「日本人は国がいっぱい お金を持ってるけど 民衆は貧乏だ。 韓国は国が貧乏だけど 民衆はやたらカネ持ってる」

こんばんは、\Soujya です。/

今回も前回に引き続いて、
東アジアに住んでいる
派遣社員から、数千万の税金を
納める人に這い上がった
知人が、モノゴトの本質を
メルマガで教えてくれています。
紹介します。

《カッコ内は私のコメントです》

今夜は、文章が長いので
ゆったりして、お読みください。

では、、、次回からの続きです。。。



・・・
日本だとこの役人が給与アップする
というのは誰も文句言わない
わけでしてむしろこのニュース、このメルマガで
初めて知ったという
人も多いだろうと思います。それで「ニュースの重要度」で言うと
私はワールドカップは面白いな~と
思う反面、
やはり本田なんかも自分で
言ってますが
やはりワールドカップは
エンターテインメントです、
大多数の人たちにとっては。ぶっちゃけ
日本が勝とうが負けようが、
またメッシや
クリスティアーノ・ロナウドが
活躍しようがしなかろうが、

私は一定の興味は持ってはいるものの

どっちでも私たちの実利にはあまり
関係ないわけです。
が、税金の話となると別でして

税金が
上がれば

それは私たちの生活をダイレクトに
圧迫しますし、

こうやって
公的部門の役人たちの給与が
上がるってのは

彼らの給与は
100%税金を原資とするわけだから

必ず
日本民衆が税金で
払わないといけないわけですから

やはり重要度としては

断然
この公務員ボーナスアップのほうが
上だと私は考えているわけですね。

《当然であります》

これは近代デモクラシーの国では
当たり前の議論であって

例えば財政難の国があったとして

そこで役人の給与が
どんどんウナギのぼりだったら

それは当然議論になります。

「財政が足りないって
言ってるのに

なんで役人の給料だけは
上がっていくのだ」

という、
当たり前すぎる議論が
起こってきます。
が、日本ではこの議論は
「鎮火」させられるわけですね。

ちなみに上に書いたように
あくまでも、
一般職のボーナス額であって
これ管理職の公務員たちの
ボーナスはもっと高いわけです。
私は公務員の女の友達がいて、
彼女に聞いた事があるんだけど

なんでも役所に全然仕事しない
上司がいるんだと。

ただ年収は
1500万円はあるらしくて、

それで自分たち若い公務員たちが
窓口で罵倒されながら

働いている中、

この上司なんかは部屋で
毎日
DVD見ているんだと。

この女友達はそれがおかしい、
とまあ当たり前のことなんだけど
怒っていたのを覚えておりますが

ただそれ以外にも福利厚生なんかも
メディアでは言われないけど
ずいぶんなものがあると。
公務員の場合はこれ給与だけで
考えてはいけなくて

福利厚生なんかも明らかにして
本当の人件費を算出する必要が
ありますが、絶対にこれは
数字で出てきません。

特別会計なんかがありますから、

ここで税金を原資として食べている
人間の総額の人件費が

どれくらいか?

というのは実は
「誰も知らない」んですね。

唯一以前に国政調査権を使って
調べようとしたのが
石井こうき議員だったけど

暗殺されちゃいましたと。

だからここで大きな問題があって
民衆は
国家官僚たちに
「税金は社会福祉に
使われるのです~
そう、それが福祉国家という考え方で
すよ~」

と刷り込みされて税金を収奪
されてるわけですが
誰一人としてその税金の使い道は
分からないんですね。
これは私は以前所得税以外にも
住民税
とか健康保険の負担が
莫大であったので
(税のトータルが8桁あったから)

それこそ健康保険なんかでさえ
年間100万円近くしたので
もうおかしいなと思って
担当の方に
「この税金がどのように
使われてるのか教えてほしい」
と聞いたわけです。

が、どの担当も
一応資料は見せるのだけど
最終的には特別会計の団体に
そのお金が流れるので
「実は私たちにもお金がどう
使われてるのか分かりません」
と言っていました。
だからここで重要なことがあって

