フェア党の新ロゴデザインが決定!

Pocket
LINEで送る

おはようございます。
\Soujya です。/

この度、私が支持するフェア党の
ロゴデザインが変わりました。

今まではコレでしたが、、

新しいロゴマークはコレ!

まずは、おめでとうございます。

新たな時代に向かって
「心ある」政党として、羽ばたくことを期待します。

フェア党のWebトップ画面も更新されたようです。

http://www.fair-to.jp/#truth

  • それでは、 大西つねき代表からのコメントを見てみます。


新しいフェア党ロゴについて

 皆さまにご協力いただきましたフェア党の新しいロゴ、ついに決定いたしました。アンケートにご協力頂いた皆さま、誠にありがとうございました。今回決定したロゴとその経緯について少し説明します。
 
 今回、ランサーズというフリーランスの方々へのお仕事依頼サイトでコンペにかけ、全部で113案のご提案をいただきました。しかし、その全てが検討に値するようなものだったわけではなく、その中から少なくともフェア党の理念は読んだ、それを理解しようとした、表現しようとした、というものだけを選り分け、さらにデザイン的にまとまっているものを選んだ結果、辛うじて3案が残りました。今回皆さんにアンケートをお願いしたのはその3案です。
 
 ただ、今回のコンペ、デザイナーさんの提案にあまり見るものがなかったのは、私の方に落ち度があったからだと思います。それは、何を本当にシンボル化したいかあまり明確にできなかったのです。コンペ開始当初は、フェア党の7つの理念をシンボル化してもらうことを期待したのですが、考えてみればそれはとても難しいことだったと思います。7つもあるのですから。
 
 それにそもそも、政党の理念というのは、あくまでも手段でしかないのです。確かに政党という団体は、その理念を目的に、つまりそれを実行するためにありますが、政党自体が道具に過ぎません。今ある問題の解決、より良い未来のために必要な手段を提案、実行するのが政党であり、時代や状況が変わればその手段も変わるからです。ということは、それはそんなに普遍的ではなく、さらに上位概念があるということです。「何のために」フェアな社会を志向し、「何のために」7つの理念があるのか。私がシンボル化したかった、そしてしなければならないのは、その上位概念であり、私の失敗は、それを十分にデザイナーに伝えられなかったことです。
 
 ではフェア党の理念の上にある上位概念とは何か?これは実は私も結党当初はあまり明確に認識していなかったのかもしれませんが、ここ数年ははっきり言語化ができています。大西つねきのホームページの政治信条にも書いてありますが、それは「個人の心の自由」です。人が生まれて、思う通りに考え、それに従って行動して全く問題ない社会、経済、金融の仕組み。それを尊重する他の個人と、そういう個人たちが思い通りに関わり合える世の中。これらはフェア党の理念に書かれていることですが、そのベースにある普遍的な価値が、全ての発露の元になる「個人の心の自由」。ですから、私は最初からそれを図案化してくれるように明確に依頼すべきだったのですが、それができなかった私の手元に残った3つのロゴ案、、、。「さて、困った。この中のどれを選んだら、それに近くなるのか、、、。3のバンザイは見方によっては自由な個人に見える。1は自由さはないが、一応理念を表現しようとしている。2はあまり特徴はないが、解釈の幅は広そう。とりあえず、皆に意見を聞いてみよう。」
 
 ということで、皆さんにアンケートをお願いすることにしたのです。この時点ですみません、どれを選ばれても即決は難しかったのです。いずれも決定版とは言えず、生煮えの状態でしたので。ただ、いずれにしてもそれぞれの進化版で決めるしかなく、その意味で視覚的な好き嫌いを知る必要があったので皆さんにご協力いただきました。その結果、1は視覚的にあまり人気がないことがわかり、3が一番人気、ただ、2もそれほど離されておらず、あとは2と3をどう進化(深化)させるかという問題で、前置きが長くなりましたが、2の進化版に決定しました。3の進化版はちょっと難しかったです(特徴がありすぎて)。2は逆に、私自身がどう修正したら良くなるかイメージが湧いていましたので、自分で修正してしまいました。
 
 
 その結果、皆さんがどう思われるかはわかりませんが、私としてはかなり満足できる出来になりました。全体の丸や飛び出す赤丸は日の丸を連想させ、曲線が躍動感と疾風感を表現しています。そして、小さな赤丸を頭に見立てれば人が自由に踊っているようにも見える。と、ここまではオリジナルのデザインですが、これに白い点を2つ付け加えることにより、白抜き部分が漢字の「心」になりました。それからスマイル(笑顔)ができ、全体のマルに欠けを作ることにより、不完全さの容認も表現したつもりです。デザイン的にもアクセントになっているのではないかと。ここまで来るともうこじつけの世界かもしれませんが、まあ、許してください。あとは皆さんに愛していただけるように、中身で頑張りますので。

■編集後記
以前のも結構、わたしは気に入ってました。
あの「党」のマークが、目覚めよう!
みたいな感じが良かった。

しかし、新しいロゴは、さらにロゴらしさが
あって、フェア党らしさ
・心ある政治を!・・・とか
・日本から世界に・・・
・躍動感・・・など
勝手なこじつけで、
希望のあるイメージが膨らんでしまいます。

庶民が参加して、まともな政治の実現に向けて
皆さん応援いたしましょう。

では、また。


スポンサーリンク

日本の財政、予算オーバーなんですよね。

でも、江戸時代的な年貢米の
古い考え方、概念、だったんです。

50兆円の税収に対し
100兆円の予算を組んでる。
財源論。

つまり税収に関係なく、
平気で予算を組んでます。。

いまでも、エラソーな顔して

財源論を振りかざしている政治家は
現実を知らないか

知らないふりした詐欺師かも

「間違った財源論をぶっ壊せ!」ですよ。。。

詳しくは
コチラカラどうぞ、、、

希望〜日本から世界を変えよう
単行本(ソフトカバー) – 2017/10/29
大西 つねき (著)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。