日本人 殲滅 絶滅 幻滅:「結婚するもしないも、子供を持つも持たないも、個人の自由だ」と語る人々が増え、子供が生まれなくなった社会の行き着く果てに待ちうけるのは、国家の消滅である。・・・

こんにちは、\Soujya です。/

TV・新聞・ネットで
世の中じゅう、北朝鮮とか、
韓国とか、中共とか、
いわゆる「反日教育」を
行っている国家に
日本人がやられそうな雰囲気を
感じます。

威圧的な態度で
誰かに似てます。。。
DPpmEJgV4AEvDQK[1].jpg
物騒なタイトルです。

しかし
2017年の頃に、入ってから
特に感じているテーマです。

私は右翼でも左翼でも
ありませんが

■日本を守り隊‏ さんのツイート
https://twitter.com/no_jcp/status/935080568638685184
<引用開始>__________
日本を守り隊‏

11月26日に行われた「左翼&在日に
よる反天皇制デモ」の様子を
「保守速報」さんが伝えている。
奴らのプラカードの文面がひどい。
そんなに日本と日本人が嫌いなら
さっさと日本から出て行けよ!
.
日本が大嫌い
日本人の思考性格が嫌い
日本人は気違いだ
日本人を許さない
日本なんか絶滅してしまえ

・・・
祖国で稼げないから日本に来てる
くせに何が日本が大嫌いだw
そんなに日本が嫌いなら日本から
出ていって
祖国で働いて稼いでみて、
どうぞ?ww
と思った俺

<引用終わり>_________
本当にそうですよね!
と思いました。

ただし、
このようにして、
「左翼・在日」が
騒ぐことで、朝鮮半島人に対する
憎悪を日本人に対して
「煽ってる」ってことにも
なりますよね。

確かに、
問題の権化は
「反日的な朝鮮グループ」とか
「朝鮮総連」にありそうですけど、
朝鮮半島と一口にいっても
北朝鮮を除く韓国内では
各地域の派閥がいくつかあって
難しいようです。。。

もう一つの記事を紹介します。
https://ameblo.jp/jam512412/entry-12115517224.html
■日本人絶滅 ~最終段階~
2016-01-09 11:23:01
テーマ:ブログ
t02200142_0320020613535903430[1].jpg
(マッカーサーが冷徹に見えますね!)
<引用開始>__________
マッカーサーの父はインディアン
戦争にてジェロニモ以下の先住民族
を絶滅させた人物なのです。

そうです。アメリカ大陸で平和な
生活を営んでいた先住民族を絶滅
させた人物の子が戦後日本を統治
したマッカーサーなのであります。

ですからマッカーサーが日本の地に
足を踏み入れた瞬間から運命は
決まっていたのです。

日本人を絶滅させるのが彼の任務
なのです。かつてのインディアン
のように。
・・・
60年安保時代はゲバ棒や火炎瓶
等で武力闘争していた学生が
いました。

彼らは戦後間もない時代に生まれて
いた世代でまだサムライの精神が
残っていた最後の世代でした。

現在の学生は安保法案の反対運動は
行いますが決して命を張った行動は
起こせないないのです。

これは戦後の親や教師がテレビや
教育に洗脳された世代の人間です
からフヌケなのです。

そんなフヌケな人間に育てられた
人間はフヌケになるに
決まっているのです。

インディアンはライフルや銃で虐殺
されましたが今の時代は表向きの
国際社会の目があるので日本では
そんなことはできません。

日本人は巧妙にわからないように
虐殺されているのです。

それにあなたは気づいていますで
しょうか?

食べるもの・着るもの、
そして医療にワナがたくさん
仕組まれております。

先ず食べるものですがコンビニや
ファーストフードチェーンで
売っている食品は添加物や防腐剤、
遺伝子組換え食品のかたまりなの
です。

こんな物を毎日食べていたら
体がおかしくなるのは当たり前
なのです。

着るものもそうです。
洗濯するときには洗剤を洗濯機に
入れて洗いますが洗剤がたった一回
のすすぎで取れると思いますか?

取れないに決まっています。

洗剤がついた服を24時間356日
着ているのですから体の細胞に
異変が起きるのはあきらかな
ことです。

もっとわかりやすいのが
男性のボクサータイプの
パンツですね。

下の写真のようなものです。
t02200264_0416050013535980131[1].jpg

数年前までは男性用パンツとしては
ブリーフかトランクスしかなかった
が、このボクサータイプのパンツが
現在は主流となっております。

これはピチッとしたタイトな
デザインであるので睾丸が体の
位置に近くなり温度が高く
なるのです。

そうなると精子に異常が発生する
のです。

本来は睾丸は体温より温度が低く
なければならないのです。

だからぶらさがっているのです。

これによって子孫を作る機能を
破壊されているのです。

そして最後に医療です。

日本人の死因の原因のトップが
ガンなのです。

二人に一人がガンで亡くなると
言われております。

世界中見渡してもそんな国は
何処にもありませんよね。

しかも
日本は長寿世界一ですよね。

二人に一人がガンで亡くなっている
国が世界一の長寿国なんて
ツジツマが合いませんよね。

私達を世界一の長寿国と騙して、
そしてガンと騙してさらに早期治療
で治すと言ってまたさらに騙して
絞れるだけお金を絞って
殺すのです。

このようにして日本人は虐殺されて
滅びる運命にあります。

あなたはテレビや
政治家・医療をまだ信じますか?
虐殺から生き残れることが
できますか?

