Qアノンによる大量逮捕とNESARAの発動について・・・現在、世界的に通貨リセットが掛かる準備がされています。

Pocket
LINEで送る

こんにちは、\ソウジャ です。/

皆さん、びっくりしないでください。
現在の日本は、
明治維新以降
まったく経験したことのない
と云うか、通貨経済を
日本という国が始まって
以来の「通貨リセット」の
動きが先のダボス会議で
決まった様子です。

あなたは、たぶん
まったく知りませんよね!

通過リセット?
なんのこと・・・って思った方は、
説明いたします。。。

つまり、
「世の中のお金の価値」を変えて
しまうということです。

どうゆうことか?

現在の世の中に
出回っているお金の価値を変える
ことになる、と言われています。

なぜ、変えるのでしょうか?

簡単に乱暴に言いますと、、、

世界の人口の1%の人らが、

あぶく銭を独り占めにして
世界の世に、銭を流さなかったから。
99%の人たちの救済です。

その1%による独り占めの
影響が大きくなり始めてるのが、
「貧富の格差の増大」
現象となってきています。

特に人口の多い層は
「サラリーマンやOL」の
中間層が、最近、
■税金UP
■給与の定昇やベアも極小か無い
■物の値段がUP
■中小企業の倒産に伴う再就職の困難
■加えて、弱小銀行の倒産が見込まれ
上記に拍車がかかる
ということで、普通にサラリーマンを
やっていて、真面目に仕事をしていても
「クビ」となってしまう状況が増えてます。

こんな、
日本じゃなかったのに・・・

いったい、何が?

と、思うでしょ。。。

半分、私達「ド庶民」が悪いんです。
安倍政権ばかりが悪者のように
みんなで糾弾してますが、、、

まず、己を踏まえてみたことが
ありますか?
と云いたいです。

何を云いたいか?

「あなたは、こんな日本になる前に
何か、しましたか?
オカシナ野党や与党に
投票しませんでしたか?

夏のさなか、会社から帰ってきて、
ビール片手に、
のんきにTVスポーツを観戦
してませんでしたか?

その試合を夜間深夜まで見て寝不足も
程々に、会社に行って
同僚と昨夜の試合に
ついて話しませんでしたか?」

今流行りのチコちゃんじゃ
ありませんけど
「ぼけーっと
いきてんじゃあねーよ」ですよ。

そんな、暇が有るんだったら

あなたのお子さんが
10年後、20年後に

あんたのように生活できる
ことはまず、「無理」である
ことぐらい、
わかりませんと、
将来の子や孫は、
生きるのに非常に難儀な
時代に突入します。

そのへんを察知して
親として生きる選択とは
何かを
考える時期ではなかったか?
と思います。

(まあ、無理か?
オヤジもジジイも
そうやって、育って
きたんだから・・・)

要するに、わたしたち
「ド庶民」は、固定観念を
植え付けられたんです。

特に戦後の父母たちは、戦争時の
苦労を子供に掛けまいと
「過保護」に育て、
そこにアメリカンナイズされた
「誰でも、
成功するよ、
自由だ!・・・」
みたいにされて、

分別のない
「子供」が育ち
その子らが、
今度は親になって
またぞろ、
分別の無い子が育ち・・・

蓋を開けてみたら

日本人の多くが
「腑抜け」
「腰抜け」
頭でっかちで「キレやすい」
バカモノやバケモノを
多く製造して
しまっている。

上記の日本人を「バカ化」する
政策をなんというか
ご存知ですか?

