「日本病の正体(1)」 大西つねきの週刊動画コラム vol.64_2019.2.11

Pocket
LINEで送る

こんにちは、\ソウジャ です。/

フェア党代表の大西つねき氏の
週刊動画コラムより、置いときます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今週から2〜3回にわたって
「日本病の正体」について説明します。
今の現状を把握することが
未来への一歩になります。
普段講演会で話していることですが、
動画コラムでは
細切れのトピックになっていたので、
少しまとめて
説明することにしました、。
■2019.2.11
「日本病の正体(1)」
大西つねきの週刊動画コラム
vol.64

■編集後記
まず、給与が上がってない!
この件では、
下記のように、フリップがありますね。

統計資料を云々言う前に、身近な家族に
31年経った現在も、初任給が同額だなんて、
オカシイデショ!
あれだけ、マネーを世の中に供給してるハズなのに
おかしいです。
31年経過した、分のマネーストックは、
どこへ消えたんでしょう!!!

それに、オカシイのがもう一つ!
日本政府が、
国民から
約1000兆円を
借りているんですから、
お間違いの無いように!
さらに、日本国は世界じゅうに
お金を貸しているのです。
債権国ですよ。。。
<証拠>
https://www.mof.go.jp/international_policy/reference/iip/2017_g3.pdf

ところで、、、
現在、6~7人に1人の割合で、
未成年の子供たちが、
貧困にあえいでいると
大西代表は仰っていましたが、、、

一方で、
年金給付を充分に受け取り、、
毎日、ジムで
トレーニングで汗を流し、
体力をつけて、挙げ句に、
汗後の優雅なリッチ食事や
飲酒を楽しんでいる風景を
見かけます。
そんな、不労所得者の
ジジイとババアが
自分だけの
人生の夕日を
楽しんでいます。
そして、彼らは、
貧しい人を見ても
なんとも無表情で、
なんとも無関心で、、
なんとも無味乾燥で、、、

他人は他人。
自分は自分、
と割り切り過ぎで、
そこに対人の関係性は
全く、ありません。

こんな感じの世の中が、どんどん
進んでいくと、怖いですね。

だって、
ソウジャないですか!

例えば、お隣で、
「不幸」や「祝い事」が
有っても、何の反応も、
お声がけも無く
ロボットのように
タダ・只、普段の
お決まりの挨拶だけ
繕って交わすだけの
間がら、が、
ほとんどですよね。
特にアパートや
マンションぐらしは!

そして、何か事件性があると
隣同士で、
「監視」し合うんですよ。
そのように社会全般が
空気を造ってる感じです。

キモチワリイィイ・・・
ゾンビ化
進行中かもです。

ところで、
「オシャおじ & オシャおば」と
呼ばれている人種が居ます。
彼らは、年金をもらう年齢まで
達していませんが、、50代初老です。
不労所得でリッチな生活をしています。
その構造をココに置いときます。。。

http://qq2q.biz/Qlp1

とまあ、このような方々は、、、
6~7人に1人の割合の、
貧困未成年の子供たちを尻目に、
温々(ぬくぬく)と
お暮らし遊ばしておられます。

そして、
今回、大西代表が掲げた「日本病」
これって、
かなりヤバイキーワードだったんですねぇ・・・
だって、、、石井紘基議員の刺殺事件まで
なった、あの「特別会計」のちょろまかし
を石井紘基氏が原因追求して、
国会へ公表しようとした矢先の
暗殺でしたからね。。

多くの国民は国の会計は議会の承認を
得る一般会計のみだとばかり思ってる人が
今でも多いのではないかと感じます。
石井紘基議員は、議会の承認を必要としない
特別会計が
その2倍あり
「官僚によって恣意的に運用されている」
と国会で、怒鳴ったんですよ。
つまり、日本は旧ソ連のコミンテルンと
同じ家産官僚統制経済であり
官業がGDPに占める割合が大きく
民業を圧迫しているのです。 
2000年以後のアメリカ財政は
実質的に国家破産状態であり、
実は、これを救っていたのが
日本の「特別会計」からの
流用金だったという。 
ネオコンである
ブッシュ大統領らが進めた、
アフガン戦争やイラク戦争の
大半の費用は日本が捻出して
援助していた。
そのことは、多くの
アメリカ人は知っていた。
そして、日本人が、
そのように裏からカネを出して
多くの殺戮をやったんだ!
・・・という、
反感を一部のアメリカ人から
抱かれていたことを
あなたは知ってましたか?
「知らないのは日本国民ばかり」でした。
この点も、現在のトランプ政権で、
9.11の開示と同時に開示して
欲しいものです。
なので、この戦争経済のからくりを
証拠をつかんで暴露し、
日本経済の構造改革のために
石井紘基氏は25の提言を行いました。

是非、大西代表も
総理大臣になったら
これを
参考にして実施してほしいと思います。
日本の表の経済と
裏の経済の間には
国会議員も踏み込めない
ベルリンの壁があるといいます。
日本では議会制民主主義は
すでに形骸化しており、
様々な法案が
ハニトラ・マネトラで、
国会議員が麻痺させられて、
官僚独裁国家であるという
彼らの都合の良いように
法案が次々成立されております。
そして、マネーの行き着く先は
グローバル金融mafiaの組織に
流れていくのです。

つまり、原爆の対応の時と同じく
日本内部の組織内組織である
ディープステートらが、
アメリカの組織内組織の
ディープステートへ
資金が流れていくという
寸法です。。。
そのからくりのネックが
「日本の特別会計」という
わけでしょう。
殺害者は、着手金3000万円、
成功報酬1500万円を受け取ったという。 

これだけの大金を用意できるのは誰か。 
日本でも司法取引ができるようになった。 
刑の軽減と引き換えに依頼人の名前を
聞き出すことはできないのであろうか?

たぶん、できないでしょう!
なぜならば「空気を大切にしてる」
国民性だから、
それも「日本病」でしょう。

日本も旧ソ連のように
財政破綻によって
崩壊するのであろうか?

日本政府の借金は
1000兆円を超してます。。 
米国の借金は2京円を超します。 
大国はすべて財政破綻によって
滅亡していくというのが、
あの最強にして、最大の
ローマ帝国の滅亡だったわけで、、、
アメリカも同じ轍を踏むことに
なるでしょう。

まさか、大西代表が、多くの日本人が
タブー視している、、、
『特別会計』にメスを入れる!
ことになるのですか???


次回のお楽しみです。。

さて、
やはり、日本自体がこのように、
なんというか
他人は他人、自分は自分という
冷たい分離感と云うか
空気感と云うか「日本病」ですかね・・・

GHQがもたらした、戦後の教育の
影響というか・・・
根本にはコレが災いの源のように
感じます。

まあ、御覧ください。
■【宇宙海賊辞書】亜空間知能(入門編)

あなたも、ぜひ、人と関わるように
しませんか!

では、また。


スポンサーリンク
 ↓ ↓ ↓(クリック)

■日本が自滅する日「官制経済体制」が国民のお金を食い尽くす!【電子書籍】[ 石井紘基 ]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。