【ソフトキリング:遅発性毒性】後から症状が出てきてからでは治そうと思っても遅い・・・について

Pocket
LINEで送る

こんにちは、\ソウジャ です。/

おはようございます。

今回は、私の以前の記事で、あちら(自分高める学び紹介所)
からの引用です。


変な話ですが、毎日、私たちは「せっせと」

厳密に言いますと

人体に「悪い」=毒素
とでも言うべき

人工化学物質である「食品添加物」を

毎日、欠かさず

せっせと

体内に取り入れています。

それが、殆んど自覚なしに。

つまり、致死量では無いが、ごく微量の毒を
ソフトにゆっくりと
死の完成に向けて
蓄積していく。・・・

最近、身の回りで、若いのに

「突然死」

増えてませんか?

その方に共通する項目が

ここ数十年
私が観察した

「早死」した人の
共通な項目を挙げておきます。

ご参考にどうぞ・・・

■脂っこいものを好んで食べている

■運動不足

■酒・タバコをやっている

■魚介類が大好きで飲み会では刺身など良く食べる

■日常的に過度気味のストレスを抱えている

■血圧が高い

なんか、当たり前すぎて、メタボ対策のようですが

実は、あとから思ったんですが

まとめると

「ストレスを抱えながら、運動もせず、偏食し
仕事に追われて、手軽な
ストレス発散は酒・タバコ
の毎日が延々と続いている・・・」

まるで、死に急ぐ、モルモット状態です。

様々な「早死」するための条件が
重なったとしか
思えません。

そのひとつが

長い期間かけて人体に影響を与える
遅発性の「毒」が

健康の持続に至るジグソーパズルの
致命的な何枚かを破壊していたのかも
しれません。

考えました。

もしかして、この逆の生活をすれば

程よく、長生きすると。

「ストレス無く、適度な運動を楽しみ
バランスの取れた食事を腹八分目で切り上げて
余裕を持った稼ぎをおこない。
たまには、家族や親しい人と旅行へ出かけたり
自分の生涯をかけた仕事や趣味に生きる」

なんて、豊かなイメージです。

こうなるのは、「お金持ち」だから
なれるのでしょうか?

そう、おっしゃるのでしたら
では、最初から「お金持ち」だったのでしょうか?

最初は「豊かなデザイン」を
抱くということでしょうね。
なにも、豊かになるためには
最初からお金は必要なのでしょうか?

私は違うと思います。

豊かになるためには

個人の資質・経験・知識・知恵を
磨くことが本質です

お金は、あくまで、自分が何かを
成し遂げるための「道具」という
位置づけに
しなくてはなりません。

その確固たるデザインは
他人ごとではありません。

ご自分のことです。

話が、別な方向に行ってしまいました。

要するに

健康とは「豊かさ」を求めることですよね。
と言いたかったのです。

カラダに良くない食品は

もう、有り余るくらいの情報が氾濫しすぎて
何も食べられなくなっている人も
いるかもしれませんが

ひとつの原理原則さえ知れば
騙されません。

それは、売り手は

必ず
「法律を犯さない程度に

ウソをついて

、何でも売りつける」ってことです。

なので、お惣菜でも何でも
多少の食品添加物は、

必ず入っていると
考えるべきですし

「無添加」表示も、
どこまでが無添加なのか
消費者自信が賢く分析してから納得して
購入することが、自己責任です。

「遺伝子組み換えの豆は使っていません」と
たとえ、表示がそう書かれていても
疑うべきなのです。

自分で考えてみてください。

ポテトスナック菓子が60gの1袋108円が相場なのに

87円とか、安く、聞いたことも無いメーカーだった
なんてのは、ほとんどがアメリカのモンサントによる
遺伝子組み換えポテトを使用してるんじゃあないのか?
って、嗅ぐってみてから、

勇気を出して買ってください。

これでも、私たちは、本質を見ないように

スケープ・ゴートされているって
知っていましたか?

つまり、ある重要な「毒」を隠すための
悪者とされてるのが

「食品添加物」だったということ。

さて、本題ですが

その重要な「毒」とは

「ベトナム戦争で使われた
枯れ葉剤、除草剤なのです。」

除草剤は
添加物の約300万倍の
遅発性毒性を持っています。

たとえば、
数ミリグラムのほんのちょっとですが

食品添加物が入った食材だとしますと
これを食べて、
何年続けたら死ぬのかといったら
おそらく数百年生きられて取り続けても
この微量な毒では、

まだ、死なないと思います。

ところが、除草剤では、

数ミリグラムで一回の
摂取で、約300万倍の遅発性毒性により

確実に十数年以内には、お亡くなりに
なっていることでしょう!

