「重税に苦しめられる」日本人は税金で、追い込まれている状況で 「瀕死の状態」になってきてる様子がある!

こんにちは、\Soujya です。/

最近、平成30年度の市・県民税
および特別徴収税の税額通知書が
皆さんのお手元に届いているかと
思います。
私の場合ですと、、、
毎月、シコシコと数千円ずつ
喝上げされている感じです。

そう云えば、話は大きいですが、
■今治発「土地とカネ奪うな」…

さて、、、
東アジアに住んでいる
派遣社員から、数千万の税金を
納める人になった知人が、

今回は、「重税に苦しめられる」
日本人について
語っているので
紹介させていただきます。

《カッコ内は私のコメントです》

どうもここ最近、日本で住民税を
支払えない人の比率がどうも
どんどん上がってるようですね。

ちなみにこの住民税とか
健康保険税(料)の
オ・カ・シ・サって
のは私も長年語ってきまして、
なぜかそれを云うと

官公と民間が共同運営する
官公庁の天下り先である
とある施設の半分公務員の人
とかがやたら
怒ってくるんですが、

《もみ消し専用の施設ですか?》

まあもう、日本人は税金で
追い込まれている状況で
「瀕死の状態」
になってきてる
のかもしれませんね。

特に私は事情を知ってるけど
若い人なんて多くが
年金料と保険料と住民税なんかで
財布がすっからかんになって
おりまして

もうだから民間企業が作る物や
サービスを消費できなくなって
おります。

それで現在の状況だと
平成28年度のデータだと
住民税の道府県民税の所得割で
98.6%
市町村民税の所得割が98.8%
は徴収率が出てるということ
ですが

ただ滞納繰越分、すなわち滞納と
認定されて全額回収できていない
割合もこれまた道府県民税の
所得割で32.4%の徴収率で
市町村民税も30%と
どんどん高くなっていると。

だから一旦滞納となっている
人たちの多くが
もう滞納状態から抜け出せない

状態になっていて

「住民税の借金地獄」に
陥ってるっていう状況ですよね。

まあなんというか
考えさせられます。

《ちなみに、》________
参考ですが、
コチラに、
「住民税とは?
【2018年】計算方法と納付方法を
徹底解説」と云う記事が
ありましたので、紹介します。
https://allabout.co.jp/gm/gc/14737/
目次をみると・・・
1 住民税には主に「所得割」と
「均等割」があり、住民税が
非課税で払わなくていい人もいる
2 住民税は1月1日現在の
住所地が課税する・・・
3 所得割は前年の所得に
応じて課税される
4 住民税の税率は一律10%、
計算方法とは?
5 住民税を納める方法は2種類
6 住民税は金融商品にも
課税される
7 利子割とは
8 配当割、株式等譲渡所得割
とは
9 住民税の均等割にも
復興増税が・・・

とか、知っておいたほうが良い
ためになるキーワードが
ありますので、ぜひ
庶民の方は見てみてください。

ところで、今、銀行に貯蓄しても
殆ど、金利ゼロですけど、、、
この住民税だけでも、
庶民が、爪に火を
ともしながら、ささやかに
「貯蓄した額に対する
利子や配当などにも住民税
が課税される」など
巧妙かつ、狡猾に取りた立てて
それこそ、「ケツの毛」まで
追っかけて、奪取している
重税国家システムのいやらしい
ぬめーっとした、臭い官僚体質が
気持ち悪い、後味を
つねに残して
_____《いますよね。。。》