GHQが用いた、政策「3S」
と云うんです。

Sex
Sports
Screen

の頭文字です。
このジャンルに日本人を釘付けに
することで、
必ず、「民度」が下がり
バカな日本人がいっぱい
製造されるって訳です。

観て分かりますよね

異常な性の氾濫と
ストーカー殺人事件の続出。。

熱狂するスポーツ熱
最近はx x x も加わって・・・

そして、戦後から変わらぬ
映画やTVによる思考に与える
刺激とその影響。

夢中になればなるほど
「バカ化」します。

いや、完全否定はしません。
なんでも、そうですが
程々に注意選別して楽しむには
良いですが

度が過ぎると
「自分で思考する
事を止めてしまう
習慣がついて
しまいますから」
危険です。

その結果、様々なことが
1%の支配者層から人口削減の
ための「間引き」が
以前からも行われ、現在も
続いていることも
知らなすぎる人が多い日本人。

この間引きのことを
「ソフトキリング」といいます。

3Sで侵された大人が、
子供を守ってやれる
わけがありません。

ちなみに、一例を挙げてみます。

これって知ってましたか?
■インフルエンザワクチン、
打ちますか?打たせますか?
ギランバレー症候群との因果関係

■2018年12月15日
ほのかの会
宗像久男先生 船瀬俊介さん

■河添恵子#8-2 ゲスト:馬渕睦夫★ディープステートが支配する世界

「まさか? と思う、あなたの
お子さんが、殺される可能性は
否定できません!!!」

私達は、権威に弱いですよね
なぜですか?

あなた自身の頭で
考えないからです!

あの人たちの多くが
利権のために
「嘘をつくのです」

いつまでも、他人事のように
知識も知恵も自分で学ばない人は
今後の様々な、障害から身を
守る術を持たないことに
通じ、選択できないのです。

信頼のおける専門家のお話を
聞くことも重要です。
たとえば、、、
■安保徹先生「がんの謎が解けた!
鍵はミトコンドリアにあった!」
ワールドフォーラム
「統合医学を結ぶ!」シンポジウム

ところで、何かにつけて
絡んでくるのが
お金=マネー=「貨幣」です。

そこで、、
重要キーワード:
貨幣発行権です!

話を戻しますが、、、

最近、イギリス国民が
EUを離脱
したがってます。

そもそもイギリスはなぜEUに加盟
していたのか?
「世界史の窓」さまより
引用元:https://www.y-history.net/appendix/wh1701-055.html
<引用開始>___________
イギリスのヨーロッパ共同体(EC)
加盟はフランスなどの反対で拒否
されていたが、
1973年、オイルショック後の
世界経済が変化したことによって
加盟が実現した。

イギリスは1957年に結成された
EECに加盟せず、1960年には
それに対抗して
EFTAを結成するなど、
独自路線を歩んだ。
しかし、EFTAは工業力で
EECに対抗できず、イギリスは
輸入超過に悩み、経済不振に陥った。
そこでマクミラン内閣(保守党)は
方針を転換して1963年に
EEC加盟を申請したが、
フランスのド=ゴールは
イギリスの背後にある
アメリカ経済の影響力が強まる
ことなどからそれに反対し、
イギリス加盟は失敗した。

加盟実現の背景

次いで第1次ウィルソン内閣(労働党)は
1967年にポンドを切り下げて
貿易収支の改善を図ったが
なお事態は改善されなかった。
1971年のドル=ショックで
アメリカ経済の後退がはっきりしたこと、
さらに1973年にオイル=ショックが
起こり欧州経済統合の拡大に
迫られたことなどから、
同年、ようやくイギリスの
ヒース内閣(保守党)の時、
ヨーロッパ共同体(EC)加盟が実現、
拡大ECと言われるようになった。
1975年に第2次ウィルソン内閣
(労働党)はEC残留かどうかを
国民投票に問い、残留が承認された。
その後のサッチャー政権
(保守党)はEC統合の強化には
消極的で、通貨統合には反対し、
イギリスは統一通貨ユーロを導入せず、
通貨はポンドをそのまま使用している。
<引用終了>___________
ということで、、、
このEU離脱のことを
「ブレグジット」と云ってます。

なぜ離脱か?
コチラをどうぞ
■イギリスのEU離脱の裏話と、
2ヶ月後に世界同時株安が起こる!?
合意なき離脱がリーマンショック級の
最悪のシナリオになる理由
ブレグジットとドイツ銀行破綻とCDS
アイルランド国境問題