アメリカから見ればインディアンも日本人も同じなのです。
<引用終り>__________
全く、御意!
私もある程度、分かってましたが
いつの間にか、、、
ほんとにいつの間にか、
「ボクサータイプのパンツ」
なにげに、奥さんに買ってもらって
履いてました。

私は、もう子供も成人を超えてます
し、良いんですけど、
そんなところまで、
「巧妙」かつ「狡猾」ですな!

さてさて、トドメの
もう一つ、ご紹介します。

■もうすぐ、日本人が
「絶滅危惧種」になる日が
やってくる
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51994
上記の音声動画のようです。
https://www.youtube.com/watch?v=EWY1cJsFGZo
極めて、私どもの
子供・孫・玄孫たちが
生き抜いていくのが
「ほんとうに、
ほんとうに、
かわいそうです!!!」
こんな、日本にしたのは
私達や私達の先輩たちが
「日本人の意識」をマネーで
売り渡してしまったからでは
ないのか?
(あの60年安保闘争での学生は
現在は、会社のオーナーになって
悠々自適の老後を暮らしている
人もいるという…)

まあ、突き詰めて考えれば
幕末・明治維新から長期に渡って
仕掛けられてきたと言えそうです。

⇒「少子高齢化に歯止めをかける」
と叫ぶ議員さんたちは、眉唾と
見るべきですな!

⇒自分のことしか考えないような
思考だから、日本全体の人口減少
を見据えた長期的政策は打ち出せて
ないんです。

⇒日本の労働力人口は今後十数年で
1000万人近くも少なくなると見込
まれる中、高齢者が活躍できる職場
の創設も検討スべきだ!

⇒労働生産性が向上すれば、
人口減少問題が直ちに解決するわけ
ではないのは、正解。
なぜならば、日本の企業は生産性が
向上すると、労働単価が安くなる
から、賃上げは抑えつつ、株主への
配当を上げるに決まってるし!

⇒“不都合な真実”であっても目を
背けず、それに立ち向かう選択を
しなければならない。
御意。

⇒こんなに急激に人口が減るのは
世界史において類例がない。
われわれは、長い歴史にあって
極めて特異な時代を生きている
のである。
という驚くべき人口減少の加速度、
ということは
影で、やはり、先の話になるが
日本人はゆっくりと虐殺されて
いるんだなと感じます。
や が て 滅びる運命に、、、?
img_3c96a9fbb7b55fa17259d0b58496588163465[1].jpg
いやだ、止めてくれよ!・・・
骨粗鬆的な日本人口で
骨が砕けていくような感じに
なっている推計です。。。
日本の人口減少が地方消滅というような生易しいレベルの話ではない!

まとめっぽくなりますが、
重要なので再掲いたします。。。

<<解決策>>

1.求められている現実的な選択肢
とは、
拡大路線でやってきた従来の
成功体験と訣別し、
戦略的に縮むことである

・多くの痛みを伴う改革
・国家の作り替えを成功に導く
(現政権では、ハゲタカ
=ハザールマフィアに
日本人の富を掠めては渡してるから
打倒しなければダメである)
・人口減少社会の実態を正しく知る
そのために
たとえば、、、『未来の年表』が、
その画期的な役目を果たす
ようである。。。ホントか?
まあ、見てみると良いかも。

2.われわれが目指すべきは、
人口激減後を見据えたコンパクトで
効率的な国への作り替えである。

・「大人たちは何かを私たちに
隠していると思っていた。
実際、いままで学校の先生から、
本当のことを教えてもらって
いなかった!」
⇒いやあ、若い子が気づいてくれて、
ありがとうと云いたい!
だって、
イルミナティ・メーソンや
世界の王侯貴族や天皇財閥が
世界を「マネー」で1700年代
頃から牛耳ってきたんですから、
その歴史は、先公も知らないし
当然に、支配者層はそのカラクリを
教えるわけにはいかんのですな!

では、また。

___________________
スポンサードリンク
■未来の年表 人口減少日本でこれから起きること
(講談社現代新書) 新書 – 2017/6/14
河合 雅司 (著)

■脱戦争経済論
https://terakoyafrontier.jp/rselnyumon/

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。