それで私なんかは日本に
いたころはこれ住民税が
何百万円とかあったから
振込みではなくて
直接役所に行ってたのですが
もうそこでいつも見る光景は
お金持ち貴族の

公務員様たちがこれ

貧乏で払えないじーさん
ばーさんたちを小さな声ながらも

恫喝している光景でした。

《こんな日本に誰がしたんか?》

まあ結構すごかったですね。
闇金顔負けの話をする
公務員なんかもおりましたが
最近はそういうの減りましたが

やっぱり結構な口調で
「いつ払えるんですか!」
みたいに

《公務員ヤクザじゃん!》

怒鳴ってる偉そうな役人を
多く見たものです。
この人たちに私は
「横柄な口調を民衆に叩くな」と

言ってましたが

《さすが、日本人》

まああの役人の特性というか
自分より強そうな人間には
へーこらするんですが
《それが役人根性ってことで…》
弱そうなじいさんばあさんや
女性なんかには

結構すごい口調で脅すように
「住民税をいつ払えるのだ!」

と言ってる
光景をよく目にしたものです。

《ご老人の中には、》_____
年金が無い
か、生活費にもならないくらい
額が低いかで、何らかの事情で、
無貯金・無収入の
方々が増えています。

・・・ところで、会社を辞めて
無職になっても税金や社会保険料
を支払わなければならないって
ことを知っていますか?

会社勤めをしているうちはお給料
から自動的に引かれるため、
その額すら分かっていない
という人も結構いるのです。

退職後、
ある日突然届いた十数万円くらい
の額が書かれて納付書をみて
仰天した方もいるとか、
・・・そうならないために、

一応、退社の前に知っておくべき

内容を挙げますと・・・

■無職なのに掛かる住民税!
なのです。

住民税は、1月~12月までの
所得をもとに税額が決定され、
翌年の6月から分割で納付する
後払い方式の税金なのです。
サラリーマンは
この算出された徴収額を翌年6月
から翌々年5月までの12ヶ月間
で分割して給料天引きし、
会社を通じて納付する仕組み
になってますね。
このやり方を
「特別徴収」と呼びます。

なので、住民税は上記のように
後払い方式税金なので、
「会社を辞めても納付する義務は
追うことになる」のです。
注意しましょう!

では、退職後の住民税の払い方は
どうするか?

以下の3つ選択肢の中から
あなたにとって合っているものを
選んで、支払う必要が
があります。
(納税の義務ですからねぇ…)

■住民税の納入方法

1.特別徴収の継続が可能

あらかじめ次の仕事先が
決まっている場合に
選択できる方法で、
これまでと同様に新しい会社を
通じて納付する方法です。
たとえば、あなたが7月末に会社
を辞めて8月1日から新しい会社
で働き始める場合、残っている
10ヶ月分の住民税は8月から翌年
5月までの給料からこれまでと
同様に分割して給与天引きし、
会社を通じて納付する方法です。

2.普通徴収

退職後に納付する予定だった
住民税を、個人で支払っていく
方法です。
個人で納付する場合は、役所から
郵送される納付書に基づいて
納付することになります。
特別徴収は1年分を12か月で分割
して支払っていくのに対し、
普通徴収は支払いのタイミングが
年4回
(6月末・8月末・10月末・1月
末)と
決められていますので、
たとえば、7月末に会社を辞める
場合、残っている10ヶ月分の
住民税は8月末・10月末・1月末
の残り3回のタイミングで
分割して
支払っていくことになります。
なので、話を簡単にするため
あなたの年額住民税は12万円
だったとしますと、
退社まで6月、7月は納めている
ので、残り10ヶ月である
10万円を退社後に
上記3回の均等割で、納付する
ことになります。
この場合、まずは8月末までに
3万4千円の納付が、
その後10月末と1月末にそれぞれ
3万3千円の納付が
必要となっています。

3.一括徴収をする場合

退職する会社で最後に支給される
給料から、翌年5月までの納付
予定の残額をまとめて一括で
支払ってしまう方法です。
たとえば、7月末に会社を
辞める場合、
もともと7月に徴収予定だった
1ヶ月分と残っている
10ヶ月分の合計11ヶ月分の
住民税を最後の給料から
まとめて給与天引きし、会社を
通じて納付する方法です。