このような見解もあります
■イギリスEU離脱がヤバイ理由

アイルランドの抜き差しならない
問題もありますが、、
また、イギリスがEUに入った割には
ポンドを使い続けてることも
あってか、イギリスより
劣る経済国の人間がイギリスに
大勢移動流入して来た場合
あのドイツのように
イギリス国家内部に
問題が浮上して来ます。

・雇用者の人権問題
・労働力の質の問題
・治安や民族の問題
・生産力の問題
・EUに対するイギリスの収益配分の問題

なんか知りませんけど、
見えない力で、裏から
「ごちゃごちゃにしてる」って
感じですよね、
為政者たちを使って、、、
(ハニトラ+マネトラ=不正です)

とにかく、現在は、
■中国とアメリカの経済戦争
■イギリスのEU離脱問題
■アメリカの国境の壁問題
以上の3つが、
世界的に
注目されているところでしょう。
しかし、いずれも

あっと驚くことが、隠されている
ようでなりません。

それが

「Qアノンによる大量逮捕とNESARAの発動」です。

今回は、「ゆきんこの勉強法 | 自修人」さまの
ブログより引用します
https://benkyosukisuki.com/ascension/ascension-190116160338-qanon/
<引用開始>_____________

<引用終り>______________
■編集後記
上記の「ゆきんこの勉強法 | 自修人」さまの
ブログで掲載されていた中に、
アメリカ国境の壁にからんだ
アメリカ政府の閉鎖がありましたが、
理由は、以下の通りのようです。
現在は、一応、再開した様子ですが、、、

<引用開始>______________
アメリカが何故政府の閉鎖が起こっているのか。
その原因を知らない人が多い。

アメリカが何故政府の閉鎖が
起こっているのか。
その原因を知らない人が多い。
アメリカが一か月以上
政府機関が閉鎖している。
とりあえず2月15日までの
暫定予算を承認して
あたかも解決したように思うのは
大間違いだ。
解決どころか泥沼にはまっている。

政府機関の閉鎖は
予算がないからで、
かといって予算を決めることは
実際は不可能な状態なのです。

アメリカは1京円近い国債の借金を
抱えており、もうこれ以上借金の国債を
発行することはできない。
現状は税収などの収入に対して
支出は国債の償還と利払いで
使い果たしてしまう状態。
そのために予算はゼロに
なってしまうのである。
もう身動きができない状態。
それで予算は絶対に組めないのです。

暫定予算といういい加減な
ものでやりくりしているのである。
だから必ず破綻が来ることは
間違いないのです。

それをトランプ大統領が
国境の壁の予算を止めないから
予算が通らないと思ったら
大間違いだ。

もともと予算は組めないのである。

ならばトランプ大統領は
どう考えているのか。

アメリカの破綻は
絶対に避けられない。

死なば諸共ではないが、
アメリカの破綻の影響を
少しでも小さくするために、
世界的に通貨のリセットを行う。

それがGESARAなのです。

世界中の借金を一度リセットして
最初からやり直すのである。
今その道を進んでいる。
GESARAは間違いなく
間もなく実施される。
通貨のリセットも
早ければ今日中に通達されるであろう。

このGESARAを実施しなければ
アメリカは永遠に閉鎖されて
無くなってしまう。
その後は各州が独立するしかない。
GESARAの第一歩は
円やドルやユーロの
ユダヤのお金は無くなる。

政府ではない
第三者のお金を使っていたから
このようになってしまったのである。
そのお金をどうするかは、
今ダボス会議で話し合っている最中です。
(現在は、終了し、GESARAが決定
されたようです。
あとは、いつやるかです。)
このままでは

