【その1】このまま対米従属の姿勢を日本が取り続けてると、ますます貧困化する日本人なのです。 だから「TPP11」 による経済圏構想改革に期待したい。

Pocket
LINEで送る

こんにちは、\ソウジャ です。/

これから述べることは、
単なる情報入手したものに
なるべく分かってもらえる
内容を伝えようと加工
するあまり、世間で云う
「とんでも」になっている
ことを前置きしておきます。
(私的には、事実を述べている
つもりなのですがね…)

なので、内容については
責任を負えませんし、
個人の責任範囲でエッセンスを
受け止めて
頂ければ幸いです。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、ここ最近ですが、、、

国際政治がかなり動いてます

この前、トランプ大統領が
中間選挙で、最も重要な
上院を制して勝利しました。

実は、トランプ大統領が
中間選挙では明確に勝利したのに
マスコミと大手ネットニュースは
嘘を大本営発表しているのす。

マスコミに騙されてるんです。

マスコミは、
「民主党が勝って
トランプが負けた」
としたいプロパガンダなんですね

なぜ、ガセネタをマスコミは
日本人に噛ませていたかを
証明するものとして、、、

中間選挙の結果、
普通にトランプの勝利で
NY ダウは、
26000ドル台をつけました。
「別に?」って感じですよね。

騙された人は
「トランプが
大負けしたはずなのに、
そう報道されてるのに、
なんで相場は堅調で
26000ドル台
つけちゃったの?」

「意味分からない。?」
ってなってるんですよね。

実は、
アメリカの凄腕機関投資家
たちは、、、
選挙の流れを分析してて、、
「トランプの勝利だな!」
と既に、分かっていて
仕掛けているわけです。

このことでも、現在の
マスコミやネットニュースの
多くが「ガセ情報」を
撒いてるのですね。

最重要な上院の選挙結果は、
どう見てもトランプ勝利なわけで
初めからトランプは、
下院はほとんど気にしない
状態だったわけで、
選挙遊説で回っていない。。。

日本のマスコミを見ると
「ねじれ現象発生」とか
云っちゃってるわけです。

日本では衆院と参院が
よく「ねじれ」とか
書いてますが、、、、、、

日本とは政治システムが
まったく違うアメリカの
近代デモクラシーシステムで
あるのに、
日本と同じ概念を使って
「ねじれ」とかマスコミが
吠えてましたよね。
なんか、身の回りの
日本のマスコミとか、
ネットニュースや
グーグルという検索サイトが
「フェイクニュースだらけ」
なんでしょうね。

アホなことに、
日本のマスコミは
個人の発信した情報を
「フェイク情報だ~規制しろ~」
とか云ってるのですが、

トランプが云う
「フェイクニュース」
というのは、

私も声を大にして云います!

『官僚と癒着している
マスコミ
およびネットニュース
であり、スポンサーでもある
企業!
そして、
スポンサー企業は
官僚と癒着してるのがミエミエ』

のことですよね

●マスゴミ・ネットニュース
●スポンサー企業
●官僚
この三つ巴の癒着ずぶずぶ関係。
を背景に垂れ流してるニュース

トランプ大統領が云う
「フェイクニュース」
と定義されます。。。

あえて、公正にして
いただきたく、書きますが
Googleの検索エンジンも
「中間選挙でのトランプ勝利」の
その嘘に加担したSEOをしていた
のであれば、、
人々はいよいよ検索エンジンも
疑うようになってきますので。。
そこのところをよろしく!

さて、
この癒着構造がミエミエに
なるのを恐れて、日本のマスコミ
たちは自分たちが、ネットで
「フェイクニュース」陣と
言われてるものだから、
それを一般の日本人に悟られたら
ヤバイってことで、
ツイッターの個人発信情報を
「フェイクだ!」とか決めつけ
云っちゃってるわけです。

まあ、しかし、同じ日本国内でも
トランプが上院を制したことで
トランプが勝利だな、と冷静に
書いてる人もいましたけど。

あの騙し情報は、、、
大多数が
「民主党が2020年の大統領選挙
では有利になるので、、、」
とかいう嘘を流していました。

この「ガセ情報」を見た
チャライ日本人が
「そうか!それならばトランプ
相場は終わりで、、、
リスクオフ相場なんだな!」
みたいに、思って、「売り」に
動いた方は、残念でした。

結果して、
上院は完全に
共和党が制したわけです。

日本のマスゴミ・ネットニュース
らは、、、
アメリカの政治システムを
知ってか、知らずか
上院下院と比べると
上院の権限が断然強いのを
無視して、そのへんの情報を
隠蔽するように
偏向報道で垂れ流しましたから、
フェアでないというか
「狡猾」さ加減をさらけ出して
しまいましたね。

実際は
「あれれ??なんか変だぞ、
相場とか NY ダウが
めっちゃ上昇しているやん!」
という動きになった訳でして
ますます意味が分からないと
なってるのでしょうね。

もう一度云います、、、

【2020年の大統領選挙で
トランプ再選の可能性が
高くなっていま~す。!】

という、偽旗を今でも掲げてる
「フェイク放送局」は
いますか?
今でも、、、
これをやってる、
日本のマスコミがいたら
「上院と下院の違い」を隠しつつ
「マスコミを妄信してる
お年寄りとか子ども」の
情報弱者や
ネットニュースばかり見て
「自己発言が出来ない
ROM者」
たちをだましてやろう!

