グリホサート(グリフォセート)とは:最近うわさの発癌性物質!

こんにちは、\Soujya です。/
除草剤を
使ったことがありますか?
私は、ありませんが、

某除草剤メーカの除草剤の
主成分に
グリホサートなる成分が含まれて
おり、それがすごい
発がん性物質であるという
ことらしいのです。
<参考引用開始>_______

リンク
分子式: C3H8NO5P
その他の名称:グリホサート、
グリホセート、MON-2139、Glyphosate、N-(Phosphonomethyl)glycine、MON-0573、グリホゼート、4-Phosphono-3-azabutanoic acid、[(Phosphonomethyl)amino]acetic acid、N-Phosphonomethylglycine、Carboxymethylaminomethylphosphonic acid、N-(Phosphonomethyl)-glycine、2-(Phosphonomethylamino)acetic acid
体系名: N-(ホスホノメチル)-グリシン、カルボキシメチルアミノメチルホスホン酸、N-ホスホノメチルグリシン、[(ホスホノメチル)アミノ]酢酸、(カルボキシメチル)アミノメチルホスホン酸、N-(ホスホノメチル)グリシン、4-ホスホノ-3-アザブタン酸、2-(ホスホノメチルアミノ)酢酸

<引用終わり>________
グリホサートを国際がん研究機関
(IARC)による
発がん物質分類では、
group 2A
(Probably carcinogenic to humans)
ということで、
人間にとっての発がん物質で
ある可能性が高いという
結果に分類されています。
それ以来、急速に世界レベルで
グリホサートの反対運動が
強ってきています。
ヨーロッパでは、
グリホサートが15年の認可期限
の更新が迫っていましたが、
反対の声が大きくなり、
広がりを見せていました。
しかながら、欧州委員会は
大きな圧力に屈したのか、
贈賄によって懐柔に負けたのか
そんな怪しさを
漂わせて、
結局、グリホサートの認可期限を
姑息にも、18ヶ月と
「短くして」
認めたようです。

これは、EUの主要国である
ドイツ内で、政争があり、
安全性評価を担当した部門が
除草剤製造元との癒着が
あったのでは?
と言われています。

なので、それを隠すように
こんどは、欧州委員会は、
グリホサートの評価担当を
ドイツからフランスに移す
という方針を決めたことが
報道されていました。
さて、
フランスは欧州連合が
許可したにもかかわらず、
国内でのグリホサート使用を
再度、禁止しようとしています。
この動きは、
グリホサートがEUとして
禁止される可能性を
強くしました。。

以上のことは、「資本主義」とは
いったい、何だったのか?

マネーを至上の価値とする
この世の経済の
あり方に、「自然環境」も含めた
破壊をもたらす。
「冷たい科学」が
根底にあったのかも
しれません。

この「グリホサート」に
端を発した世界的な
ソフト・キリングとも云える
動きについて、
「るいネット」で
採り上げていますので、
紹介します。
(長いですのでご勘弁を)

■資本主義は我々を殺しつつある
のだろうか?①
リンク

■資本主義は我々を殺しつつあるのだろうか?②
リンク

<引用開始>_________

資本主義は我々を殺しつつあるの
だろうか?①

・・・
最近、主要成分がグリフォセート
であるモンサントのラウンドアッ
プが発がん性物質と思われること
をめぐり、多くの報道が次々とさ
れている。

最近、公衆衛生擁護団体
Environmental Working Group
が、彼らの実験で、45人中、2人
を除く子供のエーカーとケロッグ
とゼネラル・ミルズ製のグラノー
ラやオートミールやスナック・バ
ークを含む朝食でグリフォセート
を発見したと報じた。リンク

ブラジルでの試験では、母乳の
83%がグリフォセートを含んでい
ることが明らかになった。
リンク

最も広く販売されているドイツ
・ビールのうち14種がグリフォセ
ートを含んでいるとミュンヘン環
境研究所が報じた。
リンク

グリフォセートは、メキシコ農
民の尿やメキシコの地下水で発見
されている。
リンク
(・・・水域への存在は、これら
の生態系に生息する人間の健康や
生物種のリスクです。本研究では
、地下水、ボトル飲料水、カンペ
チェのHopelchén自治体の様々な
地方の自給農家の尿中にグリホサ
ート残渣を測定した。・・・)

サイエンティフィック・アメリ
カが、ラウンドアップの“不活性
成分がヒト細胞、特に胚や胎盤や
臍帯の細胞を殺傷しかねない”と
報じている。
リンク
(・・・。農薬や芝生で使用され
ている濃度よりはるかに希釈され
た濃度でさえも。
1つの特定の不活性成分、ポリエ
トキシ化獣脂アミン、または
POEAは、除草剤自体よりもヒト
胚、胎盤および臍帯細胞に対して
より致死的であり、研究者らは
「驚くべき発見」であった。)

