「サラリーマンなんて社畜で奴隷みたいなもんだ・・・」とよく云うが・・・

こんにちは、\Soujya です。/

現在の日本人の職業の多くが
サラリーマンです。

労働人口の90%弱がサラリーマン!

なんか、変だと思いません?

だって、
「人間金太郎飴」の大量生産でしょ。

肉の塊だけの【社畜】人間はいますが、

ここ70年くらいで、
【まっとうな人間が、段々少なくなった!】
ということです。


この本の中に、こんなことが書いてあります。


「日本の労働人口の90%弱が
サラリーマン、
究極の非効率社会」という
視点、政府の「働き方改革」を
需給関係、AIの台頭で
「そう遠くない将来、
日本は国内労働人口の
49%にあたる職業が
人工知能やロボットに
仕事を奪われてしまう。」


私が思うに、加速度的には
2020年台後半には、
長期的な国家戦略が、
描けていない日本は、

というか、世界的に、、、
現在の貨幣通貨制度は

先のブログにも書きました通り
「政府国債の借金量=世の中のお金の発行量」という
ハザール・マフィア世界銀行が構築した
マネーシステムの破綻が
必ずやってくるし、

このままでは、
現行社会システムの多くが
日本人の顔をした
日本人ではない与党・野党を演じる
利権闇の傀儡政権の自堕落な売国奴政策の
つけで、

大多数の日本国民の生活が
困難にあう確率が日に日に
増してくるような
勢いである。

それは、この世の支配構造からくる
ピラミッドの上下対立同一化での
4次元マトリックス内のできごと
でしかありません。

我々が生まれたときから既に
仕掛けられていた、
その「虚構」に
今、気づく人が多くなりつつある。

一方で、全く、気づくこと無く
一生を終える、「社畜」が
殆どなのでありましょう。。。
「・・・やがて、年を取り、
病院のベッドに寝かされて、
延命装置からタコ足のような
チューブが肉体に繋がれて
身動きひとつできない状態で
臨終を迎える、
既に、その時点では、

幕を閉じる前の
ささやかな、茶番として
心臓への「電気ショック」が
数回、試みられ、

医師が『ご臨終です』と
話した、瞬間に、自分は
すべて、消えて亡くなる」

みたいな、最期は、
私は、とっても気持ち悪いです。

なぜ、気持ち悪いのか!

■自分の死を自分で決めてない。
■延命することに命を掛けてきた過去が見えて、人として、キモい。
■つまり、生きている間に人間に触れてない、重なってない。

このようにして、肉体の死を迎えるのは
「不完全燃焼」と思える。

とは、云え・・・
多くの人が「健康」に執着し、
本来の「人間の意味が薄れている」または
全く、忘れてしまっている。

「なんとかダイエット」とか
「何かの食品が、、、」
カラダに良いとか悪いとか、、、

最近まで、、、
延命することに命を掛けてしまって。

そのための、各上下対立同一化
の「罠」にハマって
その事に夢中になってしまうのが、今の人間。

健康=肉のカラダがの調子が良い
という固定観念が、ますます、拍車を掛けて

ほんとうに「くたびれ」ますよね。

さて、じゃあ、人間って何のために生まれてくるのか?

という極めて、哲学的な話に
なってきますが、、、
https://terakoyafrontier.jp/
の中で、「叡智」としての答えが
語られています。

「人間って、何?」

という究極の質問に対するアンサーは
球体観(もくじでは、球体感)の視点で
さまざまな方向から、定義されますが

固定的な概念はまったくありません。

たとえば、
試聴用に、RSELの叡智が濃縮された13本のラヂオを厳選して無料公開していますが、その中のプレイリストで

■#320【リンゴの果実は誰のために実る?】「自己保存」VS「種族保存」そして「恐怖と性」の関係性
というラヂオを聴いてみてください。。。

マスター.響の観測者による講義は続きます。。。
続きは
↓ ↓ ↓
https://terakoyafrontier.jp/

試聴して、どうでしたか?

「あなたは、あなたを必要としている者のために存在している」
ということですよね。

究極的に
・両親に好かれなくても良い
・学校の先生に嫌われてもいい
・多くの人達に好かれなくともOK

だから、
・身の回りの人たちに「好かれたい」は嘘!

もしかしたら、あなたという肉体を
観測しているあなた自身に
固定点目線の張り付いた
トリモチのような意識が、しつこく
あなたを浪費・疲弊させては
いないでしょうか?

そう、それは、あなたではありません。
「居付き」の存在です。
本来は、「あなた」という固定点は
はじめから
存在しなかったかもしれません。

では、また。


スポンサーリンク

https://terakoyafrontier.jp/

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。