類は類を呼ぶ

Pocket
LINEで送る

おはようございます。
\Soujya です。/

今日も元気に
生きましょう!
・・・

「ソウジャ、あんた。
気は確かか?」

と云われそうです。

そうです。

今朝は、この「気」に関する
話です。

この何気なく、日常的に日本人は
使ってますよね。
「気」

「気」が合う合わないとか

実は「気」って、周波数、振動数の
「波長」だったというのが、
なんとなく理解してしまうのが
コチラの動画で、説明
されています。

決して、お花畑系の
スピリチュアルな世界の
話ではなく、リアルな
世界での法則性のように
思います。

■編集後記

類は類を呼ぶの意味を
以下、動画よりのまとめです。
ご参考にどうぞ、、、

気の合うもの同士は
集団を形成している。

波長とは波動。

波動が合わないとか
気が合わないとか
お気に入りとか
気に入らないとか

気が合うというのは
己の波長と他人の波長が
非常に合った状態を指し、
「同調」という。

そして、波長には
長い波長と短い波長がある。

波長が波形となってモノが
存在している。

気が短いとか気が長いとか
云うが、
気が短い人は「短気」
気の長い人は「気長な人」
そして、我々は、その類似を
もってグループを形成している。

気が合わなくなると「分離」
していく。
気が合ってくると寄ってくる。
友人というのも
このように分離したり
寄ってきたりしている。

気の短い者同士はそれに類似。
気長な者も同様である。

なので、
類は友を呼ぶ。

気の合う友は気の合う者どうしで
長い付き合いとなるが、
気が合わなくなる時が
訪れる場合は、離れる。

自分の子どもでも
なんとなく気が合わない子が
いたりするのは、
波長が合わないからである。

波長とはエネルギーの高さ。

すなわち、
「意識」の問題である。

意識は全てである。

意識が低いことは気が低い。
なので、、
意識の低い人は、
気が高いことはありえない。

そして、意識の高い人は
気が高い。
つまり、「気高い人」という。

意識も高めると気が高まる。
気が高まると、エネルギーが
高まって来る。

このことをバイブレーション
(波動)という。

波動が低いと粗雑になり
気が低いことになる。

「気落ちしてませんか?」と
云われるのは、他人から見て
そのように感じられるのは
気が低くなっている状態である。

なので、常日頃から
「意識の高さ」=「気の高さ」
を理解して、「気」の
意識を高めるように。

テネモスの故飯島秀行先生の
お書きになった

「ぜんぶ実験で確かめた
宇宙にたった1つの神様の仕組み」

というタイトルの本の中に
書いてあった内容が、
この意識の高い状態である意識圧が
自然界にも存在することに
ついて、書かれていたので紹介します。
<引用開始>
・・・
「海水が腐らない理由」
 
 海水はなぜ腐らないか、
考えてみたいと思います。
海水は海にあるときは腐りません。
しかし、海水をバケツに取っておくと、
その海水は腐敗してしまいます。
なぜでしょう?
それはサイクルになります。
海の海水圧と、
海を取り囲む大気圧との関係です。
気というのは、
低いほうから高いほうに流れます。
法則です。
海水を取り囲む大気圧より、
海全体の海水圧のほうが、
圧が高いからです。
吸引力です。
吸引サイクルとも言います。
常に海水に空気を
引き込んでいるから、
海の水は腐敗しないのです。
海水をバケツに取っておくと
腐敗するのは、
バケツの中の海水圧より、
バケツを取り囲む大気圧のほうが
高いからです。
サイクルの違いです。
しかし、
バケツの中の海水に、
何らかの装置をつけて、
その大気圧より高い状態にすると、
バケツの中の海水も、
腐敗いたしません。
夏場、太陽に暖められた海水は、
蒸発して腐敗に向かいます。
すると、
いつの間にか台風が発生して、
海の中を大きな渦でかき混ぜます。
自然界の酸素補給です。
自然というのは本当に
よくできています。
汚れた水や汚染物質が
混入している水でも、
その場を取り巻く大気圧より、
高い状態で処理をすると、
汚染物質は消滅してしまいます。
なぜかというと、
汚染物質とは
生きている状態ですか、
死んでいる状態ですか。
腐敗している汚染水に、
生命を吹き込むわけです。
すべて再生されます。
水道管に圧がかかるような
装置を設けて、
水道水をその装置に通すことで、
食事後の汚れくらいは
水道水だけで、
洗剤を使わなくとも、
簡単に洗い流せます。
洗剤を使うと二次公害が
大きいのです。
家庭から出た洗剤は、
汚染物質として、
川や海を汚します。
・・・
<引用終り>
>水道水だけで、
>洗剤を使わなくとも、
>簡単に洗い流せます。
というのが実際に装置というか
器具が、販売されていました。
この水に「圧」を加える装置が
「マナウォーター」というものです。

■【福島原発 放射能除去・実績技術】 ENN取材 テネモス(水・空気編)

では、また。


スポンサーリンク
■(テネモス・飯島秀行)
Vida Water Soap
(ビダウォーターソープ)ボトル
【ボディソープ シャンプー 石鹸
ナチュラル 赤ちゃん
敏感肌 酵素】

■(テネモス・飯島秀行)
Vida Water Soap
(ビダウォーターソープ)詰替用
【石鹸 せっけん ボディソープ
ソープ ナチュラル】

■【ポイント2倍】テネモス
湧水原理の活水器マナウォーター
中サイズ元付用

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。