【エックスサーバー】わたしはXserverをおすすめします

こんにちは、\Soujya です。/

今回は、宣伝にもなりますが
Xserverについて、ネット検索で、以下の理由から
おすすめします。

ちなみに、このブログはWordpressで作成されており
Xserverに置かれています。


<引用開始>
(管理画面は、Soujyaの現在のものです)

■メールサポートの返事が早くて丁寧!
本当に24時間以内に返事が来ました!
返信内容もとても丁寧に詳しく
書かれており、書かれた通りに
作業してもうまくいかずに何度か
メールのやりとりをしましたが、
根気よく対応してくださいました。

■サイトの表示速度が上がった!
インターネットの環境にも
左右されると思いますが、
サーバーのレスポンスが
めちゃくちゃ早いです。
画像を多く使ってるページでも
ストレスなく表示されます。

■何度更新してもエラーがでない!
某サーバーではWordpresの
管理画面で連続して更新ボタンを押すと
エラーが出ていたのが、
エックスサーバーにしてからは
今のところエラーは出ていません。

■管理パネルが使いやすい!
管理画面のデザインがシンプルで
情報が見やすいです。
これは地味に嬉しい。

■管理画面で簡単にバックアップがとれる!
エックスサーバーのサーバーパネル
(管理画面)でバックアップファイルが
簡単にダウンロードできます。
FTPやphpMyAdminでバックアップするのが
苦手という方にもやさしい機能ですね。
【手動の場合】

■自動バックアップ機能もあるから安心!
エックスサーバーでは、サーバー上の
データは1日1回バックアップ専用サーバーに
自動でコピーされ、
サーバー領域のWeb・メールデータ
「過去7日分」、MySQLデータベース
「過去14日分」のデータを保持してくれています。
復旧作業などで必要なバックアップのデータの提供は
有料となりますが、とても頼もしい機能ですよね。
【自動】

(最近、自動取得している様子が見えてます)

■FTP接続複数設定
FTPのアカウントを複数作成できます。
例えばチームでサイトを制作したり
外部の方に制作をお願いする場合、
FTP接続が必要な時に
必要なユーザー分だけアカウントを作成し、
プロジェクトが終了した時にアカウントを消す、
といった使い方ができます。
いつまでもFTPに接続できる状態ではなくなるので、
セキュリティー面でも安心ですね。
※試用期間中はFTPアカウントの追加は行えません。

■無料SSLも標準装備!
ドメインを追加する時点でSSL化を
するかどうか選べます。
(後からでも可能)
私も最近エックスサーバーで
SSL化しましたが、
サーバーのトラブルはありませんでした。

■こんな人におすすめ!
・今まで安いサーバーを使っていたが、
サイトの表示速度や表示エラーが気になってきた

・予算はあまりないけれど、
個人サイトや小・中規模サイトで
安定したサーバーを使いたい

・サポートやデータのバックアップなど、
いざという時に頼れる環境がほしい

WordPressで構築したサイトは
ファイルの数も多くデータベースもあるので、
サーバーを変えたいと思っても
重い腰が上がらないことがよくあります。
でも!レスポンスが速くて安定したサーバーは、
ユーザー、サイト管理者の両方に
良い影響を与えてくれます。
サーバーの乗り換えをご検討中の方は、
エックスサーバーも選択肢の一つに
入れてみるのもよいかもしれません。
■引用元:https://www.kerenor.jp/xserver-is-great/

■mod_pagespeedとは!
ファイルを圧縮と表示速度の向上mod_pagespeedとは
Google社によって正式版として、
開発された拡張モジュール
「Apache」の拡張機能で、
サイトを最適化(ページの読み込み時間を短縮)
アパッチ(Apache)とは
「CSS、JavaScript、HTML、スクリプト」
の最適化
WEBブラウザと、サーバー間の通信を円滑にするために
それぞれのファイルを圧縮して、
ムダな通信を削減するらしい!

アクセスがある度に、
通常の一連動作の中に、
「mod_pagespeed」が割り込んで、
最適処理してくれるようです

どのようなメリットがあるのかと言うと!

要求(アクセス)される度に、
圧縮したファイルを返すわけですので

無駄な通信を削減されて、
ロード時間を短縮でき表示速度が快適になる
最適化処理(圧縮ファイル)により、
データ転送量が大幅に減少できる

インストールするだけで、表示速度を向上
インストールするだけ(ちょっとの設定)で、
「mod_pagespeed」を、
導入できるみたいですが

とは言え、条件もあって

サーバー管理者権限と、
ある程度のサーバー知識が必要
CPUの負荷メモリ使用量が、
若干上昇するので高性能サーバーが必要

メモリも、喰ってしまうようで
それなりの、メモリを積んでないと、
逆に遅延を引き起こすみたい!

基本的には、共用レンタルサーバーでは、
導入することが難しいので、
VPS、専用サーバーってことになる

共用サーバーでを使えるのは、
唯一、エックスサーバーだけ!

ですが、共用でも、
「mod_pagespeed」を、
導入することができるサーバーが!
エックスサーバーになる

もちろん、標準装備として提供されて

設定自体も、URL毎に「ON/OFF」の、
切り替えだけで超かんたん!

■引用元:https://www.nkshopping.biz/index.php?mod_pagespeed%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%81%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%92%E5%9C%A7%E7%B8%AE%E3%81%A8%E8%A1%A8%E7%A4%BA%E9%80%9F%E5%BA%A6%E3%81%AE%E5%90%91%E4%B8%8A
<引用終わり>


ということで、コチラおすすめです。
↓ ↓ ↓


では、また。