【スティーブン・ホーキング教授による、死ぬ前の警告】ヒト遺伝子編集の地政学

Pocket
LINEで送る

こんにちは、\Soujya です。/

今朝は、コチラからの情報提供です。
やはり、最先端の技術や発見というモノは
天竜人(超富裕層)に持っていかれてしまう。

地政学、次章の始まりの予感です・・・


<引用開始>

ヒト遺伝子編集の地政学

33545

彼らのDNAを操作する超人のレースが彼ら自身の進化を支配する未来について、有名な物理学者のスティーブン・ホーキング教授によって、大げさな警告が残った。この警告は、今年3月に死去する直前に起こった。

ワシントンポスト紙の記事では、「スティーブンホーキングは、自分のDNAを操作できる「超人」のレースを恐れていた」と説明した(私の強調)。

彼が3月に死ぬ前に、ケンブリッジ大学の教授は、今世紀の人々は知性や侵略などの人間の特性を編集する能力を得るだろうと予測しました。 そして、彼は遺伝子工学の能力が富裕層の手に集中するのではないかと心配した。

明らかにするために、ホーキング教授は、技術そのものに関する警告ではなく、少数の富裕層による独占を警告していた。

技術独占の脅威 

人類史上のあらゆる章を見ると、技術の格差は常に搾取、暴力、残虐行為、さらには大虐殺の悲劇的なエピソードにつながっています。アジアとアフリカから北米と南米にいたる部族に対して西欧人による銃器の発明と使用は、技術へのアクセスが不十分な人々に対して、技術の巨大な利点がいかに悪用されているかを見てくれます。

原子爆弾の発明は、米国に核兵器をめぐる実質的な独占権を握った期間を与えた。第二次世界大戦の終わりにすでに敗北した日本人に、熱心に1つではなく2つの原子爆弾を使用しました。朝鮮戦争やベトナム戦争の少なくとも2つの時期に核兵器を使用することを米国は考えていた。

ホーキング教授は、今日、超人的な人種の競争を引き起こすであろう、まさにこの種のバイオテクノロジーに対する企業の独占は、すでに絶えず絶え間なく論争中の使用と虐待の源泉であると警告している。

安全でない遺伝子組換え生物(GMOs)や製薬企業が農業を営んでいたカーギル、モンサント、バイエルのような大規模な農業企業による虚偽のビジネス慣行であるかどうか、そして遺伝子治療のような公的資金提供による慈善団体への価格付けなど、裕福な人たちの手にバイオテクノロジーを集中させ、すでにアクセスやコントロールをしていない人たちに対して熱心に虐待されている。

それは既に始まっている 

ワシントン・ポストの記事は、ホーキング教授の言葉をさらに詳しく述べるだろう。

人類は、 “DNAを変えて改良することができる、自己設計の進化と呼ばれる新しい段階に入っています。私たちは今、DNAをマッピングしました。つまり、私たちは「人生の本」を読んだので、訂正で書くことができます。

当初彼は、これらの改変は筋ジストロフィーのような単一の遺伝子によって制御される一定の欠陥の修復のために予約され、したがって比較的簡単な修正を行うと予測した。

「しかし、今世紀中に人々は侵略などの知性と本能の両方を修正する方法を発見するだろうと確信している」とホーキングは書いた。

彼は人間の形質の遺伝子工学を制限する法律を制定しようとするだろうと、彼は予想していた。「しかし、記憶の大きさ、病気に対する耐性、人生の長さなど、人間の特性を改善する誘惑に抵抗できない人もいる」と彼は予想している。

ホーキングはまた、明らかに、改善されていない人間は競争することができず、この格差の中で重大な政治的問題が生じることを明らかにしている。

出生前ではなく、生きている人、呼吸する人の中で、人間のDNAを改変することはすでに可能です。遺伝子治療のプロセスは、ヒト細胞を乗っ取って自然の形で複製する代わりに、特定の目的に役立つように設計された編集DNAを挿入するように再プログラムされたウイルスの使用によるDNAの標的編集である。

例えば、ペンシルバニア州立大学とフィラデルフィア小児病院の研究者は、そうでない場合は末期がんを持っていた白血病患者のT細胞を編集することができました  ニューヨーク・タイムズ紙によります

この編集により、患者の免疫系は、体内の癌細胞を見て破壊することができた。化学療法に反応せず、数日で確かに死亡した患者は、これまでの永久寛解に至った。

しかし、編集が通常の免疫系を癌征服に変えることができれば、将来のブレークスルーは、免疫系のさらなる改善から再生医療(この研究が英国で試みたように、高齢の心臓の健康な心臓細胞を再増殖させる  )

ホーキング教授の恐怖が非現実的であるか、根拠がないのはどこですか?

