大西つねき氏の週刊動画コラム(保存)から:■vol.5_2017.12.11:パラダイムシフト

Pocket
LINEで送る

おはようございます
\ソウジャ です。/

フェア党代表の
大西つねき氏の
週刊動画コラムの過去の
保存版から、置いておく
ことにします。

今週のテーマはパラダイムシフト。
私は地球規模のパラダイムシフトが
起きつつあると思っています。

すなわち、今まで当たり前と
されてきた「利益」とか
「所有権」の概念すら崩壊する。

今週はそんな話をしています。

■vol.5_2017.12.11:パラダイムシフト

■編集後記
組織の「解体」と
個人の「解放」という
大きな流れが生じてくると云う、

新たな潮流を作ることに
なります。
そのためには、私たち庶民派の
フェアである政党が躍進して
「政権」を取らなければ
なりません。
(少なくとも、平和的な現状の
解決方法としては・・・)

確かに、組織の論理で、個人が
埋もれてしまっている方々の
賛同を得て、支持者を作るのは
非常にムズイかもしれません。

そのためには、
やはり、
大きな潮流に乗った
新しい考え方を広めなくては
なりません。

とにかく、これまで
個性埋没者が大勢発生して、
「組織論」なんかは、
腹で、笑っていますから。
ハナから、ついてくることは
無いと思います。

個人を認めて、その個人が
どのように、これからの社会で
認められ、必要とされ、
活躍が期待されるのか?
という、観点で
社会のコミュニティを
考えていく必要が
あると思います。

魅力ある、社会づくりは、
大西代表が云うように
「本質」からかけ離れていく
ような社会では、
欺瞞や嘘が
まかり通ってしまいます。
そうなると、
次代のパラダイムシフトに
乗れなくなってしまいます。

そうではなく、
今、多くの個人が求めているモノ
それは
「本質」で生きること。

つまり、
■本音で生きること
■嘘をつく必要のない
本当の姿を見せて生きること
■人間としての技を磨く
本物の姿を追求すること
に多くの人達は
「飢えて」いるのだと考えます。

本質を追求していくと
マネーは要らないんですよね。
「所有権」=エゴですから
永続性も無いんですよね。

そのように気がつけば、
マネーとは
「支配の道具」だったという
ことなのかもしれません。

私は、「本質」で考えるならば
本来であれば、
政治家や政治家は、
もはや、古い概念の産物では
無いだろうか?

思います。

政治とは、トップダウン的に
やらされたり、一方的に
制限したりするものですから、
何らかの画一性や一定の制限が
求められるのですよね。
ある、レベルを設けて。。。

・・・・
こう考えてくると、
為政者によって、
政治は、どうにでもなるという
これまでと同じ
政治・経済の姿と同じに
なってしまいそうですよね。
誰かや、何かの集団が
「権限や権力」を持つことにも
なりますしね。

そのためには、
たとえば、、、
経済流通の道具であるマネー
については、その
取り扱う概念を
「本質」に近づけるように
スべきです。

つまり、マネーは、
「腐敗」するという自然の法則
を取り入れるということ。
だから、腐る前に
用立てることになる。

これが、マネーに生命感を
与えて、生きた人間の生活と
同じ価値観で、連動できますね。

そうなれば、
より、実体経済に近くなり
仮想的なバブルマネーが
無くなって行くと考えます。

その場合、当然、
時間と共に、鮮度が落ちていく
ような指標技術が必要に
なってくるでしょうし、
一度に大量のお金を
ストックする意味も無くなる。

だって、お金とは「お足」
であって、使うためのモノです
からね。
貯め込む守銭奴は
居なくなるということです。

この金融システムは、
大富豪にとっては、一大事
とんでもないルールに
なります。

上流・支配階級層社会にとっても
非常(非情)なる
パラダイムシフトかも
しれません。

本当にできるのかしら?

という観点ではないと思います。

地球全体が、そのように
機運が流れていく状況に
入ってしまう、ということです。

もはや、
■会社に行って、作業をして
お給料が定期に入って、
ローンを払って・・・
そして、子どもたちは
会社に入るための学びを
学校でやってる・・・
という世界は、無くなって行く
次元に入ってるということです。

多くのマネーに起因する
モノゴト一切、無くなっていく
ということです。

じゃあ、マネーに変わる価値観は
何?
ということになります。

それは、なんでしょう?

たぶん、今後、20年後は、
AIによるロボットが多くの作業を
こなしてくれていますので、
わたしたちが、働くという
概念は、人間でしか出来ない
生産分野か、芸術やスポーツ
の分野での仕事が
仕事として、定着するのかも
しれません。

とにかく、これまでは
寡占者による地球のマネー支配
文明だったのが、

このまま、行けば、、、

近い将来のパラダイムシフトで、
今度は
寡占者による地球の
ロボット支配文明になるという
可能性が大きいのです。

では、また。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。