「日本病の正体(3)」大西つねきの週刊動画コラムvol.66_2019.2.25・・・土地問題だった、、、

こんにちは、\ソウジャ です。/

フェア党代表の大西つねき氏の
週刊動画コラムより、置いときます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今週のテーマは
「日本病の正体(3)」です。
今週は今まであまり言って来なかった、
日本の土地の問題について
話しました。
これは決して避けては通れない
大きな問題なのです。

■2019.2.25
「日本病の正体(3)〜土地問題」
大西つねきの週刊動画
コラムvol.66

いやぁあ、「つねちゃん」声が、ガラ声です。
さぞ、頑張ってトークされた痕のノドが
痛々しく感じます。。
ご自愛下さいませ。

■編集後記
人間、生きてくのに「衣食住」ですよね。
昔の奨学金学生は、バイトしながら
木賃宿みたいな、、
安普請(やすぶしん)のところに
住んでどうにか、卒業まで
頑張っていたような
物語がありましたけど、

もう現在は
住むアパート代にしても、
「安くありません」

金持ちでない、普通のこどもが
都会の生活で、大学を卒業する
というのは、相当な
借金を負うことにもなります。
ましてや、
別話になってしまいますが、
日本の大学生がバカ化してます。
昔の高校生ぐらいになってるくらい
自分でモノゴトを考えられない
ような状況が、
見受けられているようです。
・・・

(こうなった理由は、私は分かっています。。。)

話を戻して、

それでなくとも、このご時世で、
子供の6人に1人が貧困者で
有るという数字事実は
何を物語っているのでしょう。

動画でも仰ってるように
借金地獄になって、社会全体の
借金が、すべての利息に
拍車がかかって、
すべての何かにつけて、
金利を払い続けている訳です。

要するに、
昔から、極一部の「ヤツラ」が
カネ持ってるやつが
さらなる「勝ち」みたいな状況に
結果格差が出ている状況です。

したがって、この悪循環から脱皮
するためには・・・

■土地の売買については、
金利・手数料はゼロにする。
禁止令を出す。

結局、
お金とか政府の借金財政とかは
「こども銀行」に過ぎない
ということです。

日本人の殆どが、
オママゴトの
落ち葉の葉っぱの
「こども銀行券」に、
魔法をかけられて、
それで、なんでも
購入できると、
思い込んでる、
裸の王様同様に、
気づいてないんですよね!

本当に価値の有るものを

「こども銀行券」で
実際に売り買いしてる
ことに、気づいてほしいです。

では、また。
スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。