、あなたたちは」
と問答が続いた。ベッドも
変えてない、と言い張るものの、
小さなベッドに変わっていた。

「とにかく処置がありますので」
と言われ、また部屋を出され、
次に見たときは白装束に身を
包み合掌した夫の姿だった。

出目の夫の目が妙に窪んでいた
ので気になって開いてみたら
義眼が入れられていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

医療ミスによる民事事件じゃ
ないのでは?
もしかして、これって
殺人事件では?
(^_^;)

<引用終了>_________

■編集後記
とんでもない話です。
生きている人間が、老若男女に
関係なく、チャンスさえあれば
虎視眈々と、臓器が
狙われています。
出産したばかりの赤ちゃんの
呼吸を止める行為は
「殺人」でしょう!
これを中絶と呼ぶのは、
キチガイとしか思えない。
世の中、文言を変えて、
様々な悪行が行われています。

お互いに
気をつけましょう!

では、また。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。