パレートの法則について、2割の実践する人が成功をつかめる

こんにちは、\Soujya です。/

世の中の多くのものは
8:2に分かれるという
法則があるそうです。
パレートの法則というそうです。
以下の動画で
働きアリの話がでてきますが、
8割ほどが、「サボってる」
そして、残りの2割の「働くアリ」を
採取して、放置しておくと
その群れでも、あら不思議
またもや、
働くアリだったはずの殆どの8割が
今度は、「サボりアリ」に変化してる
というお話があります。

先程の「働きアリ」の話、
際限なく、採取を繰り返しても
8:2の法則性は
変化しないのでしょうか?

多分、変化はしないでしょうね。

それが、自然界の法則で
あるようですから、、、

では、自然的この8:2の法則は
何のためにあるのか?
最初、これを聞いて、耳を
疑いました。

働きアリの8割が働いてるのでは
無いのか?
おおよその全体が「サボってる」側
にいることの違和感ですね。
こうゆう実験も有ったようです、、、
幼稚園児20名で
玩具等が散らかった部屋を
片付けされる際の行動を
検証した結果、
3・4人の園児のみが片づける
行動をとり、
他の園児はおふざけしている。
そこからその3・4人教室から出すと
、残りの園児からまた数名の園児が
片づけ始めるといった行動が
見られました。
これは園児などの未発達な子供に
限らず、成人にも見られる
研究結果もあるそうです。。。
また、この8:2の法則は
ハチの世界でも同様だそうです。

私見ですが、、、

どうやら、自然的なこの8:2の
この2割は、種族保存のために
衣食住に関わる作業を行わせる
自然的比率だったということです。

逆に言えば
8割が、自由度のある行動に
振り向けられる、
つまり、進化のための創造的な
行動が取れるように、仕向けて
いるのかもしれません。

ここで、また私見ですが、、、

人間世界は、逆に働いて
いるのではなかろうかと思うのです。

つまり、人工的に、、、
自然的ではない世界です。

マイナスに成功するには、
自然的ではないようにすることが
成功の秘訣かも・・・?

8:2の法則の例って結構、
問題解決の鍵として
役に立つものが
あるかもしれません。。。

たとえば、、、

自然界では、ありえない
男(オス)と女(メス)の関係性で
離婚問題を解く鍵は
□離婚件数の8割のうち
離婚経験者が2割になってる
人間が発明したマネーシステムの
経済問題を解く鍵では
□全所得の8割は
人口の2割の富裕層が持ってる
□所得税の8割は
課税対象者の2割が担ってる
人間が創り出した会社システムの
経営問題を解く鍵は
□売上の8割を占めているのは、
2割の製品(商品)と
2割の顧客が支えてる
□2割の優秀な社員の売上げが
全売上げの8割を占める。
□仕事の成果の8割は、
費やした時間の2割から生まれる
□クレーム全体の8割は2割の商品が
原因
□クレーム全体の8割は2割の店舗に
原因あり
人間の学びとして造った学校で
選抜するときに使う試験問題の
解く鍵は
□問題の8割は、その学科に関する
2割の知識で十分に答えられる
人間が使う交通機関での交通問題で
解く鍵は
□都市の交通量の8割は
都市全体の2割に集中している
パソコンで見られるコンテンツの
ページビュー時間の問題として
解く鍵は
□スクロールせずに
見ることができるコンテンツに
8割の時間を割き、
スクロールしないと見られない
コンテンツには2割の時間しか
割かない
ボットやコンピュータを
動かすための
ソフトウェア問題として、
解く鍵は
□ソフトウェア利用者の8割は
全機能のうち2割しか使わない
これは、自然界にあるかもしれ
ませんが、、、
モノゴトを解く鍵は
□モノゴトの本質の8割は、
2割を見ればわかる。
品質向上問題を解く鍵は
□10項目の品質向上リストのうち、
上位2項目を改善すれば
80%の効果がある。
□故障の8割は、全部品のうち
2割に原因がある

この他にも、たくさんの事例が
紹介しきれないくらい
あることでしょう。

今回のテーマに戻りますが、

やはり、アフィリエイトという
ビジネスに当てはめてみますと、、、■行動しない人:8割
□実践するヒト:2割

という回答となります。

ネットで検索していますと、、、
どうやら、アフィリエイト初心者は
概ね、3ヶ月ぐらいで、
脱落して行くようです。

私は、まだまだ、諦めませんけど!

