ミームとテーム

Pocket
LINEで送る

こんにちは、\ソウジャ です。/

みなさん、「ミーム」という言葉
おわかりですか?

私は知りませんでした。

ということで、動画をみると
わかりやすく説明してあるのが
コレです。。。

そもそも生物学者のリチャード・ドーキンスが
発端だとか、、、
繁殖して、多様化していく・・・
なにやら、「進化論」と関係がありそうです。
■What is a meme? [English word of the week #1] ミームって何?

ついでにもう一丁、
ウィルス感染のように爆発液に流行っていくもの?
えっ、それって、、、あれですよ「パンデミック」・・・
■Memeって何?/ What is a meme? 【ENG SUB】

まあ、どっちゅうことない
パロディーで画像にいたずら書きを
加えて、遊ぶという
「くだらない」お遊びでございました。

けど、コレで、稼いでいる人もいる
というのも世の中広いですよね。

ここまで、一応、基礎的な
概要を押さえられましたら、
次に超ムズイのがコレ!
というか、、、

アングロサクソンのグローバル領域の
お偉い先生たちは、、
なぜか知らんが、
「ダーウィンの進化論」を振りかざして、
それをネタに、タネにしては
言論を構築して、
ああでもないこうでもない、と
何か
目新しい、概念を
述べようとしています。

■ダニエル・ダネットの危険なミーム
https://www.ted.com/talks/dan_dennett_on_dangerous_memes?embed=true&language=ja&utm_campaign=tedspread&utm_medium=referral&utm_source=tedcomshare

良いミームと悪いミームがある。
どちらも寄生虫のように
ウィルスのように伝搬する。

人間社会では、悪いミームは、
背乗りして、いつの間にか
健全な国家を蝕み、
国内に暴動、飢餓・貧困を起こさせて
その国家のいわゆる富が
吸いつくされていく姿になっていく、、、

今の日本は、「悪いミームに侵されている。」
かもしれません。

ところで、ダニエル・ダネットの話の冒頭で
>この中に創造説支持者は何人いますか?
>おそらく誰もいないでしょう
>我々は皆ダーウィン信棒者ですね
断定してから、話に入ってますが、、、

そもそもダーウィンの進化論は
「眉に唾」ものです。。。

コチラで、
「進化論について」語っていますので
ご参考まで・・・
https://golden-tamatama.com/blog-entry-508.html
<引用開始>_______________________
ダーウィンさんの子孫が英国のあの有名な
「フィナンシャル・タイムス」の経営一族
だということぐらいはちょっとは
聞いたことはあるのではないでしょうか。

ファイナンシャルタイムズと言えば、
ウォールストリートジャーナルと
並ぶ世界の有名経済新聞です。
ヨーロッパ政界を動かす力のある
経済紙ですよね。
日本で言えば日経新聞みたいなものです。

スカポンチン極まりないガセ理論。
ダーウィンさんの進化論が世に広めたのは、
ロバート・フィッツロイさん。

ロバートフィッツロイとは誰でしょうか。
(フィッツロイさんの切手。)

ダーウィンさんと言えば、ビーグル号。
ビーグル号に乗って
ガラパゴス諸島に行ったのですよね。

フィッツロイさんとは
そのビーグル号の艦長さんです。

ロバート・フィッツロイさんの、
はとこがハンナ・ロスチャイルドです。
言うまでもありませんが、
当時の世界金融の胴元
ネイサン・ロスチャイルドの次女です。

この艦長フィッツロイが、
世界で初めてダーウィンの進化論、
自然淘汰の学説を発表したのです。

そして、ダーウィンさんの家系のご子孫が、
ロンドンの経済紙
〝フィナンシャル・タイムス支配一族。

まぁ、言わずもがなと言う話です。

フィナンシャル・タイムズとは・・
支配人マイケル・ヘリーの
はとこのデニスの妻は、
ローズマリー・ロスチャイルド。
その
はとこは英MI5ヴィクター・ロスチャイルド、
弟はIAEA議長ベルトラン・ゴールドシュミット。
ローズマリー・ロスチャイルドの家系には
ダイアナ妃。
重役オリヴァー・プールは、
南アのアパルトヘイトの
オッペンハイマー一族。(ロスチャイルド系)
サッチャー政権時代の大蔵大臣もその出身。
EC副委員長の兄も所属。

バカバカしい。
グル。グルなのです。
グルでグルグルやってる訳です。
律義なもので、
銀行の詐欺システムを隠ぺいするために
経済誌も全て奴らがとり仕切っている
という話です。
その中から出てきた
ガセ理論がダーウィンさんの
進化論だったというだけのことです。
<引用終り>_______________________
ところで、、、
また、陰謀論かよ!
という人がいるかもしれませんが、

<引用開始:るいねっと>__________
http://urx2.nu/Nl4b>より
西側の4大通信社はすべて
ユダヤ系の経営であり、
コンピュータによる市場運営を
牛耳っている「ロイター」の経営陣は
ロスチャイルド一族です。
そして、「AP」はロイターが
アメリカでおこした通信社です。
ロスチャイルド一族が共同経営する
メディアは、テレビでは
BBC,CBS,NBC・・・、
新聞では「ファイナンシャル・タイムス」
「ニューヨーク・タイムス」
「ワシントン・ポスト」・・
雑誌では「ニューズウイーク」
「エコノミスト」・・・
<引用終り>________________

