カタカムナの力とは!?医師丸山修寛先生との対談!より

Pocket
LINEで送る

こんにちは、\Soujya です。/

私の住む地方都市に
医師丸山修寛先生がいます。

さて、彼が、
カタカムナを研究し始めたのは
1998年頃からだと云うことです。。
私もその頃から、楢崎皐月の
書籍を買っては、読んでいましたが、

ワケわからなかったのです。

丸山修寛先生の公式サイトには
以下のように書かれていました。

『カタカムナとは1万二千年以上前の
古代の文字で、神社でご神体として
祀られていた伝説があり、
人を癒す奇跡的なパワーがあります。
どうすれば難病を治せるかと
切実に思っていると、
インスピレーションを通して
カタカムナの知恵が下りて
くるようになり、
治療に使い始めたところ、
治せる病気が劇的に
増えたのです。
私はこれを「カタカムナ医学」と
呼び、日々研究を行っています。』
ということで、
「クスリ絵」とかの
作者だったんですよね。

では、動画を置いときます。

■編集後記
ところで、「カタカムナ」は
ムーの太古から、
人を騙すための「道具」だったと
云う考えの人たちもありましたので
置いときます。
■RAPT×読者対談79 カタカムナとあらえびすとイヤシロチ詐欺

私は、
ひふみ祝詞の歌いを聴いて
気持ち悪いと、確かに思いますし、
「カタカムナ」を冠した、
様々な怪しげな商品も
たくさん、出回っているのも事実だと
思います。

なんとなく、
怪しい流れです。

・・
・・・

しかし、たとえば、
電磁波による脳への影響は
一概に
すべての電磁波は、結局
「無害だった」と
言えないと考えます。

勿論、電子レンジと同じに、
携帯電話も
マイクロ波を使用するので、
携帯電話の電波で
「脳内の中の水分子が
加熱される!」
というのは、行き過ぎた結論です。

注意したいのは、
電磁波というものを
一括りで捉えてしまう考えかたではなく、

特定の周波数に
着目して、考察する必要があります。

それは、電子レンジの周波数は
2450MHz。
一般的に、1000~3000MHzの
電磁波は、水分子に吸収されやすく
水分子を加熱できるとされています。

携帯電話の周波数は
通常800MHzなので、
「脳内の中の水分子が
加熱される!」ことは
ありえません。
ということで、特に影響は無い。

と思いますが、
ところが、最近では、
電波の割り当てが不足している
ということで
(本当なのかわかりませんが)
1500MHzの携帯電話や
1900MHzのPHSが
存在していたりします。

これだと、もしかして
もしかすることがあるかも
しれません。

なので、周波数帯によっては
カラダや脳への影響が出る場合も
あり得ると考えたほうが良いと思います。

また、別の事例で、、
下敷きをこすって静電気を起こし、
その静電気を頭に移動させると
前頭前野の脳血流が低下するという実験が
あります。
http://juken-com.net/1-4.html
その有害な周波数を持った
静電気をカットすれば、前頭葉には
影響を与えないで済むわけです。

コレに関して、特に
日本の子供だけが、
世界中のどこの子供よりも電磁波の
悪影響を強く受けているそうです。
その原因は、
日本の電気コンセントだけが、
余分な静電気や電磁波を
地球(地面)に返す
機能(アース機能)がないから
というものだそうです。
http://juken-com.net/2-1.html

私達の多くが、
病気になると、様々なクスリや器具・道具・・・
など3次元でのモノを使って
治そうとしてますが、

丸山修寛先生によれば、
「高次元」レベルを意識しただけで
変化が起きて、治ってしまうようです。。

というか、

元来、我々は
高次元の存在なのだから、
そもそも病気など無いし、
様々な周波数に侵されることも
ありえないってことですよね。

では、また。


スポンサーリンク
■【対談】クスリ絵について語る!【古谷眞寛×丸山修寛】

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。