「日本人は誰も
その税金の使い道を知らない」
のですよね。

ちなみにこれはオランダなんかだと
ありえないことのようで
オランダなんかだと税金の使い道を
全部
インターネットで民衆が確認できる
のですと。

オランダ人が言っていました。

ただ日本の場合は誰も税金の
使い道は知らないのだけども
そんな中で世界一の重税を
課せられながら
そこで社会保障は縮小していき、

なぜかいつも公務員の給与は
アップしていくわけで

公務員のボーナスなんかは
6年連続アップするわけです。

これは海外から見ているととても
不思議な国でありますよね。
それで今回は
「民間企業の賃金アップ」をその
ボーナスアップの人事院勧告の根拠と
しているのだけど

ただこの
「民間企業の賃金統計をどのように、
どの企業に取ったのか?」
というのは資料として
出ていないわけですね。

これは民間企業であるから多くの
民間人は99%は
中小企業なんだけども

どの中小企業たちを参考にして、
その給与アップの根拠が
作られているのか?
というのはこれ不明なわけです。
まあ実態は1%未満の大企業の給与を
ベースにして
この「民間企業」の賃金作成
しているのでしょうが

ちゃんとその証拠が
隠蔽されるようになってるのが

すごいところなんですね。

ちなみに私は大阪にこの前行って、
色々と話を親戚たちとしていた
のだけど
そこで出てきたのが
どこどこの家庭は生活保護で大変で
もう貧乏で窮しているとかそんな
話もしていたのだけど

その中でとある家庭はこの前
とても良い車を買ったのだと。

なんでもドイツ車で、
安全性が高い車だそうで、
新しい高級車を
どこどこの家庭が買っていて
お金あるよ、
あそこは、
みたいな結構生生しい話を

していたわけです。

大阪の人はカネの話が結構
好きですよね。
んでこのドイツ車で羽振りがよい
家庭はというと

これ主人が公務員の家庭なんです。

だから私はつい1ヶ月くらい前に
この話をしていて

考えさせられまして、
上記の生活保護の家庭ってのは
民間なんだけど

一方同じくドイツ車の家庭はこれ、
公務員の家庭でしてですね、

すごい対比だな・・・なんて
思って考えさせられたものです。

まあ全部リアルな話で。

そして私はドイツ車は日本車と同じく
素晴らしいと思いますし、

そのセキュリティはすごいものが
あると思いますし

私も時々運転しますから、ドイツ車は
素晴らしいしそれに対して

何もないんですけど、

ただいかんせん日本ではドイツ車って
のは高級車だけど
それに乗れるのが税金を100%原資
としてる地方公務員たちのような
人たちであって

民間の人たちのほとんどは
手が届かないってどうなんだろう
ということですよね。

それを考えさせられました。

これが例えば起業とか投資で
頑張って学んで結果をしっかり
出して
そしてその民間の自由市場で
しっかり戦って
リスクとった人たちが
ベンツやBMWや、または
ポルシェやフェラーリや
ランボルギーニ
乗るのは全然良いと私は
思うわけですよ。

「金持ちが優雅に散財できるのが
良い社会である」

というのは副島隆彦の言葉です。

《ここで、思い出すのが、副島先生の

「税金官僚から逃がせ隠せ個人資産」
ということにつながるのですね》

また日本代表の本田選手が病気と
戦いながらもそれを
表に出さないでその上で短い時間で
ゴールまで決めて
それでフェラーリに乗るなんてのは
私は素晴らしいことだと
思います。

が、日本の場合はどうも優雅に
散財できるのがこれ大多数が
税金を100%原資とする

公務員たちであります。

もちろん、中には例外もいて、
投資家とか起業家の
若い成功者(全体の1%未満)で
そうう人たちも
いることはいるけども、
基本的には日本で贅沢に
散財できるのが
公務員か、もしくは準公務員である
大企業社員たちや
医者くらいであるのでしょう。

