半世紀前は「未確認飛行物体を見た!」と言ったら、キチガイ扱い、、、今は、認知度が上がって、「あっ、私も見た!」が、当たり前に。。。

こんばんは、\ソウジャ です。/

実は、わたくし、45年位前、
1973年当時、見たんです。

派手な動きではありませんでしたが、、、
漂うように球体の白いひかりが
夜空にしばらく流れ、その後に
薄っすらと、溶け込むように
闇に消えてしまった!・・・・・・

それからというもの、

あれは、何?
と、
好奇心旺盛だったこともあり、

日々悶々と本屋さんを
漁っていたところ

出会った一冊
「空飛ぶ円盤実見記」
そして
「空飛ぶ円盤同乗記」

という、本であった。

著者は云わずと知れたかの有名な
「ジョージ・アダムスキー」であった。

そう、アダムスキー型円盤の
名前で知られる人物だった。

それから、たま出版や文久書林から
出版された

「テレパシー」とか
「アダムスキーの宇宙哲学」であるとか
「生命の科学」
などを何回と無く読み込んで

彼の哲学に何とか近付こうと試みた。。。

私の兄弟にも、その熱が伝搬してしまって
東京で、学業に励んでいる
私の一番下の弟に、火をつけてしまった。。。

というか、本人に云わせれば
すごい体験にまで、なってしまった。

簡単に言えば

■「ラミュー」氏と出会った

■日常的に様々なブラザーズ、シスターズに会っていた

■大型の葉巻型母船とアダムスキー型円盤を何回も目撃していた

■地方の実家に戻って、夜中に円盤が出現するように願ったら、
東西南北に十字を切るように一瞬にして飛行したのを目撃した。

■地球以外の3次元以外に生息する宇宙動物に会った

これ以上書くと、「変人要素が色濃く」なるようなので
控えておきます、、、、、、

その後、社会人になって就職した弟は
仕事に没頭するようになって、

まったく、以前のようなコンタクトは
発生していない。

ただの、「おっさん」になったようだ。

しかし、世界的に

ここ数年、円盤の話題は尽きないが
多くの人間が、
私も含めて
目撃しているという、、、

最近、わたしが見たのは「擬態」ともいうべき
もので、、、
「ケムトレイル」がまた、始まったな!と
http://aroha7.hateblo.jp/entry/2015/12/15/075811

上空を見ていると

奴らのジェット機とは違う、なにか
「おっとりして、やわらかな感じの
やさしい、おジェット機という感じ」の
速度が極めて遅く、品のあるような
飛び方をしており、
さらに、ケムトレイルのような

噴霧が、

奴らの撒き散らした「ケム」を
あたかも中和するがごとく
遠慮がちに、たなびかせて
ゆっくりと、曲線的な方向に
消えて、なくなっていく姿を見たのです。

思わず
「エロイ」:慧露為
と思い、まさに、毒を毒で丁度いいように
中和して頂いてるような
慧露為創造性の発揮する姿を見る思いでした。。。

この場を借りまして、あのときの
SPさん、ありがとうございます。
と云いたい。

とまあ、私のきわめて個人的な話でしたが、

実感として、やはり
いるんですよ

お隣の惑星にも、太陽系内の他の星にも
「隣人さま」が、、、

ちなみに
私は、キチガイでも変人でもありませんから。

では、また。

<参考>
■慧露為:https://dictionary.sekirintaro.com/eroi/

■葉巻型UFO映像】母船に着艦する


スポンサーリンク