想念波動について

Pocket

お早うございます。
\ソウジャ_イッカクです。/

今朝は、想念波動について
考えたいと思います。

人類は好き嫌いの別け隔ての
想念を放っています。
そうすると、その【悪】想念が
充満して、3倍・4倍になって
結局、己に帰って来ることで、
罪を犯してしまいます。

言葉の罪
思いの罪
行ないの罪をそれぞれ犯すことに
なってしまいます。

思うに、外部の刺激(信号)に
どのように感情が
反応するかによって
想念の発し方が
違ってくるのだろうと
思ってしまいます。

そして、ある想念を発して
(ある感情を抱いて、それに
従って、つい、思ってしまう)
その想念の結果、
言葉を発したり、
行動に出たり、
することで、その結果、
何かが起きる。

という、、
毎日が、この繰り返しですね。

毎日が、この想念の種を撒いては
その結果を刈り取る作業を
行っているということです。

知花先生は
毎日が「祈り」だと云う。
想念が祈りだと・・・

その内容を語っておられる
動画が以下です。
https://youtu.be/dZOwyfqvuT4?t=69

■編集後記
何事も、自分次第という
ことになってるのですね。
だから、
己を
踏まえる
わきまえる
謙虚に素直になる
ことは、勿論のこと
善悪の成果である実を
刈り取って、食べなければ
ならないので、

一番、気をつけなければ
ならないのは
「恐怖」の念を
絶対に抱かないことで
あると思います。

恐怖心は、様々な「悪」を
生んでしまいますから、
悪の連鎖の元凶です。

これが、特に
戦前・戦後の日本人に
抱かれていると思います。

この事象が、
パワハラ、セクハラ、
など、様々ありますが、
「いじめ」の原因にも
なっていると思います。

その他、悪想念は
ありますが、

悪想念を抱かないように
するためには、
常に神と云ったり
空(くう)とか、キリストとか
宇宙意識とか・・・
永遠の存在との
同一感を常に抱いていれば、
悪想念は、やってこないと
思うのです。

では、また。


スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。