画竜点睛を欠いていませんか?・・・アフィリエイトビジネスの立ち位置認識

こんにちは、\Soujya です。/

元手(経費とか資金)が殆ど
かからず、
パソコン1台で
月収入100万円を稼ぐ。。。
という・・・

ことが出来ることについて、
私は、自信を持って
書くことは、できません。

なぜならば、
「まだ、実現できていないから」
です。

しかし、世の中、広く
極められた方も多く、

そのような事ができます!

おっしゃる方がいました。

「なんか、眉唾ものですかね?」と
疑って、しまいガチですが、、、
嘘を語ると、、、
詐欺罪かなんかに抵触する
「刑事罰」と
なるようです。

なので、これを動画で
「実際に儲けていますよ、
月100万円以上・・・」
という方がいました。。。

人生は数年で劇的に変化する
とおっしゃっていましたが、
先のブログでも
話しました通り、
「今の自分をつくっているのは
過去の自分であった。」

のですから、

当然に
アフィリエイトというビジネスに
邁進して、時間の一瞬ごとに
正しい方向に
「促進」をかけることで、
爆発的な「結果」を
数ヶ月という短期間にもかかわらず
得ることになるっていう
法則性を教えてくれています。

そして、クロレラさんの生きた
証明によって、
つまり、

月収100万円を超えることが
出来る、アフィリエイターに
なれるってことが
実証されている。

にもかかわらず、
なぜ、稼げていないのか?

そうですよね、動画でも云っていた
こと。
「諦めてしまい、止めてしまう」

当然に、稼げてない結果となります。

「自分には無理だ」という発想
そのような「想念」「思い込み」
による
因果の法則です。

結果して、途中・挫折という
現象を招いているわけです。

月100万円という結果を
出したかったら、
そのための原因を仕込まなければ
行けないんです。

原因を正しくするためには
「自分には無理だ」としている
怠惰な己を
どのように矯正し、
立て直して、いくかが
鍵となると思います。

そこで、まずは、、、
自問自答が重要です。

Q.なぜ、自分は月100万円を
稼ぐ必要があるのか?

Q.なぜ、アフィリエイトをする?

Q.なぜ、無理だと思うのか?

なぜなぜ、というふうに、自分を
自分で問いただして見る。

私の場合は、見つかった答えが
ありました。
それは、
「自ぶんに甘くないか?」
というものでした。
そして、欠けていたものが
あったんです。

それは、、、
辛い時に、かならずといって
良いほど、逃げ込むモノです。

それは、、、
●●です。
秘密です。。。。。。
嗜んでいる場合ではなかったのです。

さて、そのように
自己内省してから
再出発しないと始まらない
のでした。

「甘い己」を戒めつつ、
逃げ場を作らず、閉ざすこと。
そして、己の
本気度は、どこにあったのか?
ということを
見つめ直すことです。

つまり、本気度の継続性を
どのように認識していたのか?
ということです。

例えば、
Q.なぜ、自分は月100万円を
稼ぐ必要があるのか?
という問いに、

生活苦で、借金やら、子供を
抱えての今後の生計が
危うくなっており、お金に余裕が
なければ、家族全員で死ぬしか
ない状況である。

という具合に、境遇に何とか
はねのけて、必ず稼ぐんだ!
という、
気迫が湧いてくるのですけど。

大方、ほとんどの人は
程度の差はあれど、三度三度の
食事は摂れていますし、
衣食住は、それなりに確保できて、
僅かな貯金を取り崩しながら
とりあえず生きていく事が
できている訳です。

どうでしょうか?

先の生活苦の人と比較したら
本気度が違っていませんか?

人間って不思議な生き物です。
危険度が増せば増すほど
「本気度」が上がってくるのです。

しかも、本気度を継続して
正しい方向に向かえば
結果は必ず
早く出てくるのだと考えます。

正しい方向への促進は
アフィリエイトで云えば、
今回の動画で話されている
以下の項目でしょう。

今回の動画のまとめになりますが

■立ち位置の認識

1.自分で考える
・アフィリエイターは社長と同じ。

2.自分で行動
・意思決定したことを必ず実践。

3.自分に投資する
・自分で仕事や運転資金を決める。

なので、
アフィリエイターのイメージ・
立ち位置としては
「社長」「起業家」「個人事業主」
ということです。

■自己投資の重要性

 何でも無料で済まそうと
 思わずに、習い事は、プロの
 指導を受けることであって
 自己流に陥っては、マスターできる
 ものもできなくなってしまう。
 「画竜点睛を欠く」
 (がりょうてんせいをかく)という
 格言があります。
 これは、
 ほとんど完璧に出来ているけど
 これだけが出来ていない個所が
 あって、「おしい!」という意味
 で使われる場合と、
 肝心要(かんじんかなめ)の部分が
 残念ながら、出来ていないから、
 全体が台無しになってる。
 という、手厳しい意味で使われる
 のですが、
 今回の動画での
 「英語が話せるようになる」には
 の例でも、自己流にハマって
 肝心要(かんじんかなめ)の部分が
 残念ながら、出来ていないから
 結果して、何時まで経っても
 英語が話せていないんですね。

なので、自己投資すべきときは
自己投資して、教えてもらう、習う
ほうが、
「画竜点睛を欠かなくて
 済みそうです」

とにかく、恐ろしいことに
「画竜点睛を欠く」というのは

自己勝手な判断に通じます。

なにが恐ろしいかというと・・・
とてつもなく
長く、暗い道に迷い込んでしまう。
命取りの危険性も
はらんでいるのです。

ちょっと、事例と事情が違っていますが、
https://www.huffingtonpost.jp/2018/07/02/thailand-cave_a_23473314/
タイ北部チェンライ郊外の
タムルアン洞窟で
洞窟で行方不明の少年ら13人が、
全員無事確認されましたけど、
雨のせいで、暗い洞窟内に
閉じ込められてしまった。
事例です。
雨宿りのつもりが、、、、、、

では、また。


スポンサーリンク

アフィリエーターに告ぐ!:
キーワード選定に時間がかかるなど、
疲れてませんか。。。
https://www.infotop.jp/click.php?aid=253162&iid=65474