慈善団体と公的資金によって全面的に資金が供給されたペンステートでの画期的な成果は、その後、高度にカスタマイズされた実験的な研究開発の間に、FDAが承認した治療の費用を数倍も上回る価格を引き上げることになる製薬大手のノバルティスによってハイジャックされた段階。同様の運命は、ホーキング教授が警告したのと同様に、他の画期的な進歩を待っており、一般の人々が支払った後、「裕福な人の手に」奪い取った。

何もしなければ、人の強さ、知性、寿命を改善する将来のブレークスルーが、同様によく位置づけられたバイオテクノロジーの独占によって取り上げられることは明らかである。ホーキング教授の警告は遠い未来の脅威について遠くからの警告のように聞こえたが、我々はすでに暗い未来が形を取っていることをすでに見ている。

ヒト遺伝子編集の地政学 

人的資源とは、あらゆる国を定義し、富と安全の基盤を形成するものです。健康で、教育を受け、知的な人口が強い国を作る。このように、遺伝子編集によって増強された超人的能力を有する人口セグメントを有する国は、他の国や、これらの形質を欠いている自国内の他の領域よりも明らかな利点を有するであろう。
我々は今、白血病のような病気と戦うために遺伝子を編集した私たちの間を歩いている人々を持っています。バイオテクノロジーのスタートアップであるBioVivaは、創業者でCEOのエリザベス・パリッシュ氏が人間の老化を打ち負かす手段として遺伝子治療法をすでにテストしている、と  中国南部モーニングポストは報告した

すでに始まっているかどうかは、それが問題なのではない。実際の問題は、このような編集や遺伝子治療が、いつ経済とセキュリティに影響を及ぼし始めたのか、そして、この技術を活用し、悪用する人々を守るために、

中国のような国々は、バイオテクノロジーと遺伝子治療に多額の投資をしており、明らかに北米と欧州の独占企業であることに釣り合いを取っている。世界中の個人や小規模な組織は、現在、オープンソースの研究開発コミュニティを構築しており、この技術ができるだけ多くの手で終わることを保証しています。

暴動を恐れているかもしれないが、なぜ、他の国に原子爆弾が落とされたのか、それを止めて考えなければならない。自制からではなく、最終的に核兵器を取得した国からの報復の脅威から生じたものであった。何十年にもわたって支配的だった、危険ではあるが効果的な権力のバランスが現れたのは、

同様の力のバランスは、バイオテクノロジー、非常に強力な技術、それほど深遠な意味で、私たちの人類を再定義するために必要です。

各国は、この新興技術を研究、開発、有効に活用できる労働力を育成するために、教育投資に恩恵を受けるであろう。国家は、スタートアップへの投資と、バイオテクノロジーの現在の指導者との国家間の匹敵を可能にする画期的な成果を生み出す独立機関を育成することにより利益を得るであろう。

ホーキング教授は人生の中で輝かしい人物であり、彼が私たちを出発したときには、ぼんやりとした、しかし本質的な警告を与えました。私たちは、バイオテクノロジーと人間の遺伝子編集の危機的状況を無視し、私たち自身の危機で独占しています。
<引用終り>


■編集後記
突飛かもしれませんが、
今やUFOと言われている、乗物が
世界中で空を見上げると、いくつも
発見されており、
各国政府も否定はしなくなったのです。
それは、地球製UFOだ!
という人もいますが、その通り
それも在るのですが、
<引用開始>

動画

TR-3Bアストラというアメリカ戦闘機がタリバンを攻撃!宇宙のプラズマ …
世界の裏NEW
YouTube – 2015/03/04
TR3B アストラ 米国製の三角形UFOが日中に堂々と姿を現す動画
世界の裏NEW
YouTube – 2015/03/05
「地球製UFO アメリカ軍」の画像検索結果
「地球製UFO アメリカ軍」の画像検索結果
「地球製UFO アメリカ軍」の画像検索結果
「地球製UFO アメリカ軍」の画像検索結果
「地球製UFO アメリカ軍」の画像検索結果
<引用終り>
という感じで、存在しています。
しかし、これらは、未だ、安定飛行は
出来ていないのです。
つまり、反重力的な原理の応用は
一応出来たようですが、
あのアダムスキー型UFOのように
http://www.pipi.jp/~exa/ufo/ufo_photo.html
宇宙空間には飛び立てられないのです。
ということで、
特定の超富裕者が、マネーに物言わせて
軍隊も医療も先端技術も手中にし
第二次大戦は日本を先端科学技術の「核」兵器で
破壊度テストを行なった訳です。
ある筋によれば、超富裕層である天皇家が
その原爆の特許権を持ってるとか、、、
さて、結論だけ言います。
それは、この太陽系の宇宙連合体(宇宙人組織)が
あって、過去に地球人は核兵器を
使って、何度も滅びた。
その際、核による宇宙空間に大量の放射能を
飛ばして、いわゆる、宇宙空間汚染を
引き起こしていた。
今回の地球文明もその時点に差し掛かっている。
したがって、彼ら宇宙連合体は
核を使って、戦争などを起こせなくしている。
それを、天竜人らは知ってるだけに
核の脅威は、もう使えないのです。
なので、これからは
>遺伝子編集によって増強された
>超人的能力を有する人口セグメントを
>有する国は、他の国や、これらの形質を
>欠いている自国内の他の領域よりも
>明らかな利点を有するであろう。
ということで、
遺伝子編集能力の高い国家であれば
驚異となり、
その「遺伝子編集」ビジネスが
地球を覆ってくるということなの
かもしれません。では、また。


スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。