上記のいずれかしか
ありませんから、納付する
タイミングには注意しましょう。

さて、無職になっても
掛かる、もう一つのもの
というか2つになるんですが、
それは
■年金と健康保険ですよね。

年金は、

日本に居住する20歳以上
60歳未満の人に加入義務があって
仮に無職でも、
近い将来、年金崩壊でも、
加入(支払い)したくなくとも、
とにかく、「義務・義務・・・」
で、あり、会社勤めで厚生年金
に加入していた単身の人が
こんどは退社した場合、
国民年金の第一号被保険者に
なるんですね。
なので、20歳を過ぎていて、
学生時代は払った記憶がない
という「おぼっちゃま」は、
親御さんが払っていた。
あるいは学生納付特例制度と
いう制度を活用していた
のかもしれませんね。

健康保険も、

日本に居住するすべての人に
なんらかの公的健康保険に加入
する義務があるのでした。

単身の人が会社を辞めたとき、
市区町村が窓口の
国民健康保険に
加入するのが一般的です。
または、継続して2ヶ月以上の
被保険者期間があれば
会社で加入していた健康保険に
継続して加入(任意継続)する
ことも選択できます。

どちらの健康保険を選択しても、
病院で保険証を提示した場合に
かかる医療費の本人負担は、
「3割」です。
負担率は変わりないのですが、
国民健康保険と任意継続では
保険料の決め方が大きく異なる
ので、実は人によってどっちが
安いかは異なります。

一般的に、云われているのは、
単身の方は国民健康保険、
2人以上の扶養家族がいる方は
任意継続の方が、保険料が
安くなると云うことです。

ただし、任意継続は途中から
個人の希望するタイミングで
国民健康保険に切り替えることは
できないようです。
また、会社で加入していた
健康保険の種類によっては
「付加給付」と呼ばれる・・・
たとえば、病院で被保険者である
あなたが診療を受け、
支払い窓口で支払った自己負担分
から一定額
(たとえば3万円など)を
差し引いた還元金
として企業内健康保険組合など
から給付が受けられる制度が
あるなど、、、の面でも
国民健康保険には無い項目を
比較検討すべきことはあります。
しかし、私の経験から、
任意継続する場合は、
退職者の身分であり、会社は
当然保険料の折半は
してくれません。
なので、任意継続をする条件
として、
保険料の全額負担+
保険料の年額一括支払いが
要求されます。。。
年額50万円弱くらいの額に
なってましたので、
びっくりしましたが、冷静に
なって考えてみると、
国民健康保険では、
「付加給付」は全くつかず、
病院に、もしかかって自己負担で
一定額(私の場合3万円)を
超えて支払った部分は
戻ってこず、還元金はゼロです。
それを考慮すると、、
一種の保険と考えて、
「年額50万円弱」は大きかった
のですが、任意継続を
選択したのです。・・・

ちなみに
「健康保険と国民健康保険
どこが違う?」か
書いてありました。
コチラ
https://www.kakei.club/kenpo/kenpo-kokuho.html
まあ、以上が
退職後の
日本における、
税金のたぐいの徴収があって
なんだかんだと、老人も
若者も
収入が無くても
掠め取る日本です。

・・・また、そのくせに
年金資金129兆円が
「博打」に消えていた
というのもあって、
わたしの好きな日刊ゲンダイで
載せてましたね・・・
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/150749

本当に、日本の政治経済は
________《ニセ政治家と
ヤクザ官僚に
乗っ取られていますよね》

これはよくメルマガで定期的に
扱っていたのだけど
最近は上記のデータ見ると
どんどんこの住民税の滞納比率が
上がってるようですね。

それで私なんかは海外に
住んでるけど
海外に住んで初めて分かることが
あってそれが

「日本ってのは
税金ぼったくり国家だ」
ってことなんです。

《御意!》

これ、実は多くの海外在住の
日本人は
「日本の税金は安い」と
主張する謎の勢力が
めんどくさくて
大声で言わないんですけど

みんな飲み会なんかになると
口をそろえて言うことですね。
というのがやはり海外に行って
その国の税制とかを
友人たちを通したり、または
自分たちで生活していて
肌で実感するんだけど

