書籍紹介:「反日メディアの正体〜 戦後日本に埋め込まれた 「GHQ洗脳装置」の闇」について

Pocket

こんにちは、\Soujya です。/

最近、トランプ政権は
世界のグローバリズムが、
国々を疲弊させ
一般の特に
中流階層と呼ばれる人々の
生活環境を破壊し尽くしてきた
ことに反旗を翻し、

反グローバリズムの動きを
活発化させてきています。

その中、フランスのマクロン政権も

危うくなっていますし、
フランスの多くの民衆が
暴動を起こし始まっている
様子です。

これを捉えて、
RK氏は
「真・フランス革命」と
云ってます。。。
■リチャード・コシミズ独立党水道橋講演会2018年12月7日ツイキャス配信録画 1/2

■リチャード・コシミズ独立党水道橋講演会2018年12月7日ツイキャス配信録画 2/2

さて、フランス、ドイツ、など
ヨロッパの多くの国家の
頂点に君臨する大統領は
ほとんどが、グローバルmafiaの
傀儡政権ですし、
またその息のかかった集団は
ディープステート
(国家内国家秘密組織)を
形成して、グローバルmafiaに
迎合していましたから、
手のつけようが、
ありませんでした。

しかし、間もなく、西洋での
ディープステートたちは
お縄を頂戴することに
なる動きです。。。

■Qアノン情報 Q0の発動

■Qアノン情報 12/11 ロスチャイルドへの攻勢

ハイアット・リージェンシー・チョンチン(重慶)
のそれぞれの頭文字で
HRC=ヒラリークリントン
怖いですね。。。

そして、日本でも
日本版ディープステートが
いますよね!

彼らは「対米従属」を
踏襲しようとしている
既得権益の官僚らも同じ
グローバルマフィアの仲間と
同じですよね。

今後は、3000万人を
喰わせてる「特別会計」予算の
仕組みなんかが、
暴露されることになる流れに・・・。

というのは、トランプが進めている
のは、反グローバルで
今まで、敷設していた、数々の
悪しき「仕掛け」を
破壊することに、彼の使命が
あるようです。

なので、必ず、米軍の日本駐留撤退が
必ずやって来ることでしょう。

それと、同時に、
アンチ・ディープステートの
同盟メンバーたちが
「悪魔狩り」を行ない始めます。

ここで、
かなりの内容が
暴露されてます!!!
↓↓↓
■♪高校生のブログ♪柏発信
https://blog.goo.ne.jp/j4goocast/c/66f1987f7bc6bff21016e9e617b926e8

さて、今回の目的は

書籍のごんないでしたっけ!

コレコレ 画像をクリックしてください
↓↓↓

【料金について】
ちなみに、私に場所だと

■「反日メディアの正体〜
戦後日本に埋め込まれた
「GHQ洗脳装置」の闇」本体
0円 (税抜)ですが、、、

■別途、送料・手数料
510円 (税抜)
消費税40円で、
合 計 550円 (税込)が
掛かるようです。

でも、非常に安く、
貴重な情報が学べます!

日本も「反日」という組織的な
確信犯としての
ディープステートたちが
多くの一般庶民を喰い物にして
ぬくぬくと
生きてませんか?

つまり、
傀儡政治家、
傀儡官僚・公務員
傀儡の日本人のような顔をした似非日本人、
らを
コントロールしてきた
裏の陰湿で、狡猾で、残酷で、、、
「悪魔教」に侵された

『警察官は、フランスのように
ヘルメットを脱ぎ給え!』

平和を打ち壊す、
敵を、間違わないでほしい!

庶民は、敵ではないでしょ!
あなた達は
庶民を守る立場でしょ!

「催涙ガス」が
暴力を生むのです。

あぁあ、そうそう、、、コチラも
関連して、置いときます。
反日メディアについて
触れています。。。

少し古いですが、、、
例えば、報道する側は、
「特定の意図」を持ってることに
多くのB層日本人が
気づいてない!!!・・・とか
参考になりますよ。
■日韓問題 第1回「韓国とはどんな国か?」

■日韓問題 第2回「日韓併合」

■日韓問題 第3回「従軍慰安婦問題」

■日韓問題 第4回「日本外交の失敗」

■編集後記
日本人は、とにかく、比較意識で
他人と同じか、それ以上でないと
居ても立ってもいられない
性分なのでしょうか?
国連も
「戦勝国の仲良しクラブ」という
基本的な認識が無かったのは
あまりにも「鵜呑み」の日本人。

日本人の横文字苦手に、
劣等感というものが加わって、
その時の状況や雰囲気で、
気分が向くとか、
感情が主体な部分が
有って、これも情治主義を
助長する要因なんでしょうか?

では、また。


スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。