まず中央銀行は無くなるでしょう。

新通貨に対して何も準備していない
日本政府。
今後如何するのか。
アメリカの国債踏み倒しで、
国家予算以上の損害を受ける
日本政府。今後どうなるのか。

これでは日本政府は
害あって益なしとなってしまった。

早く安倍政権は全員処罰されて、
新政権を樹立するしかないだろう。
そんな危機に今直面しているのに、
何も知らせないマスコミにも
極刑を言い渡す必要があるだろう。

国家の破綻とはこんなものかもしれない。

「日本は破綻する」
「そんなバカな」
ではない。
必ず破綻する。
年内に。
愚かな首相を持ったことを
後悔するしかないだろう。

国会議員とはやりたい人がやる
ものでは無い。

やるべき人がやるものだ。

更に安倍氏、小泉氏をはじめ
今の自民党の国会議員の
ほとんどは北朝鮮と韓国から
の帰化人だ。

もともとの日本人が国会議員に
ほとんどいない。
相撲界どころではない。

そこに問題があるのだと思う。
総選挙で選びなおすしかないだろう。

引用元: アメリカが何故政府の閉鎖が
起こっているのか。
その原因を知らない人が多い。
| mixiユーザー(id:20653861)の日記
<引用終了>______________
という現在の日本国に対する痛烈な
指摘がありました。

やはり、どう観ても
覚醒した庶民に理解されないような
為政者は、忖度して、日本国を
売国する側についてしまう
様子です。

野党も与党も嘘に嘘を塗りたくって
現在まで、辿り着いたって感じです。
彼ら在日も演技に磨きがかかりました。

でも、覚醒した日本人には
すでに、バレてますから。

さてさて、最後に
RV/GCRという意味を
抑えておく必要があります。。。
では、
「世の中のお金の価値」を変えて
しまう・・・RV/GCRについて

RV/GCR
(Revaluation of Values/
Global Currency Reset)
は、日本語訳では
「通貨評価換え/世界通貨改革」となります。
簡単に云えば、
RV/GCRは現在の世の中に
出回っているお金の価値を変える
ことになる、と言われています。

RVの直訳では、
Values(価値)の
Revaluation(再評価)という
ことです。

そして、
Values(価値)は
「マネー」と
みなすことができます

それは、マネーの役割には
3つあるとされています。
「交換」、
「保存」、
「評価」です。
つまり
経済理論からすれば、
「価値」という抽象概念を
具体的に顕せば「マネー」
ということになります。

ただし、あくまでも経済学の理論
から云えば、
価値=通貨という、短絡的で
極端な考え方では、あります。

人間にとって本質的に大切なのは
「温もり」であって、
マネーに換算できない価値で
あることは日本人なら、ホンネ
として分かっているはずです。

とは云え、
日常的にだれもが認める
何らかの価値というモノが
「交換」、「保存」、「評価」
が必要になるわけです。
そのような利便性の観点
から大多数の人が同じ価値観を
共有し、便宜的に価値の基準と
して「マネー」が存在するという
ことであろうと思うのです。

そのわかりやすい例として、
同じ品物を買ったと仮定して
たとえば、
「楽天ポイント」や
「Tポイント」でもらうとか
と、
地元商店街のポイントをもらう
のとでは、
どっちのポイントが良いですか?

私は、贔屓にしてる地元の
商店街で買うようにしてますが、

私以外の多くの人達は
「楽天ポイント」や
「Tポイント」がつく商品を
買うでしょうね。
私のように、地元の商店街を
いくらかでも儲けさせて、
シャッター街を無くしたい!
という方もいるかもしれませんが
、一般的は
「楽天ポイント」
「Tポイント」
の方が喜ばれるのでしょう。

なぜなら、
「楽天ポイント」や
「Tポイント」だと
ある程度、広い地域で使えますが
、地元商店街のポイントは
他の地域では
使えませんから。

なので、
より広い地域において、
よりたくさんの人に、
同じ価値で使用できるという
「道具」が、価値判断の基準と
なる訳です。

それが、、いまのところ
世界的に共通の価値とされて
普及しているのが「マネー」
です。

つまり、
「交換」、「保存」、「評価」の
利便性が、世の中に
まかり通っている価値(お金)
であるから、
「通貨」なのでしょう。

ところが、現状の通貨の持つ
一番の問題点は、と云うと、、

本来、便宜的でしかなかった
はずの通貨なのに、
なぜかしら、それが、絶対的な
力を持つようになり
以前、あのホリエモンが
「お金で買えないものはない」と
言い放ちました。
現実に、命ですらお金で買える、
と云う状況の過信があります。