「え??こんなに安いの?
っていうか
この項目とか税金ないの?」

みたいなことが多い
わけですよね。
それで
多くの海外在住日本人が
「海外に行って
お金が貯まるようになった」
ってのを
みんな経験してるわけでして

そこで、
「ああ、私の母国日本は
税金ぼったくり
国家だったのだな~~

けどこれを大声で日本語で
書くとめんどくさい
自称愛国主義者がうるさいから
だまっておこう」

となっているわけです。
けど自称愛国主義者であって、
単なる
役人の犬なんですけども
まあやはり日本は税金が
めちゃくちゃ高いのだ、と。
ちなみに例えばのはなしですけど
私の現在いる韓国なんかは
住民税ってないんですね。
一応形式上はあることは
あるんだけど

まあこの韓国の人たちに聞いたら
すごい安い。

日本人の数十分の1しか
払っていないと思う。

だから逆に韓国の人たちが
日本に就職して
日本企業で働いて住民税を
支払うときに
「ひえ~~こんなに
この「住民税」ってやつは
高いの?」って
驚いたりするわけです。
それが韓国で話題になって
いたりしますよね。

だから韓国の人たちなんかは
すごい貯蓄していて
街中なんか見ると
ベンツとかBMWが最近は
韓国の自国の車かよ、
って思うくらい沢山走ってますが

これは彼らが税金ほとんど
取られていないからですね。
また中国人たちなんかも
共産主義国家では形式上あるけど
実はほとんど税金とられていない
という実態があって

それは英語話せる中国人に
聞いて見ればよいです。
ちなみに私は韓国で
結構色々な国の人に会うのだけど
私はカネの話は好きですから
そこで税金の話とか聞くの
ですけどもう各国の人が
私の母国日本の税制を
説明しますと

「ひえ~~」と驚くのですね。

だからトークとしては
盛り上がるところで
みんな日本の税金の話をすると

「それで日本人はなぜ
怒らないんだい??」と
聞いてきます。

ちなみに世界だとイギリスって
高くて有名だけど
あるイギリス人が税金の不満を
言っていて
私が「い~や、日本の税金の
ほうがもっと高いぞ」
ということでここで討論した
のだけど

私は勝ちましたよ。だって、
日本の場合はそれぞれの税率って
安いんだけどトータルしたら

かなり高いわけですから。

ちなみにこの辺は仮想通貨の税制
体系を見ると分かりますよね。
まあ雑所得だから日本の場合は
最高55%前後ですけど
世界でもここまで税金取ってる
国はないわけです。

ちなみにロシアなんかは
独裁国家だなんだ、と

日本のマスコミは言いますが

あの国は所得税が
フラットタックスで16%前後
だったりするから
日本より税金は安いわけですね。
税制だけ見ると

日本のほうが共産主義的。

それで私なんかは結構な額の税金
を払っていて
だからとても興味を持って
税金のことを調べるのだけど
この税金の言論って今の日本では
情報統制されてるわけです。

だからネットで調べても

なかなか出てきませんよね。
それもそのはずで、日本ほど
税制度が複雑な国って
ないわけですから

例えば高速道路なんかは首都高速
で1300円かかるけど
これも税金と言えますよね。

本来高速道路なんて無料に
するって約束で
数十年前に施工されたわけだけど

それがいまや無料どころか
1300円になっている
わけです。
《嘘つき政権ですから》

ちなみに、マレーシアなんかだ
と首都の
これ2リンギットとかだから、
日本円で60円前後ですよね。
超安いんですよ。

じゃあ韓国は?というと
韓国の首都ソウルの高速は

無料ですよね。

まあだから
日本の場合こういう
「なんとか料」ってところが
実際の話は税金になって
いるのだけど
これが税金として
カウントされていない面白さが
あるわけです。

それで大体「○○料」って
ついてるのは
私は調べるのだけど、
特別会計に入ることがほとんどで
「中の使い方は
ブラックボックス=不明」
なんですね。
なぜ不明なのかと
申しますと、これは
官僚の天下り団体だとか
特殊法人やら独立行政法人やら

