経団連は2018/8/1、大企業社員と国家公務員の一部のエリート層だけの大手企業の今夏のボーナス調査(最終集計)の結果【平均妥結額95万3905円で、1959年の調査以来、過去最高を更新】好景気に日本中が沸いたバブル期以上だ…と発表!?

Pocket
LINEで送る

こんにちは、\Soujya です。/

夏のボーナス、あなたは、いかほど
でしたか?

経団連の発表は、
なんのためにやってるのでしょうか?

1.90万超えの額面だけ捉えた情報

 平均妥結額95万3905円で、
 1959年の調査以来、過去最高を更新したことだけ
 をとらえている。

2.大企業の順位付けを意識させている。
 
 最も高いのが「建設」161万7761円で、
 ついで、「商業」109万2885円、
 「自動車」106万1566円と続く。
 実は、これ大手企業だけをピックアップした情報。
 さらに大企業の
 3割超が夏のボーナス平均90万超え
 という。

3.大企業は全体のごくわずか、0.3%だった!

  総務省統計局の
 「平成26年経済センサス‐基礎調査」
 (再編加工)によれば、
 我が国の中小企業数は380万9,000社
 (中規模企業55万7,000社、
  小規模事業者325万2,000社)
 に対し、大企業数は1万1,000社、
 このたった0.3%の
 高額なボーナス状況を公表して
 何を訴えたいのか?
 経団連!

5.上下対立の格差を意識させる

 エリート会社員の今夏のボーナス額を
 発表されても、99.7%の中小企業の
 庶民からみれば、興ざめするばかり
 このマインドに対して、劣等感とともに
 「足りない」病を植え付ける効果を狙った。

では、【経団連の意図とは?】
http://dictionary.sekirintaro.com/%E4%B8%8A%E4%B8%8B%E5%AF%BE%E7%AB%8B%E5%90%8C%E4%B8%80%E5%8C%96/
上記を、参考に回答いたしますと。。。
現戦争経済システムにおける、
ピラミッド(ヒエラルキー)が形成される
一連の流れ、また法則にのっとり
前頭葉の基本フォーマットである

二元振り子式情報処理モジュールが算出する、
国家、人種、宗教、幾つもの形式の中で
今回の公表による、「大企業の90万超えのボーナス」
というインパクト公表を与えることで、
自我フレームによる
「オレはもっともらえるはずだ!」との野望をもつとか
「オレは、もらえたからまずまず」という優越感とか
「オレは、もっと頑張らなければ」という
足りない病になってしまうとか、、、
さまざまに造られる分離構造が
形成されるようにするものである。

その中で、我々はあらゆる二元性の元、
分離したそれらに上下(ランク)を付け、
切り分けて情報処理する。
『わたしのほうが、金持ちだ。』
『わたしのほうが、能力がある。』 
『あの人のほうが、キレイだ。』 
『あの人のほうが、優秀だ。』 

だから・・・足りないものは
足し続けなくてはならない。

より上の階層にのぼるために、
得続けなければならない。
そこに現れる時空は、
欲望と争いの世界であり、
必然的に対立が生まれる。

イエス・キリストの磔にされた十字架の
ホログラムは、この上下対立を
生み出す亜空間知能に人類が縛られていることを
象徴したものである。
そして、戦争経済を作り上げる
エージェント(ルールメイカー)は、
この対立によって生じた問題を、
抽象度を上げ解決する妥協案という、
ある種の大義名分をもとに、
新たなルールを制定し、
支配しやすい戦争経済を作り上げていく。

同一化とは、
つまりルール化のことである。
※例:戦争(対立)→国連(同一化)IT、
電子マネーの普及、人工知能、バイオ科学、
あらゆるテクノロジーが
亜空間の持つ記憶(繰り返される過去)の
シナリオに基づく同一化に向けて
着実に進んでしまっているのです。

そもそも、考えてほしい、

「一般社団法人 日本経済団体連合会」とは
どんな組織で、なんのために設立された
組織なのか?

そして
「お金(マネー)」とは?

では、また。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。