あるドイツ人毒物学者は、モン
サントが率いるグリフォセート・
タスク・フォースのグリフォセー
トは発がん性物質ではないという
結論を受け入れたドイツ連邦リス
クアセスメント研究所と欧州食品
安全局を科学的な詐欺のかどで、
非難した。
リンク
(・・・欧州委員会は、「有能な
」機関に審理し最終的な判断を
下す時間を与えるために、15年間
ではなく、グリフォセートの一時
的な18ヶ月の再ライセンスを
付与した。)

こうした所見に関する議論は、
業界から資金提供された科学者は
、グリフォセートとガンとの間の
つながりを報告せず、一方、独立
した科学者は報告しているという
事実に由来する。企業に資金提供
された科学者連中は独立しておら
ず、結論を出すために自分が雇わ
れていることの反対結論を出す可
能性は少ないのだから、驚くには
あたらない。

グリフォセートが混ぜられた製
品を危険と分類するために、どの
程度の汚染が必要なのかに関して
も議論がある。使用と、時間とと
もに、濃度は上がると思われる。
遅かれ早かれ濃度は、被害を与え
るのに十分なものとなろう。

この記事での要点は、もしグリ
フォセートが発がん性物質であれ
ば、失われた命や医療費の経費を
モンサント/バイエルは負担して
いないということだ。もしこうし
た費用がモンサントにとって外部
費用でなく、つまり同社がこの費
用を負担せねばならなかったなら
、製品の費用はその使用が経済的
にはならなかったはずだ。費用の
方が、利点を上回るはずなのだ。

政治家や規制機関は賄賂に弱く
、仕事仲間に便宜を図るので、
真実を見出すのは極めて困難だ。
ブラジルでは、議員たちが実際農
薬使用の規制を撤廃し、スーパー
マーケットでの自然食品販売を
禁止しようとしている。
リンク
先週サンフランシスコ陪審が、
ラウンドアップによって引き起こ
されたガンによる損害で、元校庭
整備員への2億8900万ドル支払い
を命じた。モンサントが上訴し、
訴訟が校庭整備員が亡くなるまで
延々続くだろうことに疑問の余地
はない。だが、これは前例で、
陪審員がお雇い科学を疑い始めた
ことを示している。約1,000件の
同様訴訟が係争中だ。
リンク
(陪審員は、モンサントのラウン
ドアップ除草剤から癌にかかった
人に2億8,900万ドルを払う・・
・)

もしラウンドアップが発がん性
物質なのであれば、それは一社の
一製品に過ぎないということに
留意すべきだ。これで外部経済が
どれほど大規模なものかわかる
だろう。実際、グリフォセートの
有害な影響は、この記事が扱って
いるものを遥かに超えている。
リンク
(Roundupを作った会社
Monsantoは作物を遺伝的に改変
して除草剤に耐性を持たせること
で論争を起こしている)

続く

資本主義は我々を殺しつつあるの
だろうか?②

大気や水や土地資源に対する化学
農業の悪影響を検討しよう。フロ
リダ州は農地からの化学肥料流出
による藻類ブルームに悩まされて
おり、製糖業はオキーチョビー湖
の破壊に大いに貢献した。
リンク

肥料流出は、海洋生物を殺し、
人間に有害な青緑色の藻類ブルー
ムを引き起こす。現在、フロリダ
州のセント ルーシー川の水は10
倍も毒性があり、手を触れられな
い。
リンク
(セント・ルーシー川で採取され
た水サンプルには、高レベルの
マイクロシスチンが
含まれています。
摂取すると、毒素で汚染された
水が悪心、嘔吐を引き起こし、
重度の症例では急性肝不全を
引き起こす可能性があります。
藻類と直接接触すると、発疹が
生じることがあります。)

赤潮は自然発生し得るが、肥料
流出がその成長や持続を促進して
いるのだ。更に、公害が温度上昇
を引き起こすことも赤潮を増やし
、湿地の不動産開発用干拓も、
自然の浄化無しで、水が素早く
移動することになる。
リンク
(・・・長い白い砂浜では、フロ
リダ南西部のサニベル島は、通常
、家族が夏の最後の日を楽しむの
に最適な場所です。

しかし、今年7月からは、小規模
魚類、数千人のゴリアテ族、21フ
ィートのホエールサメなど、267
トンの海洋生物が有毒藻類の悲惨
な赤潮のために海岸で洗い流され
ました。)

■有毒な赤潮:フロリダ湾の海岸
は海洋生物を殺します!
有毒な赤潮:フロリダ湾の海岸 は海洋生物を殺します!