となるとそんな社会ですから

すなわちリスク取って事業
起こしたり投資したりして

お金稼ぐよりも

他人から
税金で
収奪して
盗んでしまって

そしてそっちのほうが
贅沢できるのであれば
社会では誰も真剣に
事業を興して儲けるとか
投資のことを学ぼうともしないし、

そこで全くイノベーションも
起こらなくなってしまいます。

そして社会は衰退してしまう。

《家産官僚国家のソヴィエトが
崩壊したのもそのせいなのか?
まさに、現在も「国家の暴走」が
続いていますよね!
元経産官僚・古賀茂明に聞く
『国家の暴走』
https://youtu.be/AIa9I72jRIU
とか、
【公文書改竄事件】依法官僚制から
家産官僚制への堕落
https://ameblo.jp/nora-journal/entry-12359888634.html
<引用開始>
日本国の官僚制には, 猟官制度, 易姓
革命, スターリン方法がいずれも適用
されてこなかった.
そのため, 日本国の行政官僚はどの
政党が与党になろうが関係なく, 在日
米軍, 米国政府の意向を汲んで行政権
を行使し, 特別会計を膨らまし, 外郭
団体・特殊法人等の天下り団体を増や
し, 大企業水準で算出された高い給与
水準を維持し, 立法でも行政官僚の権
力を肥大化させ, 制度疲労を起こした.
<引用終わり>
日本国中、なぜもこのようになって
きたか?
・・・国家を横断して組織する
軍産複合体が、
根っこにあるのでしょうね。》

全員公務員になるのであれば、
一体誰がその税金を払うのか

という問題があるわけですね。
それで現在の日本の問題として、

格差問題というのが
論じられることがありますが
実のところこの格差問題というのを
最初にあおったのが
財務官僚たちでありました。
要するにロジックとしては

「格差があるから
(民間市場でずる賢く金儲けした)
金持ちたちはずるくて悪いから
彼らから税金でお金を取って、
そのお金を貧乏層に社会保障として
分配するのが正しいですよね??」

っていう論理であります。

まさにゴエモンの価値観ですね。
実はゴエモンのあの価値観は役人の
それです。
ちなみにこの社会保障の論理で税金
収奪をするのですが
これを福祉国家論という。

が、この福祉国家論には罠がある。

そこで大多数の考えない人たちが
「そうだそうだ!金持ちたちから
奪い取って
貧乏人に還元するのが正しいのだ!!
それが平等だ!」

とやるわけですね。

《以前も私のブログで紹介して
きましたように、
似たようなフレーズ、ありましたよ
「政府の借金は国民の税金が頼り!」
みたいな、、、
大嘘!です。
■「財務省のウソ」なのです
(1)https://www.youtube.com/watch?time_continue=16&v=ixObYTNcBW0
(2)https://www.youtube.com/watch?v=kL4SYPORAB4
(3)https://www.youtube.com/watch?v=fjA85_DgyQc
財政金融の根本的な考え方が
間違っていたんですよ!!!!!!》

それで国家官僚たちは
「そうですよね?
だから私たち国家官僚たちが
金持ちたちから
税金を取ってやりましょう!

そしてみんな「平等だ」。
私たちは正義の味方だ!」

とやるわけです。
ちなみに彼らは東大出身官僚たち
なんだけども

こういう矛盾を気づいてるんだけども

東大生たちってのは
「自分を騙すのがうまいから」
上記のように自己洗脳して官僚という
職業を遂行しているのです。

私は
この自己洗脳がうまい人たちってのを
東大出資者だけじゃなくて早稲田の
同僚たちでも多く見た。
彼らは今も大企業で働いてます。

一方私なんかは当時政治学なんかの
授業の成績はおそらく相当良かった
のだけど
それでも就職活動はしなかったので
そこで
就職後にあえてアルバイトを
選んだから
あいつは馬鹿だということに
なっていた。

それでここでエリート層の彼らは
東大出身の彼らは社会保障のために
税金を取ると
大衆に宣言するわけですが
その論理として使われるのが
福祉国家論であります。

さて、ここで大衆から福祉国家論を
元に税金を収奪するわけですが
そこで「社会保障に使う」と最初に
宣言するのだけど
ここで問題が起こってきて
それが
「国家官僚や彼らの手下である
公務員たちの
給与や人件費に回ってしまう」
という問題が、必ず発生してしまう
わけです。