に流れているわけですけど

「このカネの流れが
民衆にばれたらまずくね?」
ってことで不明なわけです。

日本の場合、
一般会計と特別会計っていって
「2つの財布」があるのだけど

いわゆる税収、
といわれる場合は
この一般会計になりますが

実はそれよりも
大きな規模で
特別会計ってのがありまして

この特別会計の中身は
「不明」です。
それでこの辺を
知りたい!っていう人たちは
実は日本語では暗殺された

石井紘基さんしかこの辺を
しっかりと、
書いていませんね。

石井紘基さんの本なんかを
見ると良く分かると思います。
ちなみにおそらく多くの日本人が
興味あるのは

「日本の税金は
本当はどれくらいの
高さなのか?」

ってことだと思います。

これはもう日本で
生活しているなら

「この税金地獄は異常だ」と
気づかないといけないし

これに気づかないのなら
相当脳みそ
麻痺してると言えます。

《麻痺してなくとも、昔から
ド庶民は、我慢し続けてる
やせ我慢が、得意な民族だ!》

もう生活していてあらゆる
ところで高いお金が日本では
取られますが

例えばこの前
私は日本にいたけど新幹線だって
国土交通省やらが
絡んでる利権であるし

またホテルなんかも
同じく国土交通省の
利権としてありますが

これもですね、それぞれの新幹線
料金とかホテル代なんかには
どれくらいの分が役人の懐に
入ってる真の税金であるかが

見えなくなっている。

このように
「税金が隠れており、
その税金の使い道が
不明となっている」のが
日本の税制の特徴で

そしてなおかつ
一般会計と特別会計に
分かれていて
これは先進国では日本だけですが
その数百兆円規模の特別会計の
中身は誰も知らないってのが

日本の状況です。

《まさに、日本病》

これを調査しようとしたのが
上記の石井紘基さんでして
国政調査権ってのがあって
ここで政治家が特別会計のことも
調べられたんですね。
たぶん今は官僚たちに法律を
書き換えられているから
特定秘密保護法があるから
今や過去系だけど

当時は議員調査権を駆使して
特別会計の中身を調べられた。
そこでここで石井紘基さんが
調べて発見した事実が
まあすごくて

「なんだ俺たちの税金の
ほとんどが、
役人やさらに天下り関係団体や
そして
税金を原資とする
第3セクなどの人たちに
使われているではないか」

ってことだったわけですよね。

これは衝撃的で、
要するにどうも
石井の資料を読むと
ほとんどの税収が人件費に
なっちゃっていて、
赤字国債で結局
社会保障やっているのだけど
それを一般会計と特別会計
マネロンして

《石井紘基氏の書籍を
紹介します》_________

_____《政治家石井紘基氏の
遺志を継いで、ぜひとも、この
日本から、平和で豊かで美しく、
どなたか花を咲かせてほしい!》

まるで日本人が自分たちの税金で
社会保障やってるように
見せていると。

《偽装社会ですね》
《偽善政権ですね》
《欺瞞官僚ですね》

この構図を解明したのが
石井紘基さんでしたが
まあすごい執念で
国政調査権を使って
調べ上げていた。

《ほんとうに、現在は
国政調査権って使えなく
なったのか?
使えなければ、国会の機能が
削がれている
国家転覆政権ではないのか?》

が、殺された。
それでこの特別会計は
まさに石井さんが亡くなってから
もう

官僚たちのやりたい放題
のお財布になってまして

「誰もこの中身を知らない」のが
正解なんですね。
だから正確には日本の税金が
世界一高いのか
もしくは安いのか
誰もわからない、というのが
正解です。

日本では財政学が
確立しておりませんから。
ただ石井さんの資料を読むと
どうも一般会計と特別会計の
純計で260兆円は超えると。

だからGDPの半分以上ですけども
となるとどうも
5公5民を超えてる
可能性はあるわけですね。

《つまり、月給の半分以上が税金
として取られてしまうのです!》

一応官僚たちは資料として
毎回純計が250兆円未満に
なるように
調整してくるけど
これもどういうトリックを
使ってるのか

誰も調べようがないわけです。

ただここで間接的にこの構図に
気づける性質の人たちが
おりまして、
それが海外に住んでる日本人
なんですね。
彼らは日本の税制と
自分が住んでる国の税制を
肌感覚で知ってますが
そこで海外の税制なんかを見て
「あ、日本って税金ボッタクリ
国家だったんだ」

と、みな気づく。

それこそ上記の高速道路料金
だけじゃなくて
あらゆる物価が安かったりする
わけですね。
ちなみにこれも面白い体験で、

例えば日本だと
国民健康保険で3割負担って
なってるじゃないですか?