したがって、現代を

騙されないで
生き抜く方法は

最も猛毒の除草剤の毒性を

体内に取り入れない工夫をしないと
本当の自分の健康は守ることができない

という真実に突き当たるのです。

食品添加物の害も害であることは事実です
たしかに事実。

でも、実際に毒が貯まって、遅発性毒性を
発揮する「除草剤」の 3,000,000分の1ぐらい
薄いんですけど、という話なのです。

そうなると、押さえるべき
問題は「除草剤」

では、その「除草剤」の本質に迫ります。

そもそも、ベトナム戦争で使われていた

枯葉剤とは
「解放戦線の隠れ家である
ジャングルを絶滅させること」を目的として
つくられたので、樹木を枯らすための
化学物質が使われたのです。

そして、ジャングルを
絶滅させるだけでは
足らず、エスカレートして
「解放区で作られる農産物を汚染し、
食料としては使えなくする」

ことが目的とされたのです。

散布された農薬は
「エージェント」と呼ばれました。

オレンジ、ホワイト、ブルーの
3種類のエージェントが用いられました。

オレンジとホワイトは、
成長や代謝を阻害するものです。

特に大量に使用されたのが
オレンジ・エージェントでした。

成分は
2・4-D(ジクロロフェニキシ酸)と
2・4・5-T(トリクロロフェノキシ酢酸)の混合物

アメリカ軍が撒いた枯葉剤に
ポリ塩化ダイベンゾダイオキシン
いわゆる「ダイオキシン」が混入して
いました。

塩素の結合のしかたによって、
毒性は非常に高くなる危険性があったのです。

たぶん、高毒性を持ったダイオキシンを
枯葉剤に混ぜて散布したと思わざるを得ません。

なぜかというと
枯葉剤を撒かれたベトナム各地では
不妊、早産、流産が2~3倍
奇形児が12~15倍
にもなったということです。

特に奇形児の例では
「ベトちゃんドクちゃん」をご存知でしょう。
b1e2cee46d696182f5820473610d0056[1].jpg
除草剤の中にあるダイオキシンの毒性は
あのサリンの2倍、
青酸カリの1000倍といわれています。

またサリンは、
空気中の水蒸気にさらされると
無害になるそうですが

ダイオキシン類は
1300℃の超高温でしか
高速分解しないという厄介者です。

ところで、この枯葉剤技術は

モンサントという会社が作ったものですが
http://uskeizai.com/article/357971933.html

いま、世界中で使われています。

真実を述べますと

私たちが使用する油の

ほとんどが
実は

遺伝子組み換えされた、
除草剤を大量に使用した
大豆や菜種、コーンなどから
抽出したものです。

つまり、
油は穀物を絞ったもので
ダイオキシンが濃縮されています
ので

油や揚げ物料理の好きな人は
肝臓が早く駄目になってしまいます。

次の症状として「顔にはシミが増えていきます」

思い出してください
早死共通項目のひとつであった
■脂っこいものを好んで食べている

そして
遺伝子組替えし、除草剤を大量に使用した
大麦を使った「ビール」は
アルコール中最もダイオキシンが多いものです。
(ご存知でしたか?)

やたらと、国内ではビール消費がどうのこうのと
マスコミに取り上げられていましたが
なるほど、売りたいわけです。

なぜか?

私が悪徳経営者だったら
こう考えます。

農業マフィアの
モンサントの「ラウンドアップ」を使えば
大麦は大量生産できて、コストが掛からない
しかも、ビールの値段も下げない

かなり、儲かる。
(家畜人間どもの短命は、気づかない方が悪いんだ)

かなり危険な思想の経営者ですよね。

いやあ、わたしじゃぁあ無いんで!

思い出してください
早死共通項目のひとつであった
■酒・タバコをやっている

ところで、除草剤(たとえばラウンドアップ)が
撒かれました。
撒かれた除草剤は、土中に入っていきますよね。

そこから、どうなると思われますか?

そうですね

地下水やら
側溝やら
流れ
流れて

どこに、流れていきますか?

はい、母なる「海」へ注がれます。

あるいは、除草剤が蒸発して雲の中に取り込まれて
雨になって「海」へ注がれます。

どんどん
どんどん

海に集まって

いま
穀物や野菜の
100倍~1,000倍の除草剤ダイオキシンが
場所によっては濃縮されている
魚介類が生息している可能性があります。

以前から
魚介類を大量に食べる日本人の食生活ですが
3.11から放射線とかセシュウムとか
騒いでいましたから、そんなに以前ほど
私も食べなくなっています。

けど、ダイオキシンのこの情報を聞くまでは
3.11でのことがなければ以前と
同じくらい大量に食していたかもしれません。

(しかし、3.11での諸々の危険性も
騙しであった可能性がありますが・・・)

思い出してください
早死共通項目のひとつであった
■魚介類が大好きで飲み会では刺身など良く食べる

除草剤ダイオキシンさえ使わなければ
魚介類は、本来非常に体に良い食材ですね。

ところが、現在は、ダイオキシン濃縮魚介類
を大量に食べた結果の可能性として
がん、難病、アトピー、寝たきり老人が
多いのもこれが原因しているかもしれません。

それと、短命の別な原因があります。

それは、次回のお楽しみとします。


■編集後記
ところで、「短命の別な原因」とは何か?
その時、書いてあったメモを亡くして
しまいました。
何を書こうと思っていたのか、
思い出せませんが、

なんとなく、思い出されるのが、
「人間、思う通りのものになる」
という自然の法則からくる
誤用だったように思います。

つまり、悪魔のサタンに道端で
声をかけられ、入れ知恵をもらいます。

そのときに、
それまで信じていたものが
失せてしまい、

サタンの云う内容に
惹かれてしまう・・・

それから、人生が変わってしまった。。。
という、、、なにやら

食べてはいけない「リンゴ」の
話に聞こえると思います。

そうです、
「短命の別な原因」を聞いたとたんに
その呪文に惑わされることこそが

短命(命取り)に
なってしまう。

という様な、文章だったと
思います。

それこそ、ミイラ取りがミイラに・・・

実に醜いですよね

何がって?

「志」や「信念」もまったく無く

ただ、長く、生きながらえる事に
執着している姿。

「長寿」ゾンビです。
キモイ!
です。

それが、あと20年くらいしたら
やってくるのです。

長生きだけしたい人は
あと20年、我慢してください。

わたしは、「嫌」です。
カラダに、バーコードチップを
埋められて、人体管理を
中央のマスターコンピュータで
仕切られる。

そんな、近未来がやってくると
想定します。

「人体端末に、マイナンバーコード・チップを
入れた瞬間から、サタンの奴隷になってしまいます」

では、また。
_____________________
スポンサードリンク

■高知県産 しょうがパウダー 粉末
蒸し生姜 しょうが粉末 70g
しょうが 生姜 生姜パウダー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。