それは、確かに、病気になって
みれば、分かると思います。
高額医療になれば、如実に
それが、分かります。
富裕層の老人が病気になって
入院となれば、
素晴らしい設備の整った環境で
入院生活を送ることができますし
いい薬、腕の良い医者に
掛かることも簡単です。

とにかく、この地上では、
様々な立場や状況で、お金が
掛かっていますし、
世の中が不景気になれば
なるほど、

絶対化した、
通貨の価値が、
マネーを豊富に持てる富裕層と
そうでない貧困層の格差が広がる
ことで、
世間では、大きな問題だと
感じているのです。

なぜ、このようになったのか?

と申せば、
プレトンウッズ体制
が、無くなったからと、
一言に尽きます。

まさに、それは、
ニクソンショックのことです。
(そのへんのことは
こちらのまとめが、見やすいです
ので、リンク置いときます。
「ねこ好きのブログ」さんより
■戦後の「ブレトンウッズ体制
(IMF体制)」と
「ニクソンショック」について、
簡単にまとめてみた!
https://nekocacao.com/bretton-woods/
・・・私も、どっちかと云うと
ねこちゃん、が好きですね…

そして、関連するコレも、、
■金本位制とは?
その自動調整作用と歴史を
簡単にまとめてみた
https://nekocacao.com/gold-standard/

ということで、
現在は、あくまでも
日本銀行という民間組織が
日本国家内で流通してる
通貨を発行しています。
(コチラが参考になります。
http://urx2.nu/PQ7T
■【お金の話】第1回:お札と
硬貨は作っているところが違う

http://urx2.nu/PQ7X
■【お金の話】第2回:日本銀行
は民間企業だった / しかも株式
上場している

ところで、通貨リセットの
知識で必要な文言について
コチラで、述べておられますので
ご参考まで・・・
■「RV/GCR」用語集より
https://ameblo.jp/spiritual-lighter/entry-12402331128.html
<引用開始>____________
2018-09-03 13:00:53
テーマ:RV/GCRの概要
インテル関連の情報でよく出てくる用語についてまとめてみましたので参考にしてみてください。必要に応じて遂次アップデートします。他にも要望があればコメントをお願いします。

【カバール】
一言でいうと「悪い人たち」。

彼らは日本を含め、世界の政財界を牛耳っていて、自分たちの私服を肥やすためには人の命などどうでも良いと思っている。

イルミナティはカバールの代表的な団体とも言われる。

【ディープステート】
政府を裏で操っている「陰の政府(=ディープステート)」は、カバールたちがやっていて、実際に政府の要人はカバールの一員であることが多いと言われる。

また、政府のほか、アメリカ軍の中枢部、CIAやFBIにもたくさんのカバールが入り込んでいて、それらの組織もコントロール下にあると言われ、ケネディはディープステートに逆らったためにCIAによって暗殺されたという説もある。

【カバールの仲間たち】

この間死んだマケインや、ブッシュ親子、オバマ、ヒラリー・ビルのクリントン夫婦他、歴代大統領のほとんどはカバール、もしくはカバールの傀儡とされている。

カバールには、ディープステートのほか軍産複合体の民間企業や、金融業、および、ロスチャイルド、ロックフェラーのような死の商人たちとそれらの取り巻きも含む。バチカンもフランシスコ教皇以前の教皇たちや、幹部の多くがカバールと言われている。