だから30%しか払ってないから
安いんだ、という
そういう理屈です。
ただこれ面白いことに韓国に
いて出産した
中東の人に以前会って聞いたけど
無保険だからさぞかし
高いんだろうと思ったら

聞いたら
全額で6万円(60万ウォン)
前後だったと。

あれ??って感じですよね。

これ面白いことに、海外の日本人
って保険がない場合が
多いですけど
アメリカとかは特殊ですが
ただ他の国だと国にも
よるでしょうが
結構医療費って
安かったりするわけです。

だから保険なしの100%の
医療費が日本の3割負担の
医療費と変わらないか、
もしくはその前後なわけです。

ってことは
この日本の3割負担ってのが
安いのかどうか

という問題もあって

これは海外の日本人が
無保険で100%フルに
お金払うんだけど
「あれ?こんな安いの?」
となるわけで
こういう経験を積み重ねると

「おれ、ぼったくられて
いたのだ」

と気づくわけですね。

それで最近の日本は
数ヶ月に一度くらいの割合で
増税か新税の創設とか
だったりしますけど
もう数え切れないほどの税金や
税金に類似した

「○○料」

とかのものが
出来てきてますよね。

それでこれらトータルすると、
どうも日本の税金は
世界一高い可能性が非常に、
非常に高いということが

なんとなしに分かってくると。

ただこの税金言論というのは
国家から圧力がかかっていて
例えば民衆がネットなんかで
どういう税金言論をしてるか?
っていうのを監視管理する
広報公聴部とかが

あったりするわけですが

実際にネットで検索しても
これらの税金の話題は

絶対に真相に
たどり着けないように
なっているわけです。

まあ要するに真相を知られると
官僚や公務員たちからしたら
まずい、ってことです。
ただこれはもういちいち
書かずとも
民衆は肌感覚で分かっていて
地方なんかに行くと金持ちと
いえば公務員となっているし
医者弁護士なんかも半分
公務員みたいなものですが

日本の金持ち層の大半はこれ
税金を全額か、幾分か原資に
してる人たちばかりな
わけですね。
ここで純民間の本当に
民間経済だけで勝負して
稼いでる人たちは実は

5割切ってまして、

4割ちょっとなんです。

だからこの4割ちょっとの
民間人たちに
重税が課せられるのは

当然で、彼らが残りの税金を
原資とする人たちを
養っているわけであります。

ただもうさすがに耐えられない

なってきていて、
もう住民税なんかは
支払えない人が増えて
きているってことでして
特に若者なんかは健康保険やら
住民税やら年金保険料やら
払えない人が続出していて
滞納者がどんどん増えて
いるのでしょう。

また高齢者の人らもよく
払えないで役所の中で
役人に怒鳴られていたりします。

まあただこれは問題で、
資本主義だと私有財産権ってのが
あるわけですが
日本人には実質私有財産権
なんて存在しないわけで
いつかこれが税金で取られる
という恐怖でみんな生きてる
わけですから
これは考えさせられる
ところですね。

それで、昨日米朝首脳会談が
実現しましたが
ここで
在韓米軍撤退⇒在日米軍撤退
と議論が展開してくると
今まで磐石であった
官僚や公務員たちの
力が大きく低下する可能性は
大いに考えられます。

