2018.7.30「生産を強制する社会」大西つねきの週刊動画コラムvol.37

Pocket
LINEで送る

こんにちは、\ソウジャ です。/

今回も大西つねき氏の
週刊動画コラムを
紹介します。

今週のテーマは
「生産を強制する社会」です。

LGBTに生産性がないという発言が
炎上していました、、、
https://globe.asahi.com/article/11721708
<引用開始>_________

自民党衆議院議員の杉田水脈氏が
月刊誌「新潮45」(8月号)で行
政サービスについて「生産性のな
い」LGBTのカップルに「税金を投
入するのがいいのかどうか」と寄
稿し、波紋を呼びました。自民党
前には5000人もの人が集まり、発
言に反対してデモを行いました。
国内にとどまらず、CNNなどの海
外メディアも杉田氏の発言につい
て批判的に報じています。

<引用終り>_________

が、、、、

その背景には、何が・・・

実は、生産を強制する
「金融システム」があります。

それは
■生活保護叩き
■パワハラ
にもつながっており、
我々全員の生活の質にも
関わる話なのです。

その本質を知っていただきたく、今回はその話をしているようです

世の中、なんでもかんでも
「マネタイズ」しないと
生産性が無いと云われ、
しかも、
ロボットのように
・生産せよ
・消費せよ
の命令で、それに従って
生きてるかのような
奴隷生活が当たり前だと
思ってるフシがあります。

お金の金融的論理のしくみが
それに疎い人たちを
差別してしまう
その人間の生活を
凌駕してしまう。
のは、
おかしくはないでしょうか?

【フェア党の理念より】抜粋


一、多様な価値を生かす社会

現状の我々の価値基準は極めて
一元的になっており、
貨幣に換算できる経済的価値が
他の価値を凌駕している。
したがって、その獲得が
社会の支配的な行動様式となり、
その有無が実質的階層を
生み出し、アンフェアな状況を
作り出している。
我々は本来、経済的価値の創出、
消費のために生まれた
わけではなく、他にも多様で
大事な価値があることを知って
いる。
仮にそれらが貨幣価値に
換算できず、経済的合理性を
持たないとしても、それは
現在の政治経済体制、
金融制度の問題であり、
我々は制度の改善に努めつつ、
それらの価値を真理の目を持って
見通し、守り、将来に残す
責務を負う。


現在の金融システムは
相対的な
時間軸も超えた
貧富の格差を生じさせる
そもそもの仕掛けでした。

極めて狡猾で、気が付かなければ
恐ろしいマジックです。

そして、
「足りない病」を蔓延させて
生産に次ぐ生産を永遠に
繰り返そうとさせる、と同時に
生産されたモノを
同じく無限に消費させようと
している。

まるで、回し車に乗ってる
ハムスターのようです。。。
最後には
疲れて、寝そべってしまいます。

(でも、とってもかわいいですね。。。)

最後に、フェア党の理念を
置いときます。。。

http://www.fair-to.jp/wp-content/uploads/2016/05/rinen.pdf

では、また。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。