これが福祉国家論の罠でして、
そこでリバータリアン思想の
反税金反官僚の考え方ってのが
先進国で台頭してきてるわけです。

すなわち
「福祉国家論というのは
詭弁で嘘である。
実際はそのように甘言を持って
税金で収奪して
君たち役人の給与に
化けているではないか」

という指摘です。

まさにこれが日本で起こっている
ことですよね。
ただこんな議論に発展したら
困りますから、
だからワールドカップという
パンとサーカスの
サーカスで盛り上がってるところで
こういう報道が
小さくされるわけですが

私は大変考えさせられました。

が、気づいてほしいのが
日本の与党も野党も

誰もこれをちゃんと批判していないと
いうことですよね。

これがすなわち大本営である
ということでありまして
大きくは与党も野党も官僚たちの
手のひらの上に乗っている。

国の借金が凄くて
増税しなきゃいけないという時に
このようにどんどん役人の人件費が
連続上昇していく・・・

《ご周知の通り、
国の借金を税金でどうにかできるか?
と云うと・・・
もう一度、云います、、、
■「財務省のウソ」なのです
(1)https://www.youtube.com/watch?time_continue=16&v=ixObYTNcBW0
(2)https://www.youtube.com/watch?v=kL4SYPORAB4
(3)https://www.youtube.com/watch?v=fjA85_DgyQc
財政金融の根本的な考え方が
間違っていたんですよ!ここで、知人の彼が云ったのは

もし、そのウソが本当だとして、
増税しなくてはならないことで
有ったとしても、
お前ら「役人ども」は
民衆が生活苦で喘いでいる
ことを、何とも思わずに
テメエラのふところ勘定だけで、
頭がいっぱい!
ということを意味しています》

なんともおかしなことですよね。
しかしそういった批判をかわすために
悲しいかな、
日本のワールドカップの熱狂が
利用されてる
感じもありまして

ワールドカップを楽しむのもこれは
人生でまあ
あっても良いと思ってるんですけど
同時に大衆にはパンとサーカスを
与えよという
思想もあって

そこで大衆を支配していくという
為政者の視点がある
というのも知っておく必要は
あるかなと思いました。

それで・・・私は
現在韓国にいるわけですが
以前からメルマガで韓国に
いる時には書いてることとして

「最近の韓国人たちは
日本の多くの人は
認めたくないだろうけど
日本人より贅沢な
良い暮らしをしている」

ということです。

これはやはり両国の関係というのは
国際政治として

「分断して統治せよ
divide and conquer」
が実行されてきたから

やはり色々物議を醸す意見で
あろうとは思いますが
ただ私はそれでも
本心を書きたいから建前だけの
文章は社会の発展に寄与しないし、
在韓日本人として
書いてきたわけです。

それでこれは以前「ほんとかよ~」
なんて人も多かったわけだけど
私が書いてきた多くのことは
数年経過して立証されてくることが
多いってのは昔からの読者さんなら
ご存知の通りですが

(例えば2013年に日本では
物価が上昇して
不況がやってくるスタグフレーション
になっていくと書いてました)

実はこの前OECDのデータを元に
以下の発表が
アメリカの金融情報サイトの
ハウマッチネットで
されました。

「手取り給料が高い国ランキング」と
いうのが発表されて
そこでアジアTOPは日本ではなくて
やはり韓国になっている。

「手取り給料が高い国ランキング」
アジアTOPは韓国、
日本は何位?

http://cabinet-ex.jp/Ld1558/1220272

実はこの
「手取り給料が高い国ランキング」は

税金を
ある程度考慮にいれた
ランキングなんだけど
所得の平均値と
各種税金、
健康保険、
年金拠出などを

比較したランキングであります。

ここでは順位が

1位がスイス
2位がルクセンブルク
3位がアイスランド
4位が韓国
5位がオランダ
6位がオーストラリア
7位が英国
8位が日本
9位がノルウェー
10位がアメリカ