ここで再度日本人の多くが
「自分の税金はどう
使われてるのか?」

を考えるのは
大事かなと思います。

もうこんな所得税だけじゃなくて
住民税も
健康保険料も
年金保険料もあるし
復興特別所得税もあるし
法人税もあるし
地方法人税もあるし
地方法人特別税もあるし
復興特別法人税もあるし
相続税もあるし
贈与税もあるし
出国税もあるし
地価税もあるし
消費税もあるし
酒税もあるし
揮発油(きはつゆ)税もあるし
固定資産税もあるし
地方揮発油税もあるし
石油ガス税もあるし
石油石炭税もあるし
航空機燃料税もあるし
電源開発促進税もあるし
(国)たばこ税もあるし
たばこ特別税もあるし
自動車重量税もあるし
登録免許税もあるし
印紙税もあるし
関税もあるし
とん税もあるし
特別とん税もあるし

《とん税とは、ブタにかかる税
では、ありません。
外国貿易船の開港への入港に
対して課される日本の租税。
港湾施設などの行政サービスを
受けることに対する応益的な税》

さらにそのほか色々な
「○○料」と
書いてる実質税金も
数え切れないですが

もうそろそろ限界に来ている人
たちが増えてきてるって
感じですよね。
まあだから私はなんとも
考えさせられました。
それで自国の税金のことを
知るためには
実は海外の人に色々英語なりで
聞いていくってことが
大事であったりするのですが
(日本語の情報は統制されてたり
扇動されてるから)
ここで日本人の多くが他国の人と
比べて英語話せなくなる
文法中心教育が取られてるのは
悪い意味でよくできてるなと
私は思います。
いずれにしても日本の税金は
各税金は安いように見えますが
トータルとして考えたら
相当高い税金を人々は収奪
されてるでしょうから
これについて考えるのは
大事ですね。

・・ちなみに私が海外で驚いた
ことがあって
消費税ってあるじゃないですか。
日本だと消費税はこれ全部の商品
にかかりますよね?
けど例えばマレーシアだと、
消費税は6%なんだけど

米とか魚とか肉とか牛乳みたいな
生活必需品には
税金かからないんですよ。
一方ぜいたく品のお菓子とか
ジュースには
6%の税金かかったりする
んだけど
私この前これをトータルで
調べたら購入額の
消費税で取られているのは
1%~2%前後でした。

こういうのも海外で生活して
いると実感で分かってくる
んだけど、日本国内だけにいると
それが普通で正しいのだと
思い込んでしまうから
怖いものですね。

・・・そういえば私がいる韓国は
電車の料金が安くて電車に1時間
とか2時間乗っても
100円台前半だったりします。

超安い。
けどなんでそんなに安いのか?
っていったら
政府が税金を投入して
公共交通機関を
安くしてるんだと。

そういう意味では日本で常識で
あることが
世界では非常識であったりする
ので
これも考える必要がありますね。

・・・ちなみに
税金のことについて文句言って
訴訟とかするのは大体自営業の
人です。
というのは自分で確定申告
してるから。
けど日本の税の無関心ってのは

源泉徴収制度
=自動税金支払いシステムに
あるわけですが

実はこの源泉徴収制度は
ヒトラーのナチスが始めた
ものです。
(禁煙運動なんかも
ナチスが始めたもの)
実のところこうやって
日本の官僚たちが
日本人の多くが税金について
無関心になるように
源泉徴収制度をナチスをパクって
導入したってのも
分かりますね。

そういう意味で官僚というのは
悪いのですが、

けど優秀です。

がそろそろ民衆も賢くなる
必要はあるかなと私は思います。


という情報でした。
やはり、日本を外側から一旦
眺めてみる必要がありますね。

それが、できなければ、
「メタ認知」とか「俯瞰」とかの
能力を開発して鍛えないと
なかなか見えてきません。

まあ、手っ取り早くは、
こういった、知人のような人の
情報を参考にして
日本の実態を考察なさって
いただければ
覚醒して知るということに
繋がりますので
将来の日本の子どもたちの
ためにも
みんさん、ぜひ覚醒めて
くださいませ!

では、また。


スポンサーリンク
日本が自滅する日「官制経済体制」が国民のお金を食い尽くす!【電子書籍】[ 石井紘基 ]