叡智に触れて、叡智から好かれると起きる現象について

こんにちは、\Soujya です。/

日々「叡智」を学んでいらっしゃる
皆さん、

シンクロニシティを
感じるときが、ありますか?

ウィキペでは、
シンクロニシティ(英語:synchronicity)とは、
ユングが提唱
した概念で「意味のある偶然の一致」
を指し、日本語では「共時性」「同時
性」「同時発生」と訳される。例えば
、虫の知らせのようなもので因果関係
がない2つの事象が、類似性と近接性
を持つこと。ユングはこれを「非因果
的連関の原理」と呼んだ。

という意味だそうです。
字面(じずら)だけ、追っても
さっぱり、本質が観えません。
わかりません!

何に共時性や同時性を感じるのか?

どんな場合に起こるのか?

なぜ、「シンクロ」が起きるのか?

さて、
今回、取りあげているこの
「シンクロニシティ」という
概念ですが、、、
こればかりではなく、

様々な概念を表す
ことばの定義を書き換えてしまう
ような
ある意図に基づいて、若者を中心に
メディアから発するメッセージを
もって、働きかけており,
偏った概念づくりが為されている
危険性があります。

その危険性とは
■ある方向に向かわせる
ということです。

それは、一種の洗脳であって
その方向から発する
・意見,
・態度,
・感情,
・思想
・行動へと駆り立てる

このことによって、組織化し
編成し,操作し,動員
させようとすることにつながります。

最近、
「シンクロニシティ」で検索したら
このような動画がありました。

あなたは、何を感じましたか?

いや、あくまで、私見ですが。。。

これは、「ど庶民根性」を
植え付けて、量産するために
一役買ってることに
つながっているかもしれません。
一般の若人が、共鳴しやすい!

わかりますが、、、
この「涙が溢れる」共鳴感は
あまりにも

「地球が悲しみの星」
であるために、そのような

抱え込んだ
憂鬱とか、
痛みとか

地球人全員で「分かち合って」
そういった胸の痛みを
76億分の1に
なったと思えば、少し楽になるよ!
だから
keep going・大丈夫
「そのまま行って」
「そのまま続けて」
生きていこうよ


みたいな
「痛みの分かち合い」の共鳴
であって、、、、、
ど庶民に通じてしまっているような
気がする・・・

だから
君も僕もあなたも私も
みんなで、少しでも
分かち合おうよ。
だって、
世の中、全然、楽しくないし
面白くないじゃん。。。

という感じに思ってしまいます。

じゃあ、
ほんとうのというか
その本質は、いったい何?

そのアンサーが
コチラの叡智ラヂオで、語っている
ようです。


■【最新宇宙海賊ラヂオ】#827
ラジオ視聴者『下駄ちゃん』からの
質問② 最近、ラヂオや講義音声を
聴いた直後に、語られていた内容と
シンクロするような出来事が職場や
家庭で度々頻発するように
なりましたこの謎の解明を
お願い致します。23分

・・・・・・・・・・・・・・・・
先日、聴いた音声のなかで、
何で
「湿度を気にするのか?」
「蒸すのが気になるのか?」
「湿度計で湿度を測る意味が
わからない」といった内容の会話を
されていました。
そのくらい印象に残ったのは
そのあと出勤しました。
顔を合わせた職場の先輩(50代)
が、開口一番
「きょうは湿度あったかくて蒸すな」
「腹立つな」
となぜか、しっかり出して
愚痴りはじめ、、、
それが同僚の愚痴、仕事への愚痴に
発展し、散々と不満をぶちまけた後、
スッキリしたのか、笑顔で去って
いきました。
その件に限りませんが、
スミスさんの声がけ時空論を聴いた
直後も声掛けを試されるような
出来事が職場でありました。

このようなことが、最近多いのですが
なぜ、ラヂオの内容が普段の生活の
場面とシンクロするのでしょう?
しかも、割とすぐ、訪れます。
(イ?シ?ショウカラカン?…聞き取れませんでした)
とも
関係があるのでしょうか?
ご回答のほどよろしくおねがいします

■RSELアンサー:
「ラヂオの回転数が高いから」


さすが叡智ラヂオ!
この回答を聴いている
わたしも回転が高まるようで
「ウキウキ」
「ワクワク」
「イキイキ」に
なってしまいます。

ところで、聞き慣れない
単語が出てきましたが、
おおよそ、コチラの
辞書に載っていると思われます。
https://dictionary.sekirintaro.com/

ただし、調べて読んでも
最初のうちは
さっぱり解らないと思います。

辞書の冒頭のことわりがきに
・・・
【使い古された既存の言葉は、
その言葉にこびり付いた
余分な情報空間を
無意識のうちに共有してしまう。

よってRSELでは、
単純なわかりやすさよりも
「概念の再言語化」を優先しており、
頻繁に新しい言葉が誕生する。
そこで宇宙海賊団専用辞書では、
RSELの造語や難解な概念を
解説している。】
とあります。

常に宇宙は進化し続けるなかにあり、
人間(観測者)が持つ概念の
固定化を防ぎ、一瞬ごとに変化する
ゆらぎを捉えた「今」の
概念の再言語によって
よりナマの概念を得られるように
なっている
ものと思います。

なので、これまでの固定概念で捉える
というよりも
最初は頭で分からなくとも
その言葉で表現されている
「いまのナマ」感を人体全体で
味わって体得共鳴する
理解として捉え続けようとすると
ある日、ある時、
すうっと入ってくる感覚が
すでに書いてある内容が
どれもこれも
その通りだと
確信してしまうのです。

こんな「生きた辞書」は
はじめてです。生きた辞書であるということは
生命であり、自然です。
自然は、間違いが無いのであり
辞書によって得られるものは
叡智しかありません。

この辞書自身が回転数を
上げているために、これを読んだ
観測者効果としての
回転に「促進」がかかるように
なっています。
https://dictionary.sekirintaro.com/

このことで
自然や宇宙の法則の理解が
更に深まり
表面は緩慢な生活の日々で
何事も無いように感じますが
やがて、、、

このRSEL辞書を読み込んで
叡智を染み込ませていると
内側から
徐々に理解が深まってくるようで
なりません。
https://dictionary.sekirintaro.com/
毎日、読まれることを
おすすめします。

もう一つ
忘れてました。・・・・

毎日、叡智ラヂオを聴きましょう!
きっと、
「叡智から好かれる」状態に
なることでしょう。

では、また。