となっておりますね。

それでここで重要なのが、
日本と韓国を行き来する間で
私が長年やってきた対比なんだけど
以前に私が中東から来た
在韓外国人に以下のような
指摘をされた
と書きました。

彼は日本と韓国に住んでいたことが
ある人だったけど

それが
「日本人は国がいっぱい
お金を持ってるけど
民衆は貧乏だ。
韓国は国が貧乏だけど
民衆はやたらカネ持ってる」

って指摘でした。
これを以前
書いたことがあるんだけど

これがこのデータでは
裏づけされていて
すなわち日本人のほうが
一人当たりGDPは韓国人より
高いわけです。
ただこれは
以前から書いてるように
韓国人の多くが
住民税なんて
例えばほとんど払っていませんし
税金なんかは
実効税率は
めちゃくちゃ安いわけです。

また、例えばの話ですが
韓国では高速道路なんかは
めちゃくちゃ安いわけですね。

日本の数分の1です。

また日本でいう首都高速にあたる
ソウルの高速道路なんかは
無料であります。

そしてこれらの高速道路料金も
税金といえるだろうけど
それは上記の
ランキングで考慮されて
いないわけですが

実際は日本人っていうのは
かなり稼いでるのだけども
税金でほとんど
取られちゃってる実態が
あるわけですね。

だから最近は韓国なんかに
手取り給料で実際は
負けているというのが
データとして
アメリカの英語圏から
出てきたと。

ちなみに私が以前から韓国の
ソウルにいるときに
感じて書いていたこととして
「やたらベンツやBMWが走ってる」
ってことがあります。

これ、最近のソウルでは一段と
その傾向が強まっていて
ソウルの道を見るとベンツとかBMW
とかアウディだらけ
なんです。

また韓国製の現代自動車とか
KIA自動車なんかも
ごっついセダンばかり
見るわけですね。

(中略)

高級車ばっかり、
まるで一昔前の
日本の六本木のように
走っているわけです。

この現状というのは
日本に在住している人で
「韓国経済は崩壊!」とか
そういうニュースをずっと

見聞きしてきた、
マスコミに
洗脳されていた人たちから
したら
驚くことだろうけど
これは在韓日本人の間では結構
言われてることなんですね。
韓国人がやたら金持ちになって
きてるってのは
昔から在韓日本人がひそひそ
言ってきたことで
それはメルマガで数年前から私は
孤独に書いてきました。

が、それがデータとしてどうも
出てきたと。
それでこれは何でか??っていうと
単純で

所得がほとんど自分のものになるのが
韓国であるからですね。
税金はあることはあるけども、
かなり安い。
一方日本の場合は
公的部門の役人は無能集団ですが
ただ、民間人たちは有能な人たちが
一定数かなりの比率でいる
社会ですから

《であれば、やはりフェア党のように
フェアな政治・経済を目指す
民間人を国会の場に送り出して
私達、民衆がもっと
リンカーンの言ってるように
民衆のための民衆による
「賢い」政治を行わせる必要が
あるのです。
そのためには、天竜人マフィア系列の
バビロン・ダークサイドの学府による
似非学問を学ぶのではなく、
自由に、真実を元に、
有意義に、
賢く学ぶ場の形成による
民衆の賢者化が必要です。
なぜならば、たとえば、

『ズバリ、
「政府の借金は税金で
絶対に返せない」
なぜならば、国民のみなさんのお金が
なくなってしまうからです!』
という、達観ができてしまいます。

これは、金融財政のカラクリが
マネーシステムの仕組みが
解ってしまった人からの
真実の情報なわけですよ!


