大西つねき氏の週刊動画コラム(保存)から:■vol.7_2017.12.25:お金の発行のしくみ

Pocket
LINEで送る

おはようございます
\ソウジャ です。/

フェア党代表の
大西つねき氏の
週刊動画コラムの過去の
保存版から、置いておく
ことにします。

では、、、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今週のテーマはお金の発行の
しくみ。全ての問題の原因は
このしくみにあります。
巷の財源論がなぜ間違っている
のか、ここからの数回で明快に
説明します。

■vol.7_2017.12.25:
お金の発行のしくみ

■編集後記
国家予算、一般会計は
97兆7128億円の
予算案 決定されて、現在に
至っています。
まあ、約100兆円です。
動画で、云ってました・・・
『負債はだれに 示すのが
政治家』とか
『財政再建 手つかず』
とか
PB(プライマリーバランス)の
改善は「わずか」
とか
『続く借金依存』・・・・・・
とか、
政治屋+官僚+新聞記者たちも
含めて=「不明」です。

恥じてくだされ!

「集めた税制で予算を組む」
という図式で新聞に書き、
徳川三百年続いた、「年貢米」
方式を、ITが進んでいる
現代でも、それをやってるという
背広を着た時代劇を
まじめに演じている。。。
「はははははははは・・・・」
小学生の「引き算」で
50兆円足りないのが
わかってるのに、、、
「総理・総理、
毎年・毎年、50兆円もの
予算に足りない分を借金して
財政は大丈夫なの?」
と小学生から質問されたら、
「永田町」の
関係者はどう答えるのだろう?
もっぱら、「霞ヶ関」の
ひとらが、書いた台本に
したがって、答弁するに
違いないけど!!
そうでなくとも、
誰かが、質問すれば良いんです。
「総理、この方20年、
全くもって、税収が財源の
足しになってないのは、
税収の意味するところは
財源と関係ないって
ことですよね?」
では、その借金の原因は何か?

■政府の借金の本当の原因
それは、

『お金の発行のしくみ』が
借金ジゴクを造り出した!

ということでした。
この原因を解決しなければ、
政府の借金は
雪だるま式に今後も増えていく
ということです。

つまり、
『お金の発行のしくみを変える』
ことこそが、明るい社会を
つくる根本であった。
ということです。

この動画を何回でも
見て、財政金融の根本を
学んでください!

では、また。


スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。