【カバールメディア】

日本はもとよりアメリカの主流メディアは全てカバールの配下にあると言われ、経済の搾取システムや、政治体制の欺瞞を一般市民から隠蔽するための役割を担っている。

トランプ大統領が既存のメディアを徹底的に遠ざけて、フェイクニュースと言って攻撃するのは、きちんとした理由があっての事である。

社会の問題点を明らかにして糾弾しようとすると、提唱者のスキャンダルを暴露報道したり、徹底的に陰謀論扱いして貶めることで、カバールシステムが守る防波堤ともなっている。

今回の一連のQの報道はきわめてわかりやすい例である。

【同盟】
カバールの悪だくみから地球を救おうとしている、軍や政府の中にいるメンバーのこと。

そして、RV/GCR推進の中心となるグループ。
近年、CIAやFBIも同盟の勢力が台頭してきて、カバールは劣勢になりつつある。
トランプ、プーチン、フランシスコ教皇、また、NESARAを考案したホワイトハットも同盟の一員と言われる。

【Q(またはQAnon)】
アメリカ政府での同盟の動きをツイッターやユーチューブなどを使ってリークしている匿名の投稿者。大統領に極めて近い人物と言われ、ホワイトハウス内部の大統領の側近しか入れないような場所の写真もたびたび投稿している。アメリカの主流メディアはカバールに支配されているので、Qは陰謀論者のカルト集団を先導している人物かの様に報道されるが、その投稿内容を追ってみると大統領に近い人物しかわからないような内容が多く、政策に関する予言も高い確率で実現しており、同盟のスポークスマンのような役割も果たしている。

また、”Q”という文字がアルファベットの17文字目であることから、マケインが死んだのが9/11の17日前とか、2018年は2001年から数えて17年目であるなど、17に絡む数字を引用することがよくある。

詳細は「Qが日本でもニュースになりました」にあるリンク先のニュース記事を参照。

【量子金融システム(QFS:QuantumFinancialSystem)】
RV/GCRで中心となる、カバールの支配する現在の金融システムを置き換える、新しい金融システムのこと。
このシステムが作動している量子コンピュータは、衛星軌道上に存在し、カバールから守られることで、不正が一切入り込めないシステムになっていると言われる。

詳細は【量子金融システムとは】を参照。

【ティア】
量子金融システムの交換/償還の対象となるグループ分け。ティア1~5に分類され、1は一番根本の最初に資金が流れるグループで、政府等が含まれる。最後に対象となる一般人はティア5に属する。

【交換/償還】
「交換」は量子金融システムに現在の金融システムから財産が移管され、その帳簿上の残高と通貨を交換することを指す。
また、ただの「交換」だけではなく「償還」とも言っているのは、RVが、今までカバールが不正に搾取してきたお金を搾取された側の善良な人々に返還することも含むからである。
現在、世界の富の半分を1%の人間が独占しているとも言われているが、この1%の人間とは、言うまでもなくカバールたちのことである。そして償還のために、カバールの全財産は没収されることになっている。

同盟の資金とカバールの不正な蓄財を合わせたお金を、全人類に平等に分配すると、ティア5にあたる地球上の一般人に対して、一人あたり1千万円が配られることになるとも言われている。

また、その過程で現在の不正な利子契約は無効となって、カバール金融システムでのすべての借金も棒引きになるとされる。

【RV/GCR(通貨評価替え/世界通貨改革)】

現在の世界はカバールによって、何かにつけて借金が必要な方向に誘導されているうえ、金融システムに不正な利子計算が採用されていることによって、いったん負った借金は、普通に暮らしていてはほとんど一生返せず、その為に長い時間働かなくてはいけないような状態に強制されている。

また、金本位制が破棄された結果、基本的にカバールがいくらでも自由にお金が刷れることによって、貧富の格差は広がる一方で、お金の力は歴史上、かつてないくらいに強化される結果になってしまっている。