単に、国民から奪取したいから
「政府の借金」は税金であがなう
ことを言ってるばかりでなく、
狡猾に、今後とも、税金というのは
国家にとって、いちばん必要な
ものであるという
憲法に則った、国民として必須の
条件として縛っています。
その点、国民の為になってなければ
憲法を改正しても良いのでは無いのか
と思うのです。
つまり、税金は必要だが、度が過ぎる
税の取り立て制度は、憲法で
歯止めを掛けるようにしなければ
ならないのです。
国民のしあわせを守れない憲法など
変えて行くべきです。》

だからそこで一人当たりGDPって
のはまあまあ
高いほうです。

世界で27位前後はありますよね。
昔と比べて落ちたけどもまだ
高いほうです。

ただ一人当たりGDPはある程度
あるのですが
そこで税金で取られる額が
あまりに多いと。

所得税や住民税だけじゃなくて
保険料やら年金やら
さらには固定資産税やら相続税やら
もうありとあらゆる税金を
取られるのが日本で
さらには
高速道路料金みたいに税金という
名称ではないけども
実質税金みたいなものも
多いです。

となると、
ここで純民間人たちは
(この純民間人は税金を収入の
原資としていない人たち。
この人たちは
頑張ってる人たちだけども
日本では非エリートとなってしまう)

そこで沢山生産性を発揮して稼ぐ
わけですけども
色々と収奪されてしまうから
そこで
使えるお金はごく少しとなって
しまうわけです。
とてもとても
ベンツやらBMWなんて
買えないですし
それこそ「維持費」もあります。

《一般民家に住んで、
とても分相応でない奴らが
外車や高級車を持ってるってのは
ヤクザか、借金取りか、用心棒か、
そんな枠を思ってましたが、
まさか、公務員まで含んでいるとは、
ワルの仲間入りってところですよね》

日本では天下りの車検というのも
あるしまたそこで自動車取得税やら
重量税やら税金の嵐
でありますし、
また免許取得費用も韓国の
約6~10倍で
30万円前後するわけですね。

またガソリン入れるにも半分税金で
さらにその税金が
半分含まれた値段に
さらに複利で
消費税がかかるわけです。
《税金に複利で掛かってるのは
ものすごい収奪ですよね》

「税金の複利」って
なかなかすごいですね。
となると人々は税金が安くて
またガソリン代が安く済む
コンパクトカーだったり軽自動車に
乗るしかないわけでありまして

日本の場合
豊かな国であるはずなのに、

ここで
役人たちがあまりにも強く
税金で取りすぎるものだから

そこで民衆たちの生活が圧迫されてる
現状はあるわけですね。
まあだからひどい状況になって
きております。
が、その裏では

公務員のボーナスなんかは

6年連続アップしている

わけで

そして
その原資はどういう税金が使われて
どういう税金が特別会計で
マネロンされて
彼らの給与になってるのか
福利厚生や天下り団体に
流れているのか
はだれも知らないわけですが

ただ
「それでも税金が足りない」
ということで
ここで
消費税も今度アップするわけですね。

それで共産党など野党支持の人たちも
いるのでしょうけど
じゃあ共産党は
「公務員の給与や特別会計を
見直すべきだ」
というか?

というと

違います。

消費税を批判するポーズは
とるのだけど
そこで本質の特別会計であったり
税金を100%原資とする人たちの
総人件費の割り出し

という最も重要な点は
スルーしてます。

《これでも、お分かりだと思いますが
与野党は、結局、茶番をやっていて
地政学で云う分割して統治ですから!
正+反=合の論理で為政される。
税金について云えば、
これ、国民から収奪徹底作戦で行け!
という号令が掛かっているのです。》

与党も野党も税金をどんどん上げて
役人たちに好意的となりますと
これはもう民衆はどんどん
収奪されるだけですよね。

そして公務員たちのボーナスが
6年連続アップってのは
この辺を考えるのに大変
重要なニュースで

ワールドカップ以上に
大事なニュースでしょうけども
それは
「パンとサーカスを与えよ」の
サーカスである
ワールドカップで大衆が盛り上がって
るうちに
小さく報道されて刻々と役人天国は
作られていくわけであります。
だから私はワールドカップで
日本代表が
グループリーグ突破はすごいな、
本当に頑張っているな、
と思うと同時に
その裏でこのワールドカップを
サーカスと捉えて