さて、とにかく
ダーウィン進化論の証明となるための
「中間化石をみつけるの 難しい?」について
話しているのもありました。
参考:知恵袋
http://urx2.nu/Nl5g

「忘却からの帰還」さんでも
http://urx2.nu/Nl6K
<引用開始>________________
人間が神の形に似せて創られたという命題は、
西洋文明が構築された基盤原則のひとつである。
その影響は、そのすべてでないにせよ、
代議制民主主義、人権、企業活動の自由や芸術
および科学の発展を含む
西洋の偉大な業績の多くに見られる。

一世紀少し前に、
この基本的な考え方は、
現代科学の発見に近づく知識人による
大規模の攻撃を受けた。
伝統的な神と人間の概念の両方をデバンクし、
チャールス・ダーウィンや
カール・マルクスおよび
ジーグムント・フロイトのような思想家は、
人間をモラルと精神的な存在ではなく、
純粋に非人格な力によって
規定された宇宙に居住する
動物や機械であって、
その挙動とまさに思考が確固たる
生物学と化学と環境に支配されている
と描写した。
現実に対するこの唯物論的考え方は
結局、政治家や経済から文学や
芸術まで我々の文化の
事実上すべてに感染した。

この唯物論の勝利の文化的
影響は破滅的であった。
唯物論者は客観的な道徳規準の
存在を否定し、
我々の挙動と信念を
環境が支配すると主張した。
そのような道徳の相対主義は、
社会科学の多くの分野で
無批判に採用され、
現代の経済学や政治学や
心理学や社会学の多くの
基盤となっている。

唯物論者はさらに、
人間の思考と挙動は生物学と
環境に支配されると主張することで、
個人の責任感を蝕んだ。
その結果は、刑事裁判や製造物責任や
福祉の現代的アプローチに見て取れる。
唯物論者のスキームにおいては、
誰もが犠牲者であり、
誰もが自らの行動に責任を持てない。

最後に、唯物論は、
ユートピア的理想主義の
伝染力の強い菌種を大量に産み出した。
科学的知識を適用することで
完璧な社会を構築できると考えて、
唯物論の改革論者は地上に
天国を創りだすという偽りの
約束をする高圧的な
政府計画を主張した。
<引用終り>________________
>伝統的な神と人間の概念の両方をデバンクし・・・
という文言について、
デバンク=正体を顕にする
という観点は、

わたしから見れば、
かれら「神などいない」主義者は
「人間」という存在を
純粋に非人格な力によって
規定された宇宙に居住する
動物や機械と定義している。

このような唯物論主義が、未だに
アングロサクソンを中心に蔓延っている。
彼らこそ
「不適切ミーム」と呼びたい。

さて、最後にコチラ
■スーザン・ブラックモア:ミームとテーム
https://www.ted.com/talks/susan_blackmore_on_memes_and_temes?language=ja&utm_campaign=tedspread&utm_medium=referral&utm_source=tedcomshare

> ギリシャ単語の “mimeme” を取り上げました 
>模倣という意味です 定義の核心部を思い出してください
>それは模倣され 簡略化され “Meme” (ミーム)と
>聞こえよくなり 良いミーム として
>ミームを効果的に広めました
>こうやって アイデアは出来上がったのです
> その定義に従うのは大切です

以上の話は「模倣」を難しく言ってるに
過ぎないと思いますけど、、、
つまり、本物のマネをして、
「創造性豊かな何か」を
と思っている人間に対し、
実は
ミーム側から見れば、
そのようなことは一向に構わずに
とにかく
空きさえあれば
増殖・増殖・・・
これが、科学技術を使った
テクノミーム=テームでしょう!

そして、ついには人間の
尊厳も人格も無視して、
人間という乗物を使って支配する。
つまり、乗っ取る=「背乗り」
「背乗り」は、悪魔信者が
もっとも得意な「技」ですよね。。

見えない「テーム」・・・・
非常に怖い話でした! ハイ。

この動画をご覧になって、あなたは
何を感じましたか?

私は、「恐怖」を感じました。

結局、、生存闘争で優位に立つものたちが
今回の話の象徴である「ミーム」
(ものまね、パクリ)
というそのものに生命を与えて
それが、ウィルスのように
新たな「ミーム種」が発生し、
私たちを脅かす存在であるという。
そして、その強力な寄生虫のような
存在が生き残って行く
という自然淘汰の危険性について
述べたのだろうが、、、

これは、アングロサクソンの
グローバル領域の
やつらが、民衆に恐怖を与えておいて
何かをやらかす前触れの情報という
位置づけで、わたしは考えたい。

そもそも、悪魔教の連中は
明るいところに出られず、
影で、ひっそりと
暗く、陰湿で狡猾な画策を
やってきた。
そして、いつも利用するのは
こういった、御用学者、御用政治屋
どもを飼いならして、民衆に向けて
プロパガンダしている。

■結論
1.わざとムズくしてるのには訳あり(隠して、プロパガンダ)
2.ダーウィンの進化論をベースに話すのは「嘘」の上塗り
3.民衆を騙す常套手段は「恐怖」を煽り、後味が悪い!
4.こういった類は、「頭でっかち」を形成する
5.ミームは単なるモノマネや流行のことで、意思を持つことは無い
6.実は「集合無意識」がミームの正体だったりして!

以上、では、また。


スポンサーリンク
■利己的な遺伝子 40周年記念版 [ リチャード・ドーキンス ]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。