という意図で持って、
捻じ曲げた選挙結果の解釈を
報道してるのですよね。

ところで、
あの中間選挙でのトランプ勝利の
意味するものとは、

「トランプが、これまで以上の
権限を手に入れた」
という事実です。

ひとつは、
それは、トランプが今後も進める
政策は確実に実行されていく
ということでしょう。
具体的には、
司法の最高裁判事や官僚人事とか
操れるということです。
もう、実施していますけど、、、

2つ目は、共和党の支配権を
手に入れたことです。
今回の中間選挙で、
共和党内をまとめていた
ポールライアン下院議長とか、
トランプ批判派の
ジェフ・フレーク上院議員が
立候補せずに
議員を辞めていますし、
それに、幸運にもというか、
偶然にもというか、、、、
共和党内の強敵であった
ジョンマケインという軍産系の
議員が8月にお亡くなりに
なったことなどから、、
つまり、共和党内部の
反トランプ勢力に
勝利したことです。
そして、
トランプ支持者の中から今回
共和党議員になった人たちが
大半を占めたという内訳です。

ちなみに、
共和党内の反トランプ派閥は
以下の組織に属している人です。

●「ディープ・ステート」
トランプ政権の裏側に潜む
“闇の政府”組織
上記の構成員が、さらに以下の
層や勢力に混じっています。
 ●●WASP「ホワイト・アングロ
  サクソン・プロテスタント」の
  軍産系支配者層
 ●●moonie(ムーニー)
  =原理主義(統一教会)勢力

そして、、
現在は、軍産官僚たちの多くが
政府中枢から外れていますので、
トランプの裁量範囲は相当
拡大してきているのです。

ちなみに、、
ディープ・ステートの影響下の
メインストリーム・メディは
こぞってトランプ批判の包囲網を作り
一斉に有名タレントや
AV女優を使って
スキャンダルを垂れ流し、
また仕組んだ街頭インタビューで
バカだチョンダとこき下ろす
ネガティブ・キャンペーンを
張っていましたね。

しかし、もはや、多くの市民は
騙されずに、既にディープ・ステート
の実態が浮き彫りにされてくる都度に
嫌気が指して、糾弾し始まっています。
この未だ存在しているディープステートの
プロパガンダに対抗するべく
トランプ政権を支える軍の
インテリジェンスQanonが
これからのトランプ政権の計画を
具体的に説明しています。

そして、ディープ・ステートは
米国民だけでなく、日本にもはびこっていて
世界中の人々を奴隷状態から
解放することになります。
QAnonの世界解放計画の内容がこちらです。

こちらは、番外編です。
オバマはディープ・ステートの操り人形
だったということです。
なので、トランプ政権が今やっていることは
オバマ政権がやってきたことを
悉くひっくり返すことばかりです。
Qanonが出てこなければ
このような暴露されることは無かったでしょう。
Qanonが実在し、
その計画が現実にまた極秘のうちに
遂行されていることは
疑いようが無いほど確実なものに
なっています。
しかし、ここでもトランプと
Qを貶めるネガキャンが行われています。

トランプ政権を支える”Qanon”とは!?
【The Dave Fromm Show 陰謀コーナー ベスト・セレクション】

Dave Fromm Showが
如何なる目的でオン・エアされているの
かわかりませんが、
これもディープ・ステートの
意向を受け制作されたものであろうことは
間違いありません。
QAnonは根も葉もない
妄想ででっち上げた陰謀論であり、
根拠のないデマだと決めつけ、
真実を暴露するトランプ政権を
嘲笑する風潮を作り出すために
CIAのダークサイドが考え出した事でしょう。

さて、米国メデイアの受け売りしか
できない日本のカスゴミは
パヨク民主党の勝利を信じているようでしたが、
米国人はどう予想しているのでしょうか。
マイク・アダムスという人はトランプの
勝利とディープ・ステートの大量逮捕を予想しています。

中間選挙と大量逮捕予想 2018 10 17 【マイク・アダムス】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この続きは、次回へ・・・

では、また。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。