重要ニュースが
こっそりひそかに報道されてる
この現状、すなわち

官僚たちの姑息さっていうのは
すごい考えさせられました。

それでワールドカップで日本の
サッカー選手たちが
どれだけ頑張って活躍しようとも
現実では無慈悲にこれからも
どんどん税金が
上がっていきますので

そろそろ
日本もこの税金地獄について
考える必要は
あると思いました。
そして為政者としては、
自国の統治のために

対外脅威とかを必要とします。

すなわち自国の問題に
民衆が立ち上がらないように
他の国との対立へ
目を向けさせるのですね。

《これを最近まで、囲碁で云えば
劫材(こうざい)として使ってきた
のが「北朝鮮」であって、これも
もはや、トランプによって
朝鮮半島の統一と中国とロシアとの
経済的協力関係の構築がますます
進展してきますから、
官僚国家の崩壊が始まっているのかも
しれません》

かつてそれを不況であった時の昔の
中国も韓国もやっていたものです。
しかし今は日本で大きな
流れとして対外国への
闘争心というのが
自国問題を逸らす手段として
扇動されてるのは海外にいるとすごい
見えてくるところなので

ここで目を逸らされないように
注意したいものですね。

《その通りだと思います。
近い内に、必ず、韓国領土から
米軍は撤退しますね。
そして、北朝鮮は危険な国というより
生まれ変わって、東アジアの
経済拠点のひとつとなります。
そのときに、日本人は初めて気づく
かもしれません。
そして、真実を学び、多くの
ほんとうの歴史を学ぶことで、
日本人庶民が大勢覚醒して、、、
これまでの日本政府の
GHQなどによる
ハザール・マフィア
+偽天皇財閥系
+偽日本人スパイ
らの裏にいる
支配層勢力の派閥争い茶番政権が
バレて、大きな
日本の転換期が訪れるでしょうね。
そのためには、真実を学ぶ姿勢が
重要です。
多くの日本人が覚醒することで
101人目の日本人となった瞬間に
それこそ、日本人全体の
集合無意識に変化が起きるのです。
それをさせんがために、
悪魔教とも云える団体や政権が
日本人を速く殲滅させようと
躍起になっています。》

逆を言えば
官僚たちは東大法学部出身で
3年生から
「統治」というのを学問として
習ってますから
やはり頭は良いということです。

《私に云わせれば、悪魔教に入信
した。・・・もっと、ハッキリ
云えば、お前らの「脳海馬」に
人間から発信されたものと違う
意識体から発せられている低周波数帯
に同期するように、訓練された。
と云える。
その例が、あの頭脳優秀な人間たちが
事件を起こして殺人集団と化した
「オウム真理教」の入信者の状況と
まったく変わりはないのです。。。》

ずるがしこさで言えば、
報道の仕掛け方からしても
役人たちのほうがはるかに上です
ので
私たち民衆も
賢くなる必要がある
かなと思いますね。

《まったく、我輩が上述した通り》

それではまた!

追伸・・・さて、ここで
日本の社会として問題が
最近生じているのも私は感じていて

それが人々が
「学ぶことを放棄しだしている」
ってことです。

これは学習意欲にあふれる
創者一客さんは例外でしょうが

《はい、人間生きているうちは
学び続けて、行くのが
必要かと思っています。
なぜならは、単なるボケ防止
ではなく、昇華するためです。》

ただ全般的に、
どうも最近の日本人は学ぶことを
しなくなってきて
しまってるのではないか?

と感じます。

というのが私が韓国で日々見ている
光景なんだけど
上記の通り私はこの前本屋に
行ったんです。
韓国語の勉強のために韓国語の
長文読解の本を
探しに行った。

日本語でも英語でも韓国語でも
長文読解がおぼつかないと
実生活では使えませんから。

しかしそこで私が見たのは
(中略)
みんな読書してるんですよ、
本屋の
スペースで。
私はその光景をすごいというよりは
ある意味怖い

くらいに思いました。脅威だと思う。

(中略)

例えばカフェなんかだとみんな
学生たちが課題をこなして
パソコンを開いて
議論したりしてる。
けどこんな光景、
日本の本屋やカフェでは
見なかったんです。

それで日本人は勤勉であった
はずなのに

なぜ
その勤勉さというのが日本から
他のアジア国に
移動してしまってるのか?