水質が悪化し、藻類ブルームが
増殖する中、フロリダ州の対応は
水質監視計画縮小だった。
リンク

企業農業によるこうした大規模
な外部経済を考えると、国内総生
産で砂糖や農産品に帰せられてい
る価値は、明らかに過剰だ。化学
肥料流出による藻類ブルームで
引き起こされる海洋生物の大量死
や観光業の損失や人の病気の費用
を上乗せしていないため、消費者
が支払っている価格は余りに少な
く、企業農業が享受している利益
は余りに多い。

私はこの記事で外部経済問題の
表面を引っかいた程度に過ぎない
。ミシガン州では、州の水道水が
安全ではないことがわかった。
何十年も軍事基地や何千もの消費
財の製造に使われている化学薬品
が飲料水に入っている。
リンク
(「何をやったの?」水道水に
含まれる化学物質について心配し
ている家族)

一例として、どれか事業を取り
上げ、その事業の外部経済を考え
てみよう。例えばアメリカ人の雇
用をアジアに海外移転したアメリ
カ大企業を考えてみよう。大企業
の利益は増大するが連邦や州や地
方の税基盤は減少する。社会保障
やメディケイドのための給与の税
基盤は減少し、こうしたアメリカ
の社会的、政治的安定性の重要な
基盤を危機に押しやっている。教
師や他の政府職員の年金用の税基
盤は減少している。もし雇用を海
外移転した大企業が、こうした費
用を負担しなければならなければ
、彼らは利益が出るまい。言い換
えれば、膨大な費用を全員に負担
させることで、ごく少数の人々が
儲けているのだ。

中略
生態経済学者は、資本主義は、
天然資源に対する人間による圧力
がごく僅かな“空の経済”では機能
すると強調している。ところが、
資本主義は天然資源が枯渇寸前の
“一杯の経済”では機能しないのだ
。GDPで測られる経済成長に関連
する外部費用は、産出価値より高
額な可能性があるのだ。

これこそ、我々が今直面してい
るものだという説得力ある主張が
可能だろう。種の消滅、食べ物や
飲料や水や母乳や空気や大地への
毒の出現や、地下水を破壊し地震
を引き起こす水圧破砕によって、
エネルギーを確保しようとする必
死の取り組みなどは、地球が追い
詰められている兆しなのだ。突き
詰めて考えれば、何世紀にもわた
って、資本主義が生み出してきた
全ての利益は、おそらく資本家連
中が生産の全部原価を負担してこ
なかったおかげなのだ。彼らは環
境や第三者に費用のつけを回し、
残った金を利益として懐に入れて
いるのだ。

更新: 昨年イギリスの医学専門
誌ランセットが、公害の年間費用
はグローバル経済の約6%で、一
方、年間グローバル経済成長率は
、約2パーセントで、福祉は2パー
セント増ではなく、この差異の年
間約4%減少したと推計している
とハーマン・デイリーが書いてい
る。言い換えれば、既に経済成長
は、不経済な状況になっている可
能性がある。下記を参照。
リンク
(環境汚染物質は少なくとも900
万人の人々を殺しており、戦争、
喫煙、飢餓、自然災害を上回る犠
牲を払って、年間4.6兆米ドルを
要しています。)

中略
記事原文のurl:
リンク
(資本主義は私たちを殺して
いますか?
ポール・クレイグ・ロバーツ)

<引用終り>_________
■編集後記
わたしたちの本来の
経世済民であるはずの経済とは、
①万民が潤うもの
②実体価値が常に流動する仕組み
③自然を拠り所とする
の3つが揃って、地上での
経済が、成り立つのであると思う

特に自然環境をナイガシロにする
経済そのものは、根底から
破壊を招くのであると思う。

いまから約800年前くらいから
マネーシステムが考えられ、
それに実体価値が紐付けられて
経済が営まれてきたが、、、

どうやら、世界のあちこちの
状況について、
環境が汚染され、
毒物だらけで、覆われて、

馬鹿な人間が、気づいた現在、
すでに
環境は、すべてにおいて
破壊尽くされて、
身動きが取れず、
食の安全が脅かされ、
ジリ貧で、肉体の死を
待つのみになってしまった感が
ヒシヒシと伝わってきている。

世の中、
地球環境、人間関係、
すべて、悪化の坂を
転げ落ちているように思う。

最悪・最低の絶望の淵である。
まさに
冷たい世の中、冷たい科学・・・

故飯島秀行氏が、語って
いたのを思い出します。
「不自然な考え方で何かを
為せば、不自然な結果しか
生まれない・・・」

現存の地球文明の全員がそうでは
あるまいが、
不自然な思想・考え方で
文明活動を営んだ結果が
「不自然な結果」が
経済、政治、社会、地球環境、
人体、組織、国家、、、
など様々に現象化してきている。

人間とは、いったい
何だったのか?
現在、「絶望」という二文字しか
残らないのはなぜか?

飯島さんの言葉では
ないが、必ず、自然は
浄化作用を起こします。。。

その時、
「不自然な人間は、・・・」

■学校は教えてくれない テネモス飯島秀行さん 2015.2月講演

では、また。


スポンサーリンク