あなたにとっての仕事を理解するために哲学をなさってください。そして仕事の本質をつかみ肚に落として学べます!

Pocket
LINEで送る

こんにちは、\Soujya です。/

今回は、ある書籍の紹介です。

あなたは、仕事上、あるモノゴトを
理解するための
工夫をなさっていますか?

そう、ポイントは
物事の本質をつかむことです。

そのためには
物事を
抽象化して、概念化し、さらに
その概念をモデル化し
そのモデルを使って
類推したり、または意味化して
思考をまとめておくことで、
理解が深まるのです。

では、
どのような角度で
その対象を切り取ればよいか、

どのような視座で
それを見つめればよいか、
また、1枚の絵図に表現するには
どうすればよいかなど、

そのためのヒントが盛りだくさん入ってる
のが、、、、、
↓ ↓ ↓

働くことに
対する健やかな「観」をつくる
絵事典といっても
過言では、ありません。

きちんとした仕事観をつくる
そのために
きちんと根っこにある
概念を押さえる必要があります。

そうすれば、きっと、

きちんと仕事や
キャリアに
向かい合う
「肚(はら)」
が出来るのです。

そうすれば
きちんと
お腹の奥の方から
やる気(モチベーション)が
わいてくるのです。
↓ ↓ ↓
働き方の哲学

きちんと
肚の奥のほうから
やる気がわいて、、、
そのようにして
日々仕事に練っていくと

いつしか、
振返って見直すと、
納得の行く仕事をやっていた!

やはり
俺が選んで進んできた道で
良かったんだな!

思えてしまう
キャリアが築かれている。
↓ ↓ ↓

職人でも
技術者でも

共通して言えることは

付け焼き刃的な
HOW TO
ものでは、決して無く

すぐに、消費される
つまらない知識
というものでも無い

それは
働くことに対する
「あり方」に
まなざしを向けている
本があるのです!

↓ ↓ ↓
働き方の哲学

では、また。


スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。