と私は悩み考えていたのだけど、

これはどうも上記の日本の
役人中心の社会構造と切っても
切り離せない

関係性はあるんです。

というのが、役人中心のまた役人と
癒着した大企業中心の
社会構造ならば

勉強して学習して勤勉さを重視して
リスク取って金持ちになるよりも
役人になってもしくは
彼らと癒着して

金持ちのお金を
奪い取って、泥棒して、

そして暮らすほうが
楽で効率的だ、という考え方は

必ず台頭してきてしまうわけですね。

実際に日本の学生たちの
就職人気ナンバーワンは

公務員ですよね。

逆にリスク取って起業するってのは
馬鹿のすることだ
と思われている。

このような社会だと当然人々に
学ぶ意欲は出てこないわけです。
なぜならリターンが期待できないと
考えるから。

《そう、今は、何でも
メリットが無いと行動しない。
リターンの確率を求めて
利益追求人生を決めている。
計算ずくで、「目鼻耳舌」を支配し
それらを楽しませるために・・・
実にヤバイ「脳海馬」です。
これこそ、亜空間知能に
ハッキングされている状態です。
これは、先程、述べた優秀な学生が
「オウム真理教」に入信して、数々の
凶悪犯罪を犯してしまう構図に
似ています。
つまり、人間が本来の黄金比感覚を
追求しなくなった時点から、
必要悪としての海馬デフォルト機能
→ 心霊界の脳内情報空間の
形態形成場が産まれる。という
流れになっていることに
まったく、気づいていないからです。
これを別の言い方にすると、
「亜空間知能による人体トーラス
ダークフォトン化
→ 海馬デフォルト機能」という
ことになりますね》

それなら適当に誰でも勉強というか
暗記をすれば
何とかなる公務員試験くらいを
頑張ればよいとなってしまう。
となるとリターンがないから、
人々は学ぶことを辞めますよね。

一方上記の韓国の本屋の、
韓国民みんなががっついて
本や書籍を読んでる光景ってのは
あくまでそれは彼らのメリットの
ためであろうと思いまして

《いや、これも韓国民が人間として
素晴らしいか?って、、、
そのメリット追求こそ、
今は、まだ、発展途上だから
良いのかも知れませんが
経済の安定衰退時期になれば
かならず、今の日本のように
なりますって!!!
なぜならば、別な意味で
彼らも、固定点障害人間だから》

やはり勉強すればある程度
リターンが出る社会なんだろうと
思います。

学べば学ぶほど
金持ちになるならば
学びますよね。
そういう意味で
役人国家というのは
本当に国を滅ぼすな
と私は自国を危惧して、
また危機感を
抱きます。

そしてこの役人国家を推進するために
スポーツの熱狂が利用されてる
怖さですよね。
これを考えるという視点もまた
これは大事かなと思いました。
もちろんスポーツを楽しむのも
人生の一興ですから
例えば
「やっぱメッシすげーなー」と
か「ロナウドの自己管理って
すごいわ」とか
その辺で実になるものも
ありますから
それは重要なことかもしれませんが

同時に
スポーツの熱狂というのは
為政者によって
利用されがちなものなので、

《3S政策というのありましたね…》

そして為政者に利用され続けると
人々は、社会は、
貧乏になってしまうので
それもまた考えることは必要かも
しれませんね。

それでは!



長々と、ココまでお読み頂き
ありがとうございました。

■編集後記
やはり、今、感じるのは
・・・
■人間って何だ?
■何のために生きてるのか?
■騙されない生き方とは?
という、
「外界」に侵食されない
負けない自分というのを
守り続けたいのですね。

ちなみに、
「外界」に侵食された人のことを
「負け犬」と呼んでいます。
上記の記事でも書いてますが

日本の負け犬は
■殆どの政治家(いや政治屋かな?)
■家産官僚(悪意の公務員)
■ド庶民根性の民衆

日本人の99%ぐらい
侵されているのではないでしょうか?

「日本病」

では、また。


スポンサーリンク