【温故知新】世界情勢の捉え方と仕事のコツ

Pocket
LINEで送る

こんにちは、\Soujya です。/

ご存じですか?
「銀座まるかん」の創業者で、斎藤一人さん。

彼の講演会の音声動画がyoutube にUPされて
いるのを時々見かけます。

その中では、笑わせる中に、重要な本質を
語ってる個所がいくつかあります。
ときどき聞いては、参考にしています。

と云うか、
彼から云わせれば・・・
「しゃっかい(百回)聴いて!」
というところです。

さて、その中でも、
小泉政権発足当時
第1次小泉内閣のころか?
<2001年(平成13年)4月26日
-2002年(平成14年)9月30日>も
しれません。

丁度、2001年で21世紀の皮切りに
入った、頃の講演だったと
思われます。

では、どうぞ

<気にかかる項目の再掲です>
■お金を儲けるの(成功する)には、頭も努力も関係ない。
 ■実は簡単な事だった。

■世界情勢のはなし
 ■20世紀は「殺しっこ」ゲーム
 ■21世紀は勝ち負けが、ハッキリしてしまう
 ■日本は一国で語れない
  ソ連とアメリカの冷戦・・・原爆50メガトン準備
  ■ソ連は経済で負けた・・・原爆を作る技術があっても
  ■日本が仮に鎖国すると、半分は輸入に頼ってる関係から、人口の半分が餓死。

 ■この不況状態は100年のスパンであり当面変わらない
  ■100年、我々は耐えなければならない
  ■5~10年の話では無い
  ■今までインフレ、今後はデフレと認識して準備する認知が必要
  ■このままで、「いいや」と思っているとホームレスになってしまう
  ■ホームレスでさえ、上下対立の階層がある。 いじめで、殺されたケースもある。

 ■20世紀の「殺しっこ」ゲームから、21世紀は「生き残り」ゲームに変わった
 
 ■政治家も同様に、世界の情勢がこのような状態なのに
  ■「規制緩和、官僚の設備…、、不良債権…とか」なんとかすれば良い…
   ■「不良債権をなんとかする」は昔からあった、別にいま始まったわけではない。
   ■「不良債権をなんとかするからって、なんともならないんだよ!」
 ■そしたら、ずーっとならないじゃないか?って、国民に我慢しろということ?
  ■どこまで、我慢するんだ・・・
  ■本当は、「ならない」。 国民にならないと「云えない」
  ■だけど、「官僚制度」はかえなきゃあいけない」とか・・・
  ■規制をかえなきゃいけない。とか・・・
 ■悪いことはやめようよ! と云っても、経済とは関係ない!
 ■「不良債権」(経済)と「悪い規制」(法制度)とをイコールで話してる。
  ■なので、現状の経済は良くなるわけがない!
  ■したがって、支持率がだんだん下がってくる(化けの皮が剥がれる)
 ■次の政権(安倍晋三政権か?)が出てきても同じような嘘をつく!
  ■もし、本気で思ってんだったら(アベノミクス?)相当な経済オンチなのである!
  ■世界情勢が分からないからそんなことを云ってる
  ■本気のやつ(安倍晋三政権?)が出てくると、もうちょっと危なくなる!

 ■これからの男性はしっかりしてもらわないと困る
  ■女性が裸(芸術)になっても稼げる。
   ■男が裸になる(犯罪)と「逮捕」です。(笑)
  ■女性の方が頭がやわらかい。 柔軟性がある。
   ■女性は、英語でいうと図々しいんですよ(笑)
    ■嫁に行っても威張ってるくらいだから・・・
    ■男なら、婿に行くようっもんならひどいですよ・・・(笑)
     ■口答えなんか、絶対にできませんからね。
  ■図々しくて頭の良い女性が男性の敵として現れる
   ■商売敵(かたき)として、だんだん出てくる
   ■女社長がどんどん出てくる
    ■戦争で銃の引き金を引くことになると萎らしくなって
     ■「いってらっしゃい」とか云うが・・・ 
   ■都合の良いときは「ぐっと」出ますよ!(笑)

■仕事のコツ
 ■お客様は神様ですは「間違い」!
  ■神様ではないが、昔は、かみさまだった。
   ■日本に昔、テレビや冷蔵庫などのモノが無かった時代があり、
   ■(商品を)出しておけば売れた。
   ■出しておけば、お金を持ってきてくれるから
    ■神様といっててよかった。
  ■だから、売り手の商人は、ワザと汚い格好をしていた。
  ■ところが、現在は「物余りの時代」になってしまった。 
   ■お客さんが、何を買ってよいかわからないんです。
    ■そうゆうときに、お客さんが求めるものは・・・
    ■カリスマなの!
     ■この人の云うことを訊いてりゃあ「間違いない」っていう人を求めるようになってくる。
      ■その時、「こ汚い格好」をしちゃあ、ダメなの!
 ■これからは、お客様は神様じゃないんです。
  ■商人(あきんど)をお客さんが神様に思うぐらいにならないと、お客さんはお金を出してくれない。
   ■(もし、お客さんが神様だと思うのなら)お金取っちゃ行けないんだよ!
    ■神様からお金取ったら、「賽銭ドロボー」になっちゃう(笑)
   ■そうゆう間違った考え方の「基本を直さないとだめ」 
 ■商人(われわれ)は客様にいろんなことを教えてあげる人間じゃなきゃいけない 
  ■マスターなんです。 自分はマスターなんですよ。
 ■笑顔じゃないとダメ。
  ■ワクワクして仕事をしないとダメ
 ■お金儲けのコツは
  ■取った上で、また取るんです!
   ■これを悪戯に聞こえるならば、商人として零点です。
    ■1回しかしてないような商売は、よっぽど悪戯なんです。
     ■お金を何度も取れるような商売をしてるほうが、絶対に良心的なんです。
     ■だから、何度も何度も取れるような仕事をしなくては行けない。