さてさて、、、
残念な脱落者層について
パレートの法則に則って
考察しますと、、、

よくありがちなのが
私もそうでしたが
教材を買って「安心」しちゃうん
ですよねぇ。

これって、心理的な一時的「快」な
訳で、別に
アフィリエイトのスキルや
SEO対策が取れることには
ならないんですけど、

購入して、手に入った途端に
「やる気」がいつの間にか
失せてしまっているんですよね。

これが、まさに
収集マニア化。
ノウハウコレクターとなって
しまっていたんですね。

商材や教材を手に入れることが
「目的」だったことに
冷静になった時に気づくわけです。

なので、
教材を買っても
実際にそれから
学ぼうとしない人:8割

一方、
教材を買って
真剣にそれから
学ぼうとする人:2割

上記の2割の層に脈があるのですけど
しかし、更に
働きアリの例と、、、思いきや

パレートの法則を当てはめてみると、
教材を買って学ぼうと
取り組んではいても、

実は、次の関門として、
「継続ができないんです」
という人が出てきてしまう。

そうなると、やはり
パレートの法則がはたらいてて、

継続できない人=2割の8割の人
つまり、
1.6割の人たちが脱落。

そして
継続する人=2割の2割となる訳
ですから、

0.4割の人たちが残る。
つまりたったの4%です。

以前から、云われていたことだけど

アフィリエイト全体で
稼げる人は5%です。

ちょっと数年前まで
云われていたのが、
アフィリエイトで
月に5,000円以上稼げる人は、
全体の5%だと言われていました。

ただ、今回のテーマで

パレートの法則に当てはめると
教材を買って、
学ぼうと取り組んでいて、
さらに継続できる人は4%との
答えがえられました。

ほぼ(nearly)の比率ですよね。

こんな記事が
ありましたので、紹介します。。。
http://hasimotomiyabi.com/af8/paretonohousoku.html
<引用開始>

・・・
売上全体の80%は20%の顧客が
支えているという部分ですね。
この20%の顧客というのは
リピーターを意味します。
要はファンですね。

この20%層(ファン)に僕たちは
アプローチをかけるのも
そうですが全力で尽くしてこそ、
全体の80%の売上が
ようやく立てれるという事です。

全体の売上の残り20%は
新規かお試し、あるいはクレームか
冷やかしの層です。
ですので顧客全体にアプローチを
かけたとしても、信頼関係が
構築できていない内は、
いくら売り込みをかけても
売れません。

それを理解せずに
説き伏せるような文章で
すべての層を煽り立てるからこそ、
稼げないわけです。

《なんか、当てはまりそう》

ただ確かに煽り立てる事で、
情報弱者の層は取り込めるかも
しれません。
でもそれではあと
何十年も新規を掘り起こす
企画を立て続ける必要に
迫られますね。

顧客も人の子ですし
バカなわけではありませんから、
1度騙されたり失敗すると、
『2度と騙されまい』というように
防衛本能が働きます。

結果はどうなるかは
説明するまでもありませんが、
将来利益が先細りしていくのは
明らかですね。

ターゲットマーケティング。
絞り込むという事でも
お伝えしているように、
ターゲットを絞り込む事に関しても
同じ理屈ですね。

絞り込んだメッセージを発信し
続ける事で初めて、
それに共感した層の胸に
響くわけです。

逆に欲が先走って八方美人になると
結局は伝えたいメッセージが
あいまいな物になるという事です。

またメルマガやステップメールに
関しても、反応が取れないから
といって頻繁に内容や順番を
変えている人がいますが、
それでは伝えたい事も
ろくに伝えれないと思います。

伝えれないというよりも、
メッセージがあいまいで
伝わらないという方が
分かりやすいかもしれませんね。

それらの意味でも、メルマガや
ステップメールの反応や
成約率が15%超えの人たちは
売上の内20%の層。
その強烈なファンを構築して
信頼関係を継続しているわけです。

情報弱者層をずっと釣り続けるか。

ファンとの信頼関係を
強固なものにするために価値を
提供し続けるのか。

死ぬまで自由に生きていくという
目線に立った時に、
どちらが自由でいれる時間が
長いかは後者に決まっています。

僕がアフィリエイトを行う上で、
最終的には強烈なファンを
構築するべきだと主張している
のには、そういった意味合いが
ありました。

<引用終わり>

なるほど、やればやってるだけに
奥が深いものですね。。。

だって、立ち位置は
「社長」なわけですから。
必然的に、そのような考え方に
なっていくわけですよね。

最後に、おまけ情報です。
■初心者は絶対に全部見るべし:4本

■編集後記
パレートの法則って、ただ単に
「へぇ、そうなんだ!」とか
思ってましたら、
この法則を能動的に
自分の仕事や集中して励んでいることに
応用できないかなぁあと
考えた、偉い人の
動画がありましたので
参考に置いときます。
■パレートの法則の使い方

それこそ、パレートにハマってしまいそうですが
これも、あくまで道具ってことで
亜空間知能にだまされない
程度に抑えておきます。

では、また。


スポンサーリンク

アフィリエーターに告ぐ!:
キーワード選定に時間がかかるなど、
疲れてませんか。。。
https://www.infotop.jp/click.php?aid=253162&iid=65474

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。