このすべての経済的な不平等と、人々が金銭に隷属させられてしまっている状況を生み出している、不正なカバール金融システムを打ち壊して、人類の全財産が公正に管理され、かつ、すべての人々が経済的に平等に扱われる、同盟の量子金融システムに置き換えることが、RV/GCR(通貨評価替え/世界通貨改革)の最大の目的となっている。
詳細は「RV/GCRの概要」を参照。

【NESARA(またはGESARA)】

NESARA法はアメリカで法案としてすでに成立しているという説もあり、RV/GCRの実現がその実施のために不可欠となるといわれている、アメリカ社会を改革するための法律である。

カバールの支配によって捻じ曲げられたアメリカの法律を正常に戻すという役割があり、RV/GCRが経済改革とすると、カバール社会を変革するための法律版の手段ともいえる。

具体的には、アメリカが不正に起こしている戦争から撤退し、2度と起こさないようにすることや、本来、法律で庶民から徴収するのが違法なぜいたく税であるはずの所得税を廃止して、食料や生活必需品を非課税にした売上税(消費税)に一本化することなどがうたわれている。

GESARAはNESARAがアメリカで発布したあとに、世界で実行される法律のことを言う。
詳細は「NESARAについて」を参照。

【大量逮捕】
アメリカの政財界の要人やハリウッド・スター、世界の教会の聖職者などが、人身売買や小児性愛、詐欺などの犯罪を暴かれて逮捕され、カバールの犯罪を明らかにして壊滅させる第一歩になると言われる。

また、政府や軍でカバールに協力してきた人間も、軍事裁判で裁かれて国家反逆罪で逮捕される。

1999年から起訴状を発行し続け、その件数は、すでに51,000件に達しているともいわれる。現在は起訴状はカバールの妨害を防ぐために封印されている。

以前、Qはこの大量逮捕候補者の一部を暴露したリストを発表したが、政財界やエンタメ業界のスターなどの錚々たるメンバーの名前が含まれている。

【グァンタナモ米軍刑務所】

グァンタナモ米軍基地の中にあるカバールを収容するために新しく建設された刑務所。

グァンタナモはキューバにあるためアメリカの法律が及ばず、テロリストの人権を無視した拷問が行われていることで問題になった事がある。

大量逮捕が始まると、その他のカバール達とともに、ヒラリーやブッシュが真っ先にここに送られると言われている。

【ジンバブエドル(Zim)】

アフリカの国、ジンバブエの通貨。ジンバブエは国内に莫大な金(Gold)の埋蔵量があるため、カバールの標的にされ、ハイパーインフレを起こされたため、現在は通貨が使用不能になってしまっている。RV/GCRではその豊富な埋蔵量を生かして世界に金本位制を復活するためのカギとなるような通貨と言わている。
詳細は「2018年8月28日:GCRによる共和国の復元」を参照。

【BRICS】

ブラジル、ロシア、インド、中国の頭文字を合わせた略称。西欧先進国に対して、成長中の発展途上国の代表という位置づけで一般的には経済的な区分として用いられることが多い。

インテルでは、同盟とカバールとの関係を説明するときに、同盟側の国々の代表としてよく引用される。

その場合は、必ずしも4か国のみを指すのではなく、アフリカや南米、中東、東南アジア、東ヨーロッパなど、カバールに虐げられている、経済的に貧しい国々の代表としての意味も含む。
<引用終了>____________

そして日本銀行の親分がFRBという組織
このへんのマネーシステムを
巧妙に構築してきたのも
ハザールマフィア=CFR
だと思います。

そして、その裏には
ブラックイルミナティの
カバールらが・・・
と陰謀論では言ってる感じがしますが、

本当の原因は
コチラだったということです。。。
コレを観て、大いに覚醒してください。
http://soujya.net/2019/01/06/post-2980/

あなたは、家族や同僚に
対してフェアな気持ちを抱くように
万物に対しても
同じようにフェアな気持ちで
接することができれば

だれが、見ていようが、いまいが
それは、尊く、素晴らしい
価値観です。

そんな党があるんです。

フェア党です。
http://www.fair-to.jp/

では、また。


スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。