  ■現在、仕事をしてるときの集客のコツは、1円もだしちゃダメなんです。
  ■売上を上げていくのに、仕事上で、1円も出しちゃダメなんです。これを基本にする。
   ■商人にとって、「お金」は兵隊さんなんです。 殺しちゃ、イケナイ。
    ■それで、1円も出しちゃいけないんです。
     ■まず、1円も出さないことを考える。
   ■お金が出ていく時ってあるけど、それは、間違いなく「お客にされている」ということ
    ■自分たち(商人)が、なんで、お金が「ねえんだヨ」というときは、お客にされている。
    ■商人というのは、(相手を)「お客にする」というのが仕事なんですよ!
     ■薬とか売れないと、倉庫に置くとかで「お客」にされちゃってる
     ■薬の「詰め合わせセット」とか、福が来ないで、「福袋」にもできない。(笑)
      ■商人がサラリーマンの客にされちゃダメなの。。。

   ■おれたちゃプロなんだから、客にしなきゃあダメなんですよ!
    ■たとえば、ホテルにくるお客さんを増やせと云ったときに、、、
     ■内装が・・・どうのこうの、金を出すことばかり考えているが、
     ■知恵を出せと言ってる。 金が無いから、なんとかしろと云ってるのに・・・
      ■まだ、金だっていう話をする。
       ■だから、余計に金がなくなっちゃうんです。

        ■銀座で「炉端焼き」やってるとすると、、、
         ■真ん中に炭だけ置きなって、、、
         ■炭だけ置いて、自分たちで焼いて食わしたら良いんだよ。
         ■板前も何も要らないから。
          ■自分が焼いてんだから、焦げたってナマだって良いんだよ(笑)
           ■炭が前で燃えてるから顔が熱くなる、熱いとビール飲んじゃうんですよ。

         ■壁紙なんか、貼っちゃダメなの!
          ■壁紙なんか貼らなくて、そのまんましてたって、新しい店って客が来るんだよ
           ■「古代人の店」とか「吉野ヶ里遺跡(よしのがりいせき)」とか・・・
           ■何でも良い(笑)
           ■お客が来ると、写真でもパチパチ撮ってりゃあいいの・・・
           ■壁に、撮った写真をペタペタ貼っておくと、写真見て喜んでんだよ・・・
           ■壁紙より、写真のほうがよっぽど安いんだよ。
           ■で、壁紙見に来るやつは居ねえから!
           ■次(来店まで)貼っときますから、と云うと、来るんですよ!

         ■商売のヘタなやつがやると、「古代人の店」らしく、、、
          ■ビールやつ(瓶とかグラスとか)を竹で覆ったようにする・・・とか
          ■よけいなことするなって、金かかるから!
          ■「お醤油」も凝った器にするとか・・・いいんだよ、そのまま出しておきゃあ。
          ■酒飲みは、酒のんでりゃあ、ハッピーなんだから
          ■金かけちゃー、ダメなんだ。
           ■ホントに古代人になりたいやつはいねーんだから。(笑)
   ■余計なことをすると、カネが掛かるんだよ!
           ■キッコーマンでも何でも置いといて、自分でかけて食べさしてりゃいいんだよ。
   ■カネって掛けちゃあ、イケナイの!
    ■余分なことすりゃあカネがかかる、
    ■いろんなことすりゃ人件費が掛かる。
   ■カネかけたら、潰れるだけなの
 ・
 ・
 ・
(あとは、「シャッカイ」聴いてください!)

■編集後記
いやあ、さすが、斎藤一人さん
時代の流れを読んでます。

世界情勢の、現在の日本の政権でも
財政問題とが 改憲とか、様々に
国民が「技を掛けられている」ということで
日本人の国民が
政府によって「お客さん」化されている。

と思います。

なので、現状の経済は
良くなるわけがない!

したがって、支持率がだんだん
下がってくる(化けの皮が剥がれる)

そして、また同じように
次の政権がどんな政権か
わかりませんが、
出てきても同じような嘘をつく!

もし、
本気で思ってんだったら
やはり、そいつも
相当な経済オンチなのである!

多分、2019年の政権のトップも
世界情勢が分からないから
そんなことを云ってるだろう。

本気のやつが
出てくると、
もうちょっと危なくなる!

しかし、もう、そんなに時間は無いと
思います。

では、また。


スポンサーリンク

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。